ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 更新順

パナソニックのデジタルカメラ「LUMIX GH5S」を持って、浅草寺周辺で動画を撮ってきました

GH5S-11.jpg パナソニックから絶賛発売中のレンズ交換式デジタルカメラ「LUMIX GH5S」関連エントリです。 このカメラはとても良いです。何だか「カメラを使ってるなあ」という感覚があります。 私がこれまで使ってきた「GM1」「GX8」「GX7mk2」とは全然違います。ひとクラスもふたクラスも上の感覚です。 最上位機種のバリエーションモデルなんだから当然だろ?とも思うのですが、ここまで違うか。 私はかつて「パナソニック機は使っていてつまらない」と記事で書いたことがあり、GM1,GX8,GX7mk2については今もそう思っておりますが、 このGH5Sはそれに該当しません。全然違うのです。 今回は浅草編の続きです。 動画メインで撮り歩いてきました。てか、写真は撮ってません。 この記事の写真はすべて今回も「動画ファイルからのキャプチャーをリサイズのみそのまま」掲載しています。 写真をクリックorタッチしていただきますとFlickrに飛ぶことができますが、 そちらには元画像(つまり4K=3840*2160)が載っておりますので興味ある方はご覧ください。 vlcsnap-2018-02-12-21h24m42s415

浅草寺・宝蔵門近辺

浅草寺の中心部、宝蔵門近辺で撮った素材をつなぎ合わせて1本にしました。 毎度のことですが雑な編集です(笑 ものすごく時間をかければプロ風のものができるのかもしれませんが、 当ブログがその趣旨でやってない&私にその根気がない(笑)ですので、 何だか格好いいスパッスパッとカットが切り替わる映像作品を作らずにいます。 まあいずれ取り組むかもしれません。作れるかも微妙だけどなっ スマホであれPCであれ、選択できる最大解像度でご覧いただきますと制作意図が伝わると思います。

ISO3200~ISO8000

さて、このGH5Sの最大の売りは「これまでのマイクロフォーサーズ機には無かった高感度画質の良さ」ですよね。 私はそれを満喫しております(笑 今回の動画はカットごとにこまめにISO感度を変えています。 絞りは開放(今回で言うならF2.8ですね)・シャッタースピードは1/100秒、これらは首尾一貫固定です。 ですから映像の明るさを変えようと思ったら、私はISO感度を変えることでそれを行います。 詳しくはこの先掲載予定の「GH5Sインターフェース編」で書こうと思っていますのでかいつまんで申しますが、 私にとって「動画を撮りやすいデジタル一眼」とは、「ISO感度を簡単に変更できる操作性を有するカメラ」に他ならないのです。 私にとっては4:2:2がどうとか、C4Kがどうとかいうのはおまけなのです。 さて、私がこれまで使っていたパナソニックのカメラは、ISO感度を変更するために2ステップの操作が必要でした。 背面十字キーの上を押し、ダイヤルでくるくると修正。 これがもどかしいんですよ。ものすごく。 これは私の個人的な価値観ですので他人の考えをどうこう申しません。他人は他人、人それぞれなんですけど、 「撮るものが写真であれ動画であれ、露出の変更についてはダイレクトに操作できるのが望ましい」 だから、明るさを変更できる3要素「絞り・シャッタースピード・ISO感度(もしくは露出補正)」をダイレクトに変更できるように、 ダイヤルないしそれに準ずる操作部も3系統用意されるのが望ましい。フルマニュアル操作をするなら、なおのこと。 私は写真を撮る時の多くはAモード(絞り優先オート)ですので「絞り+露出補正」の2系統ダイヤルがあれば充分です。 フィルムカメラ時代の写真は感度は装填するフィルムによって定まるので「絞り+シャッタースピード」の2系統あればいいですよね。 敢えて申しますが、写真撮影用のカメラは「2系統」がデフォルト、と言えます。 しかし私は動画の場合、フルマニュアル(絞り・シャッタースピード・ISO感度をすべて手動で設定する)ですので3系統必要になります。 思い返せばこの3系統に対応しきれないカメラは、我が家では出番を失っていました。 パナソニックで言えば「GM1」「GX8」「GX7mk2」がそうですね。 ソニーαはこれが出来るのです。地味に良くできてると思いますよ。 もっと言えば「録画中に感度変更できることが望ましい」、てか、今のご時世「あって当然の機能」であろうと。 ソニーαは全機種で可能です。パナソニックも出来ますね。さすが動画撮影にアドバンテージのある2社であります。 vlcsnap-2018-02-12-21h25m15s250 話がそれました。 今回使用した素材はISO3200~8000のあたりを使っています。6400あたりを中心に使ったかな。 …と何気なく書いていますが、これ、従来のマイクロフォーサーズ機では「ありえないこと」なんですよね。 返す返すもこのカメラを手に入れて良かった、と思っています。 vlcsnap-2018-02-12-21h25m32s786

