ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 更新順
2017/08/07 Mon 17:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

函館へ向かう途中で水戸「弘道館」観光しました

水戸・弘道館正庁外観 2017年夏の函館旅行シリーズ、第3回です。 函館旅行?常磐線に乗って水戸で降りてプラプラ歩いてるのに? とお思いの貴方、そうです。これは函館旅行です。北海道を目指します。 しかしそこに至る過程もしっかり残すことも大切にしたい、という趣旨で進めております。 ほら、漫画「風雲児たち」もそうじゃないですか。 幕末の群像や歴史を扱う漫画であるはずなのに「その根っこは関ヶ原にある」と1600年から描き始めた結果、 江戸時代をずーっと追いかける超大作大河漫画になってしまいましたよね。 それと同じです(笑 DSC01185

水戸駅北口を歩く

そんなわけで水戸駅散策も立派に函館旅行の一環!なのです! 北口を10分ほど歩いて、史跡「弘道館」にたどり着きました。 私は初めて行きました。 徳川斉昭公が設立した水戸藩の藩校で、現存する正庁(メインの建物)は国の重要文化財だそうです。 DSC01148 徳川光圀公の時代に始まる「水戸学」の系譜。 光圀公時代を「前期水戸学」、斉昭公時代を「後期水戸学」と呼ぶそうですがたぶん根っこは一緒よね。 徳川御三家でありながら尊王思想を突き詰めていくいわゆる「皇国史観」、 斉昭公も攘夷を唱えて井伊直弼など幕府首脳と対立しましたがその真意は何処? 幕末の激動の思想的先駆者、巨大な影響を与えつつも水戸藩自体は迷走の末主導権を握ることが出来なかった、 やはり将軍が水戸家出身でしたから「倒幕」と割り切ることは難しかったのかもしれませんね。 ある意味悲劇的とも言える流れで明治に突入していくわけですが私はその辺りの歴史は詳しくなく、勉強中です。 正直入り乱れすぎてチンプンカンプンなところも整頓してくれる名著「風雲児たち 幕末編」もぜひ! 開館時間は9時~17時(冬季は16時30分まで)。 私は16時ぐらいに現地に到着しました。 さらっと外観だけでも見て回り幕末の息吹を感じるだけでいいや、ぐらいの感覚で行きましたが、 思いの外内容ガッツリで、正直言って函館旅行の前座扱いにするのはもったいない。 初めて行きましたがここは良いですね。 DSC01184 入館料は200円です。このボリュームで200円は安い! 入口でパンフレットをいただき、先へ進みます。 DSC01146 入口脇に並んでいた冊子です。 そうでした、この記事を掲載した2017年8月のNHK朝の連続テレビ小説は「ひよっこ」、 私はドラマを見たことがありませんが茨城県北地方が舞台なのだそうですね。 常磐線でもラッピング特急が走ってるのを見たことがあります。 DSC01147 弘道館の全体図です。 私は入った時間が遅かったため、中央の「正庁(緑色・「B」の部分)」を見学するにとどまりました。 庭園部分には梅が植えられていて、春先は観光客が大勢訪れるそうです。 この日私が行った時間帯には、見学している人は3組ぐらいしかいませんでした。 私にはこれぐらい閑散としている方が良いですね。 DSC01144 「烈公」こと徳川斉昭公、お手植えの松だそうです。 過激な攘夷思想を唱え、江戸城に怒鳴り込み(不時登城)井伊直弼をブチ切れさせたほどの人物ですが、 一方で松を植えたり梅を植えたりしています。 偕楽園も斉昭公が開いた、と聞くとその人柄にほっこりもしますね。え?しない? DSC01188

今回はこの辺で。

今回の行程です。てか前回と同じなんですけど。 水戸駅を出てペデストリアンから三の丸・弘道館方面へ歩きました。 (函館入りするまでGoogle Mapを掲載してみます。) 次回は水戸弘道館・正庁(メインの建物)の見学記となります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/08/06 Sun 22:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

函館を目指して北上中、水戸に立ち寄ります

水戸駅北口・水戸黄門像 2017年夏の函館旅行シリーズ、第2回です。 上野を出発し一路北を目指します。 目指すは函館。しかしそんなにアッサリ到着してしまってはネタになりません。 ほら、宇宙戦艦ヤマトだってイスカンダルへ向かう時もあっちこっち寄り道してエピソードを稼いでますよね。 それと同じです(笑