母子地蔵尊

話題を変えます。 動画の中でもちょっぴり載っているお地蔵様が「母子地蔵尊」といいまして、 ソ連軍が日ソ不可侵条約を破棄して満州侵攻した、その時に殉難された皆さんを慰霊するためのお地蔵様です。 原爆であれ空襲であれ何であれ、民間人、特にお母さんや小さな子どもが犠牲になるというのが納得いかん。 戦争は二度としてはならない、というのが大前提。 その上で、それでも戦争になってしまうこともあるかもしれない。なにしろ相手次第の部分も大きいわけですから。 その時にはお母さんや小さな子どもは守らねば、と思いますね。 そっと手を合わせずにいられません。 vlcsnap-2018-02-12-21h25m05s575

今回はこの辺で

浅草寺の中心部、宝蔵門の周辺で撮った映像をつなぎ合わせた動画をお送りいたしました。 現場の雰囲気は伝わるのではないか、と思います。動画でご覧いただいた通りの場所ですよ(笑 「浅草寺の夜間ライトアップってどんな感じなんだろう?」みたいな情報を集めておられる方々には有益かもしれませんね。 次回もGH5Sの記事です。浅草編の続きになる予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m vlcsnap-2018-02-12-21h24m25s844
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

パナソニックのデジタルカメラ「LUMIX GH5S」を持って、浅草周辺で動画を撮ってきました

GH5S-10.jpg パナソニックから発売されたマイクロフォーサーズ規格のビデオカメラデジタル一眼カメラ「LUMIX GH5S」関連エントリです。 我が家ではすっかりレギュラーの座を勝ち取りました。 ソニーの「α7SII」と並んでツートップの座についております。高感度に強いってのは正義ですなー 今回行った場所は浅草です。 我が家からはチャリ圏内、六区の某所に停めてそこから撮り歩きました。 この先数回の記事で浅草編として掲載してまいります。

浅草六区~浅草寺

平日休日問いませんが、浅草寺近辺は19時頃にもなりますと、人出は極端に少なくなります。 ショッピングスポット(お土産屋さん、とも言う)の大半が17時を境にどんどんシャッターを下ろしていくという、 都心の一部だろうに「現代の感覚で言うとやけに夜が早いエリア」でもあります。 見どころ、てか買いどころがなくなってしまうのですから、このご時世仕方がない部分もあります。 vlcsnap-2018-02-11-20h49m55s310 そういった部分も含めてご覧いただくことといたします。 今回も動画、粗編集で恐縮ですが、私の個人的な嗜好(スロー)を入れつつ、現場の雰囲気を重視しました。 最高解像度でご覧いただけると私の制作意図が伝わると思います。

今回掲載している写真もすべて「動画からの切り出し」です

以前から再三書いておりますが、 当ブログにおける動画掲載の主な狙いとして「写真が動き出す」というものがあります。 写真並みの解像感の画像が、ボタンを押すと動き出す。 あるいは、記事を上下にスクロールして見ていると、写真のはずなのに動いている… という効果が欲しいのです。 YouTubeの仕様では限界もあるのかもしれませんが、それならそれで撮影の段階でやれることはやる。 それにGH5Sの性能がバッチリ応えてくれまして、動画ファイルの切り出しが撮って出しでも写真に負けない画質になりました。 写真の縦横比が横長に感じられるのは16:9、つまり動画ファイルからの切り出しそのまんまを掲載しているからであります。 vlcsnap-2018-02-11-20h50m10s313

人はマイクロフォーサーズに『解像感』を求めるのか?

フルサイズセンサー機やAPS-Cセンサー機に比べて、マイクロフォーサーズは「同じ条件ならボケが少ない」という特徴があります。 もちろんそれは弱点ではありません。それらの大型センサー機に比べて解像感を得やすい、というのは事実です。 今回の動画では、その特徴を大いに活用させてもらいました。 端っこまでピントが合った(ように見える)映像で、情報量を多く持たせたい、という意図を込めています。 ソニーα7SIIならばF5.6で撮っていたようなところでも、F2.8で同じような効果が得られる。 ならば、GH5Sの高感度性能をもってすれば、フルサイズ機を超える解像感を得ることが可能なのではないか。知らんけど vlcsnap-2018-02-11-20h50m39s409 上の写真のように広く押さえたものであれば、ボケ表現は不要ですね。 私が最近ブログ向けに心掛けているものはこの手の「より全体の雰囲気を捉えた映像(写真)」ですので、 GH5Sはその目的にドンピシャ、と言えます。 下手したらα7SIIよりも適しているんじゃないかな? より「ピシッと広い範囲を見せてくれる」という意味では、私にはフルサイズ機よりもマイクロフォーサーズ機の方が合っている。 そんなことは以前から分かっていたことなのですが、それには「フルサイズ機に匹敵するか、それに肉迫する高感度画質」が必要だった。 GH5Sは私のそんな要望に応えてくれる初めてのマイクロフォーサーズカメラ、なのであります。 vlcsnap-2018-02-11-20h50m31s780

今回はこの辺で

ところで、今回も動画主体で記事を書いてきたわけですが、 撮ったのは紛れもなく私自身、なんですけれども、 私は今回の写真なり動画なりに「現段階で」それほど意義があるとは思っておりません。 最近、むしゅめのばぶばぶ時代の動画を見返すことが多いんですよね。 そこにはいくつもの思い出が詰まっており、動画には「思い出をよみがえらせる」役割があるわけです。 しかし、今回(や、前回まで載せてきたような)の動画には、 むしゅめの有無を差し引いても、今のところそんな効果はございません。 動画であれ写真であれ、その第一の機能は「記録」である。 その「記録」から、人はそれぞれ大事なことを心の引き出しにしまっていたことを振り返るきっかけを得る。 極めて私個人的な思いですけれども、動画なり写真の最大の役割は、そこにあると思っています。 「カメラを用いた表現や創作」というのはその次の段階の話です。この記事の動画や写真も含めてです。 出来上がった絵が綺麗な色かどうか、なんてことは本質ではないんですよ。 ですから、今回掲載した動画が何らかの価値なり意味を持つには、まだしばらく時間がかかると考えています。 それまでこのブログがもつかな?知らんけど(笑 ともかく、だからこそ「最善を尽くして撮る」ことが重要、なんですよね。後から後悔しないために。 マイクロフォーサーズにおいて動画で「最善を尽くして撮る」場合、 ボディで申せば現時点ではGH5Sなのは間違いありません。 ですからね、マイクロフォーサーズで動画を撮ろうと思っているアマチュアの皆様、買うならGH5Sですよ! 次回もGH5Sの記事です。浅草編の続きになる予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m vlcsnap-2018-02-11-20h50m22s696
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