常磐線水戸駅で下車

前回の記事で「上野から特急『ときわ』に乗車した」ことを書きました。 揺られること約1時間、水戸に到着したわけですがここで降ります。 なぜ水戸で降りたのか?にもいくつかの理由がありますがそれについてはこの先で触れることがあるかもしれません。 DSC01124

水戸駅北口に出ます

茨城県の県庁所在地・水戸です。 人口は27万人、つくば市の22万人に追撃されていますがそれでもその地位は安泰の県内第1位であります。 駅ビルも豪華です。エクセル。ここはどこの新宿じゃ? DSC01129 今回の記事では北口を歩いてみます。 ペデストリアンデッキに出たら目に入るのがこちら、水戸黄門像です。 水戸観光の定番スポットのひとつですのでここは押さえておきましょう。 DSC01135 その水戸黄門像の近くに、このような展示?がありました。 歩道の上に傘がいっぱい並んでいます。こういう景色ヨーロッパの写真で見たような。ポルトガルでしたっけ。 DSC01138 私が行った週の週末に「水戸黄門まつり」というお祭りが行われたらしく、 行列あり花火ありと、盛大なものだったようです。 上の傘の風景もお祭り絡みだったように思います。 この道中「週末はお祭り!」というところがいくつもありました。 日本の夏!を通り抜けた、そんな感覚も味わえました。お祭りは見てませんが(笑 DSC01132 ペデストリアンデッキから眺めてみます。 水戸市街地が一望、というほどではありませんが大都市感がありますね。 この先に官公庁街、歓楽街が広がっています。 DSC01139 今回の水戸観光では「弘道館」の見学を主眼に置きました。 水戸駅北口徒歩10分、水戸城エリアに現存する水戸藩校です。 付近は散策用に歩道が整備されておりまして、 「三の丸歴史ロード」と名づけられているようでした。 ゆるやかな登り坂道が続きますが水戸駅からそれほど離れておらず、歩いて行けます。 真夏の昼間は厳しいかもしれませんが、涼しくなったら良い散歩道だろうな、と思いました。 この日私は常磐線特急の中でお酒を飲んでしまったのですが、歩いていたら眠いわ暑いわ坂がキツイわでちょっと後悔(笑 DSC01143 そして到着しましたこちら、弘道館。 私が到着した時は16時過ぎ、開館時間は17時まででしたのでゆっくりできませんでしたが堪能させていただきました。 そのことは次回だ! DSC01145

今回はこの辺で。

今回の行程です。 水戸駅を出てペデストリアンから三の丸・弘道館方面へ歩きました。 (函館入りするまでGoogle Mapを掲載してみます。) 次回は水戸弘道館の見学記となります。 函館はどうした!?そのうちそのうち。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/08/05 Sat 23:50 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

2017年夏休み旅行を尻尾までガッツリ書くシリーズ、序章です

上野駅常磐線特急「ときわ」 お久しぶりの更新となります。 2017年夏、私もささやかながら夏休みという名の連休をいただけることになりましたので、 それを利用して旅行に行ってきました。 この記事以降しばらくの間、この旅行記?って言うんですかね、私の道中を書かせていただこうと思っています。 旅行記ですから機材ネタはあんまり出てこないかもしれません。 今回はそれよりも私にとってもっと大事な事をいっぱい経験しましたので、 世間にありがちな日記ブログのようなものになるかと思います。 まあ、通じなくていいです。所詮は自己満足のブログです(笑 DSC01086

東京から函館を目指す、ただし、ちょっとひねくれた方法で。

さて。 ここ数年の間、旅行らしいことはほぼしなかった私ですが、今回はちょっと遠出しました。 向かったところは北海道、函館であります。 うちのママの実家、むしゅめにとってはおじいちゃんおばあちゃん&親戚いっぱい住む地、 ですのでママとむしゅめは先行して函館入り、 私は夏休みの日程もありましたので数日遅れで函館入りする、というように別行動となりました。 要するに私は「函館へ向かう道中は一人旅」ということになったわけで、 であるならば思い切って「他人とは異なる方法で」函館へ行ってみよう、と思うに至りました。 スタートは上野駅です。 私は「どこか遠くへ行こう」と思ったとき、それがどこであれまず上野駅に出ます。 DSC01088 3年前に関西方面に一人旅したときのスタート記事がこちらです。 この時も上野駅を出発点としています。 この先、ちょっと他人とは異なるアピール(笑)をしたいがためにユニークな道中をすることになります。 興味がある方だけ、どうぞお付き合いください。