パナソニックのデジタルカメラ「LUMIX GH5S」を持って、丸の内周辺で動画を撮ってきました

GH5S-9.jpg 外見は一眼レフ、中身はビデオカメラという異端児にして先進のデジタルカメラ、パナソニック「LUMIX GH5S」関連エントリです。 このカメラ、私はマイクロフォーサーズ史上におけるひとつの転換点になるプロダクトであると思っていますが、 世間的にはどうにも微妙ちっくな扱いらしく、いわゆるカメクラからはほとんど相手にされておりません。 パナソニックだから、なのかな?それはあるかもね。 中身はビデオカメラだ、ということが広まっているから写真界隈が遠ざかった、ということもあるのかもしれませんが、 私はこのカメラ、写真を撮っても結構イケてると思いますよ。 まあ動画を撮らない方にはおススメはしませんが(笑)。ぜひG9Proを買ってあげてくださいまし!

今回も動画編、丸の内ですよ

せっかく買ったGH5Sです。動画も撮りたいですよね。 そんな衝動で出かけた東京駅前・丸の内。 何となく風景をつないだ、盛り上がりも何もない動画ですが、ここはネタとしてご覧いただきます。 KITTE前から丸の内仲通りにかけての、極めて限られたエリアで三脚を持ち、撮り歩きました。 街中で三脚?テメーそれを否定してなかったか?とお思いの貴方、その通りです。 私は街中で周囲の状況も見ずに三脚を立てて場所を塞ぎながら平然としている輩に対して批判的です。 その上で、私の動画をよく見たらお分かりいただけると思います。 私が「どういった場所に三脚を立てて撮っているか」、まあ現地に行ってみてください。 「通行の邪魔」と認識される場所では撮っていないことを理解していただけると思いますよ。 vlcsnap-2018-02-05-23h49m39s337

今回掲載している写真もすべて「動画からの切り出し」です

私個人的なブログの制作手法の話にもなりますが。 記事を作ろうという時、まず「こういう趣旨で書こう」という骨組みだけ考えます。 この記事で言うと「GH5Sを使って丸の内の動画を撮ってそれをベースに記事を書こう」ぐらいのテキトーなものです。 その次に肉付けをしていくわけですが、ここで写真と文章とを考えながら撮り歩くことをします。どちらが先かはその時次第、ですね。 ブログを意識して撮り歩く時には、ただ闇雲に撮りまくることはしません。特に「勝手知ったる馴染みの場所」なら尚のことです。 歩留まりの良い時には「撮った写真全部記事に採用」ということもあります。一撃必中ですね。 「この場所で撮っている事にどのような意義があるのか?と考える」と書くと偉そうですが、 そこまでではないにせよ、その写真の活用を考えながら撮るのは事実です。取材の感覚に近いかもしれません。 で。 今回掲載している写真も前回同様「動画ファイルからの切り出し」です。 GH5Sの4K60pで「LongGOP」という圧縮方法(IPB圧縮、とも言う)でして、 これはフレーム毎に差分のみ記録するという方法でデータ量の削減を実現するというものです。 メリットは「高画質を低データ量で実現」、デメリットは「フレーム単位の編集に対する対応力が弱い」ですが、 私が普段行っているような、比較的長いカットをつなぐ編集ではLongGOPが有利だと言えます。 それなりの画質で切り出すことができるのが、前回記事~今回記事の写真(ではなく動画からの切り出し画像)でご確認いただけることと思います。 あ、Photoshopでいじったりしてませんよ。VLCプレイヤーというフリーソフトの、キャプチャー機能を使いました。 vlcsnap-2018-02-05-23h50m34s493 何が言いたかったんだっけ。 そうそう、私は今回の動画のショットを撮影するに際し、「写真を撮る感覚で動画を撮った」ということであります。 切り出しを活用する、というのは所詮は後付け、私の中で「スナップ動画を撮る」時に写真を撮る感覚を持ち込んだわけです。 もちろん否定的に考えておりません。 当ブログに掲載する動画について私は「写真が動き出す」というイメージを強く意識しています。 写真並みの解像感を動画で実現する。 GH5Sはそれを叶えてくれる、マイクロフォーサーズでおそらく孤高の存在になるであろう、と考えています。 感度を上げ過ぎるとしくじりますけど(笑) 私にとって境界線はISO10000とISO12800の間にあります。 ISO10000は使えますね。ISO12800は厳しいです。ここに川が流れているような気がいたします。 vlcsnap-2018-02-06-20h10m08s405

今回はこの辺で

GH5Sの動画撮影機能は本格的な映像制作に使えるレベルであると同時に、 私がブログで撮っているような「スナップのつなぎ合わせ」でも写真に匹敵するクオリティのものを撮ることができる、 ということが記事の主旨でありました。 動画の内容には正直自信がありませんが(もっと腰を落ち着けて撮ればよかったんですが)、 カットによっては写真と見紛う解像感を得られる、この記事ではそれが伝わればいいなあと思っています。 次回もGH5Sの記事です。動画メインになる予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m vlcsnap-2018-02-06-20h07m24s996
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

パナソニックのデジタルカメラ「LUMIX GH5S」を持って、東京駅周辺で動画を撮ってきました

GH5S-8.jpg 先月発売された業界注目のカメラ、パナソニック「LUMIX GH5S」関連エントリです。 業界注目、というのは、写真界隈ではなくて中小の映像制作業者やハイアマビデオグラファー界隈であります。 大手はもっと業務用に振ったカメラを使うし、一般人はコンシューマ向けビデオカメラで充分なのですから。 このカメラはα7S系同様、 「本格的な動画を撮りますが予算も機材もありません」というニッチなところに訴える一品ということになります。 まあ私もその一員です。中小企業で予算も時間も無い中で映像制作らしきことをやっとります。 その上で申し上げますと、このGH5Sはやはり「買い」だと思います。 この「低予算プロ現場に訴求する要素」については今後まとめてみようと思いますが、とにかく! 今後もα7系と切磋琢磨して向上を目指していただきたい!

今回は動画編ですよ

さて。今回は動画メインです。 GH5Sは「一眼レフの皮を被ったビデオカメラ」なのですが、当ブログではそれを知りつつ写真ネタでここまで記事を書いてきました。 いよいよ?動画を採り上げていきます。 今回行ったところは東京駅周辺です。 東京駅~丸の内方面を、カメラ片手に撮り歩きました。 ただし動画でな。 vlcsnap-2018-02-01-22h01m25s989 ともかく動画を掲載します。 GH5Sで4K60pで素材を撮り、編集しました。 再生の際には画質を最高画質(PCだと2160、スマホだと1080かな?)にしてご覧いただけると、 撮影時の意図(と、この記事の意図)が伝わると思います。 内容はないよー! ただひたすら、その場の風景を切り出しています。 スローにしたところには私の作家性が出ているのかもしれません。

4K60pは手に負えない、だけどやめられない

今回の素材はすべて「4K60p」で撮影しています。 高精細な映像を作りたかったのとスローモーションにしたかったからなのですが、これが我が家の環境では手に負えない代物でした。 我が家の編集環境は、6年前のWindowsのノートPC、CPUはCorei7の2670だっけか? メモリは16GBに増設、SSDに換装済み、グラボ無しです。 このパソコンにAdobe CCフルコースを入れて使っています。 で、この仕様のパソコンで4K60pを編集しようとするとどうなるか。 素材をまともに再生できません。プレビューもカクカクします。明らかにパワー不足。 これは、フレーム単位での編集が事実上不可能であることを意味します。 エンコードにも時間がかかっているのかもしれませんがそれは比較検証できないので今回はスルー とにかく、4K60pをそれなりに編集するには我が家の環境はロートルに過ぎる、ということであります。 フルHDでは普通に編集できるんですけどね。4Kの圧倒的なデータ量に愚息も萎む勢いでございます。 また、収録するカードメディアも選びますね。 私はGH5SにサンディスクのUltra64GBというメディア(2018年1月現在、秋葉原では2500円ぐらいで手に入る)を使っていましたが、 途中で「書き込み速度の不足」というエラーで録画できなくなりました。 もう1枚用意しておいたサンディスクのExtreme Pro 64GBというメディア(2018年1月現在、秋葉原では3500円ぐらいで手に入る)に差し替えるとエラーメッセージもなく録画出来るようになりました。 事ほど左様に、GH5Sで4K60pを撮ろうと思ったら録画の際にも編集の際にも負担が激増するのであります。 しかし、これが一度撮ったらやめられない。 不思議ですね。編集の際に読み込むだけでも一苦労するというのに。 もう、4K60p以外で撮ろうという気になりません。 GH5Sの画質は、ほんとうに良いと思いますよ。 vlcsnap-2018-02-01-22h01m38s381