常磐線ときわ号

そんなわけで上野から函館を目指すことになったのでありました。 上野からですので、まずは鉄道で北を目指します。 ここで逆張りアピールその1(笑)、常磐線に乗りました。 乗った列車は特急ときわ号、悪人面も甚だしいJR東日本E657系であります。 DSC01096

上野駅スナップ

さて、特急を待つ間のひととき。 駅の周辺で、何となく良さそうに見えるものをスナップしておりました。 カメラ使いの宿命、のようなものでしょうかね。シャッターを押さずにはいられない、みたいな。 私個人の話で恐縮ですが、仕事以外でシャッターを切るのは数か月あいていて本当に久しぶりでした。 私の趣味での写真との関わり方は本来「街風景のスナップ」なのに、そんなの本当に最近全然撮ってない。 この先少しずつ勘を~それは上手下手ではなく、自分なりのペースというかスタイルのこと~取り戻していかねばならぬ、 その練習といっては上野に失礼ですが私としてはそういう感覚もあって、 列車待ちの束の間を有意義に活用させていただきました。 DSC01091 私も山手線の東側の人間ですから上野は好きな街でありますけれども、 何が「ワッショイ」なんだろう?お祭りでもあったっけか?と考えふけってしまいました(笑 DSC01090

話は戻ってときわ号

さて、話を戻します。 上野から特急「ときわ」に乗り、北を目指します。 席はグリーン車にしました。 以前から何度も書いてきたことですが、数年に一回あるかないかの旅行で、私は贅沢をします。 ゆったり移動したいじゃないですかー DSC01101 車内はシックで落ち着いた雰囲気、何となく静かな気もします。 ここで揺られながら上野からやく1時間、最初の立ち寄り地・水戸へと走っていくのでありました。 DSC01122

今回はこの辺で。

今回の行程です。 上野から水戸まで、常磐線一本。 特急でしたので約1時間の旅程でした。 (函館入りするまでGoogle Mapを掲載してみます。) この夏休み旅行から、私は既に帰還しています。 撮った写真を見返しながら「ここまでで記事いっこ、ここからここまでで二個め」と編集していく作業に入っています。 今回の旅行記は前中後編程度のボリュームでは収まらなさそうです、てか収めたくない。 それなりにお金をかけていますので、元を取るまで記事にしますよ(笑 次回は水戸での立ち回りについて書き進めてまいります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC01118
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/06/25 Sun 22:30 ブログ | ブログ | ソニーα

友達の飲み会に参加してきました

半月ほど前のことをネタにします。 先月末に話が持ち上がり、私もオフ会参加してきました。 てか、いつものカメラ友との飲み会なんですけど(笑 行ったところは東京都町田市です。 新宿から小田急線で30分かかるのね、思っていたより遠かった(笑 DSC00940_1

磯丸水産初体験

今回の主役はまいどおなじみ「よしよし」さん。 「昼間から呑む!」をコンセプトにターゲットは磯丸水産との事。 実は私は磯丸水産へ行ったことがありませんでした(そんなに飲み歩くわけではないものでね、すまんね)。 ですので、どんなお店なんだろう!ドキドキ!みたいな感じで現地入りしたのでありました。 入ってみて驚きです。 週末とは言え昼下がり。にもかかわらず、 この写真では閑散としていますけれども、この後これらの席が一気に埋まっていき満席になるのです。 DSC00937 オーダーの提供も迅速、私はそこを重視しますので、その点でもとても良いお店だなと思いました。 気さくな飲み会です。社会人同士ですが、私がポテトフライを注文しても誰も文句言いません。寛容ですね(笑 DSC00946 マグロかぶと煮! どーん! DSC00949 飲み会の話題はやっぱりカメラネタですよね。 ちょっぴりシン・ゴジラの話にもなりましたがそれは余談。 私たちは「カメラでつながった仲間」ですからそこは外さない感じです。 DSC00948 13時から始まった飲み会が約3時間、宴たけなわでしたが終了となりまして。 二次会行くぜ!という勢いでもって二軒目に突入です。 こちらは磯丸水産とは打って変わってちょっとおしゃれっぽい鶏料理専門店。 鳥刺しなんて久し振りに食べましたわ(笑 DSC00953 さすがに飲み続けて4~5時間経ってくると、ちょっと口あたりを変えたくなります。 ですので2軒目では私はずっとホッピーでした。 痛風にも優しいのよねー(笑 DSC00952