今回掲載している写真はすべて「動画からの切り出し」です

さて。今回も動画と並行して何枚か写真を載せているわけですが。 実は今回載せている写真、すべて「動画素材ファイルからの切り出しを、リサイズのみ行いそのまんま掲載」しています。 この写真もそうです。 縦横比が16:9になっていますよね?動画ファイルの1コマを取り出したから、であります。 vlcsnap-2018-02-01-22h01m53s390 で、思ったんですが。 従来当ブログで「動画も重視します」と言っておきながら動画の掲載が少なかったのは、 私の単細胞な性格が原因で「現場で『写真』『動画』両方を撮るということに気が回らない」からでありました。 しかし、動画ファイルからの切り出しが、少なくとも私が求めるレベルにおいて写真と遜色ないのであるならば、 動画だけ撮っていれば「後から写真を切り出すことは出来る」わけですから、写真との共存が実現しそうです。 この方法論に至ったのも、GH5Sだったから、なのかもしれません。 とにかく画質が良い。α7SIIも良いと思っていますが、GH5Sも素晴らしいです。 撮り方によるとは思いますが、駅舎のレンガもクッキリ写し撮り、なおかつ切り出しても破綻していない。 これもパナソニックの「4Kフォト」技術の賜物なのでしょうか。知らんけど vlcsnap-2018-02-01-22h01m04s387

今回はこの辺で

動画も写真同様、撮り始めると凝りたくなるもので、あれこれいじることになります。 現在は動画はRAW撮影はそれほど普及していませんが、LOG撮影なども含めて「後から直す」ことがあるものの、 現場できちんと露出や色を決めて撮るのは基本中の基本です。 強いて言うならちょっと明るめに撮るかな。まあ好き好きですが。 次回もGH5Sの記事です。動画メインになる予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m vlcsnap-2018-02-01-22h02m07s488
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

パナソニックのデジタルカメラ「LUMIX GH5S」を持って、六本木・東京ミッドタウンのイルミネーションを撮影してきました

GH5S-7.jpg パナソニック、気鋭の新型デジタルカメラ「LUMIX GH5S」関連エントリです。 一眼レフの身なりをしておりますが中身はゴリゴリのビデオカメラ、しかし写真についても気にかけておりますよ! というコンセプトのモデルということで写真界隈も興味が向いている! …かと思っておりましたがそうでもないですね。 マイクロフォーサーズで写真を撮っておられる方々はことごとく「G9、G9、G9!」という状況のようで、 まあそれはそれで良いことなのでこのままG9もGH5Sも売れてくれればマイクロフォーサーズも盛り上がるのではなかろうか、 と思っております。 当ブログは「実質的にビデオカメラ」というGH5Sを導入しつつも動画をほとんどご覧いただくことのないままここまで来ております。 今回も写真の記事となりますがまあ、これも需要があるかな?とは思っていますので。 GH5Sを所有していて写真を撮る方は少ないと思いますが、その方々にお訴え申し上げる次第でございます。 ひとつだけ申し上げますと、カメラとしての「所有する喜び」はバッチリございますよ!