今回はこの辺で

そんなこんなで終了したのは何時ころだっけ、19時過ぎぐらいだったっけか。 ガッツリ飲ませて頂きました。ありがとうございました。 今回のお店はこちら、 トータル6000円ぐらいでした。コスパ高いな。 またどこかで参戦したいものです。 最近飲み会記事が多い気もしますが気にしません。言うほど飲み歩いてないよ、月1~2回ぐらいだと思います。 またどこかで!アディオス! 次回のネタは未定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC00954
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/06/24 Sat 21:00 日記・時事・業界

雑誌「アサヒカメラ2017年7月号」に触発されて

久し振りに雑誌を買いました。 いや個人的には今月初めて飲食費以外でお金を使いました。最近お金を使ってないもので(笑 カメラクラスタ界隈でちょっと話題になっている「アサヒカメラ2017年7月号」、私も買いましたよ。 特集は「人物撮影大全2017」ですがそちらは(勉強させていただきますが)とりあえず置いといて、 第二特集的な位置づけの「『盗撮冤罪』から身を守れ」、これが目当てでした。 1 写真撮影趣味と言ってもジャンルは多々ありますが、その中でも比較的多くのユーザーがいるであろう「街スナップ」。 生きている街を撮った時には、どういう形であれ摩擦が発生する可能性がありますよね。 そんな時どのように立ち振る舞うべきなのか。 …そういったような内容を期待して購入し、読み始めたのでありました。 以下、感想を書きます。 ただ、雑誌内の具体的な記述には触れません。引用も避けようかな。 現在発売中の雑誌ですから、興味ある方は手に取られることをお勧めしておきます。 この月の「アサヒカメラ」は、私のフォロー範囲と重なる部分が多く、勉強になる内容がいろいろとありました。 ただ、今回はそこから話題を絞ります。

盗撮冤罪から身を守れ

鮮烈なタイトルです。目を惹きますよね。 特に最近は首都圏で痴漢冤罪が社会問題化しており、それについての問題意識が高まっているという事情もあります。 痴漢がいけないんだ!というファクトはここでは置いといて、それに伴って発生した現象、あるいは犯罪。 「こちらは悪いことはしていないのに、不当に『犯罪者呼ばわり』されてしまう」という現状。 それは私たち街スナップ組にとっても対岸の火事ではありません。 何気なく撮ったスナップ写真に対して、そこに写っている人からクレームがついたらどうすればいいのか。 そういったことがあれこれ書かれています。 街スナップ派には必読、だと思います。 その上で、対処法については書かれていますが一般論ベースなので個別の事例に対処する「テキスト」にはならない、かな? ただ、「他人を写真に収めた「だけ」では犯罪ではない」「肖像権侵害は犯罪ではない」というようなポイントはしっかり押さえられています。 その上で「開き直るな」という立ち回り方もしっかり書かれていますので、読む側には参考になることが大きいと思いました。 3 この手のトピックは書籍もしくは雑誌に採り上げられるたびにデジカメWatchなどで記事にされる、 それほどに現代においては「喫緊の課題」なのだ、とも言えます。 余談ですが私が街スナップでその問題意識を持った時期に、タイムリーに刊行されたこちらの書籍も大いに話題になりました。 私は当然に初版購入いたしましたよ。勉強になりましたし、今でも読み返すことがあります。 スナップ写真のルールとマナー (朝日新書 063) こちらも朝日新聞出版なのですね。 朝日新聞がマナーを語るか?みたいな違和感はありますがこのシリーズは勉強になりますので、興味ある方はぜひ。 なお、今回取り上げた「街スナップにおける肖像権問題とマナー」につきましては、以前に当ブログでも記事にしたことがございます。 今回採り上げた記事の内容の一部分とほぼ並走し、 その上で「私はこうしている」と一歩踏み込んだ内容を書いています。 今回の雑誌記事に対する私なりの考えも、こちらに記載しています。 よろしければご参照ください。 要点を一言で申しますと「もう無理しない」です。

今回はこの辺で

余談にしてしまうのも恐縮ですが、この号はやたらミラーレスを持ち上げていますので、 当ブログをご覧くださるような「ミラーレスに寛容な皆様」には盛りだくさんの内容だろうと思います。 α9で特集記事もありますし、付録の別冊はマイクロフォーサーズでポートレートを撮る、というものです。 2 興味あった方はすでにご覧でしょうが、 興味なかったという方も、書店で見かけられた際にはよろしければ手に取ってみてください。 回し物ではないですけどね(笑 次回内容は未定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事