国立新美術館を出て、GH5Sの高感度を試す

今回行ったところは六本木、東京ミッドタウンです。 大人の街、何をするにも高くつくハイソの街ですが、 私は写真を撮るだけ撮らせていただいてあまりお金を落とさない不良来場者であります。 今回はミッドタウンで食事でもして…と思ったのですがちょうど良いお店が無く断念、難しいものです。 P1000273 ガーデン側の入り口から入ります。 水が流れているところは、なんと凍っていましたよ! P1000249 ガーデン部分のエリアはクリスマスの時のイルミネーションが残っているようで、 イルミ好きの私にはとても嬉しい撮影となりました。 これが春先にはピンクに染まるわけで、そう思うと年がら年中イルミネーションやってますね、ここ。 P1000250 撮影の定番スポット、ガレリアにつながる歩道橋であります。 ここは春先・クリスマスシーズンには押すな押すなの大盛況となるのですが、 この時期は日曜夜ということを差し引いてもシーズンオフであるらしく閑散としておりました。 P1000260 青いイルミネーション。 六本木といえば「青イルミ」という印象に(私の中では)なっておりまして。 その残滓とでもいうような感じできらめいております。 P1000262

敢えて言おう、GH5Sは
「フルサイズ機と互角に戦えるポテンシャルを持つ、
初めてのマイクロフォーサーズ機」である

マイクロフォーサーズの話も少ししておきます。 我が家では「ソニーα」と「マイクロフォーサーズ」という二つのシステムを運用しています。 ソニーαではすっかりフルサイズセンサー機での運用が定着し、α7SIIというカメラとも巡り合うことができました。 マイクロフォーサーズではもう何年もの間「これは!」という決定版とも言うべきボディが出てこなかったこともあり、 正直私は「もうαだけで良いのではないか?」と思いつつあったところにこのGH5Sが登場したのです。 このカメラはマイクロフォーサーズにとって革新です。 マイクロフォーサーズが「フルサイズセンサー機やAPS-Cセンサー機に対して劣っている点」は、 センサーの(相対的な)小ささ、それに起因する画質の(相対的な)悪さ、ですよね。 世間の一部では「マイクロフォーサーズ機もフルサイズ機に負けてない!」と強弁する向きもありますが、 そりゃあ光がじゅうぶんにある状況なら戦えるでしょうよ、現代のデジタルカメラなら。 しかしちょっと暗い場所では途端に差がつきます。 マイクロフォーサーズは、暗いところに致命的に弱い。 私は「ライティングできない暗い室内で人肌を美しく撮る」ことを仕事にしており、 また、「夜の街撮り」を趣味・当ブログの主戦場としております。 それらの経験を踏まえた上で申しますが、暗いところではマイクロフォーサーズは不利でした、ここに議論は無かった。今までは。 しかしGH5Sで潮目は変わりました。 α7SIIと互角の高感度性能だ、とまでは申しませんが、その差はせいぜい一段程度。 ニーズは少ないとは思いますが、写真ならばその差はさらに縮めることができます。 この記事の写真はすべて、カメラ内で生成されたJPEGを、 Photoshopで「ディテールを残しつつ、ほんのちょっぴりノイズ低減処理をした」ものです。 動画ファイルで同じことをできるとは思いませんが、写真ならやりようはあるのです。 P1000266 私はこのカメラがボディ内手ぶれ補正を搭載していないことについて、本心では納得できずにいます。 パナソニックの開発の不見識(?)には小一時間説教モードだ。いったい誰に売ろうと思ってるんだ? しかし、それでも私はこのカメラに32万円出しましたし、後悔もしておりません。 この先おそらく1年以内に、このセンサーを搭載したボディ内手ぶれ補正機が登場するはずです。 しかし私はGH5Sを手に入れて満足しております。 興味もない方におすすめするカメラではありませんが、ちょっと気になる方、使い道を想像できる方なら後悔しないと思いますよ。 P1000276

今回はこの辺で

GH5Sについて書くことつらつら記事にして9個目。 ここまで書けるボディと巡り会えたのは私にとって幸福な事なのではなかろうか、と思っています。 要するにベタ惚れしているわけです。この先もガッツリ書かせてもらいます。 次回もGH5Sの記事です。 いよいよ(ようやく?)動画メインの記事になる予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1000248
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事