ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 更新順
2017/04/18 Tue 21:30 ブログ | ブログ | 当サイトについて

ブログ再開へのリハビリ記事、なのかな


今回は写真無しです。
久々の更新となります。半月ぶりか!我ながらサボったな(笑
写欲減退も含め、しばらく「更新したいと思うようになるまで放っておこう」という気持ちで記事更新をサボりました。
リンク先も見てません。完全にカメラ関連を引き離して生活しておりました。
まあ別にメンタルがやられたとかいうわけではありません。そういう時もあるってことです。
DSC07727


熱を出してました


4月に入り、高熱が出ておりました。
一週間ぐらい39度台後半が続き、40度超えも数日間。
38度程度なら何とも思わないところですが今回はさすがにキツかったです。
幸いインフルエンザではなかったのですが、逆に仕事を休む口実も失いまして(笑)
朦朧としながらお仕事しておりました。
撮り歩く生活も、当然に中断(笑


α7SII


先月満を持して導入したソニー「α7SII」、我が家の主力機になって1ヶ月が過ぎました。
しばらくブログが止まっていたので、ここであらためて感想を書いてみます。
たぶん大脱線すると思いますが(笑

仕事で携わっている動画制作


私の仕事は大きくいくつかの業務に分かれているのですが、
その中のひとつに「ウェブ用動画の撮影と編集」というものがあります。
自分で動画を撮影し、その素材を作品というか広告というか、そんなのに仕上げてこっそりウェブに公開しております。
これをもって私のことを「プロの映像屋」と捉える向きもありますが私にその意識は薄く、
「会社員が業務で撮影と編集をやっている」という表現の方が現状に即しているように思っています。
「自分の作品を売って生活の糧を得る」という意味での「プロ」ではないわけです。
いやこれはこれでプロの範疇ではあるのかもしれませんが、少なくとも「作家」ではないですね。明らかに。

仕事でも大活躍のα7SII


で。α7SIIは、そんな私の仕事でも大活躍してくれているのであります。
私の撮影現場は、特に明るさが致命的に足りない過酷なケースが多く(写真であれ動画であれ、明るさが足りないというのは過酷なものです)、
従来機で「3200が許容範囲の限界」としていたISO感度を、25600!51200!102400!…は上げすぎですが、
ISO6400~12800あたりを常用できるようになり、世界が一変しました。
ここまで劇的に撮影スタイルが変わってしまうと、従来のボディに戻れなくなります(笑
そんなわけで、私は現在「α7SII」しか使わなくなりました。

やっぱり撮って出しが便利


ただし。log撮影は結局仕事では使っていません。
log撮影というのは、後で加工する際に有利になるよう映像のダイナミックレンジを広げた状態で撮影しようというものです。
撮影した段階での映像はコントラストが低く、そのままでは到底使い物になりません。「加工して」使えるようにするわけです。
映像制作の玄人は多用するらしいこのlog撮影、私もありがたがって使っていましたが、これ、条件を選びますね。
私の仕事を進める上ではlog撮影の導入はメリットがありませんでしたので、従来通りの「現場でカメラの設定を調整した上で撮って出し」に戻しました。
理由は簡単「私の業務内容に向かなかった」からです。

私の作る映像は、ひとつひとつの素材に3~4つのエフェクトをかけた上でつなぎ合わせる、ということをしています。
これもノウハウなので詳しいことは伏せますが、それなりの加工を施している分、エンコードにどうしても時間が余計にかかっています。
ただでさえエンコードに時間がかかる、その上log撮影した素材にはLUT(Look Up Table、まあエフェクトのひとつと思ってくれい)を当てなくてはならず、PCに更に余計な負担をかけるだけの結果になってしまったのです。
具体的には、書き出しにかかる時間がざっくり4倍になりました。
しかも、私は素材にかなり細かな修正をかけているのですが、それがlog素材ですと薄暗くて視認しづらく、弊害がありました。
そんなこんなでトータルで制作ペースが大幅にダウン。
私へのオーダーが「数を作れ」ですので会社の方針にも反してしまう結果に。
そんなわけでlog撮影は私の仕事面に限って言えば「百害あって一利なし」だったのです。

log撮影は状況を選ぶ


そもそも私は「カメラの設定で何とかする、当日即納にも躊躇しない」スタンスだったはず。
であるならば、玄人が好んで使っている?その程度の理由でlog撮影に移行する必要はなかった。
今まで通り、普通に撮ってりゃ良かったのです。
ピクチャープロファイルは使おうと思いますが、どうもlog撮影は私のスタイルには合わなかったように思います。
ただ、お金を出してシネマLUTのセットなんて買い漁ってしまったこともありますので、
ネタとしては今後も併用していくことにします。
アホみたいに「log撮影してナンボだ!プロ仕様だ!ブヒヒ」と崇めることはしませんよ、ということです。

プライベートでもそうですよね。
むしゅめの動画を撮ったとして、それを団らんの時間に見よう!となったとして、
「ごめん、log撮影したからグレーディングしてからでないと」なんてアホみたいな展開、あり得ないでしょう?(笑

映画みたいな本格的な作品制作ならともかく、スナップをつなぎ合わせる趣旨の映像作りにおいてlog撮影は必須ではない、むしろ邪魔。
当たり前で今更なのかもしれませんが、私にとってはそれを思い知る一か月でありました。


マイクロフォーサーズ


さて、当ブログは「某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ」です。
「ソニーα」に並ぶもうひとつの柱として「マイクロフォーサーズ」があるわけですが、最近まったく記事にしていません。
ネタのストックもありません。記事にする予定がまったく無い状況です。

当ブログのネタは主に「夜の街撮り、しかも都内のごく限られた地域」なんですけれども、それは何故かと言いますと、
仕事帰りに立ち寄っているから、なんですよね。
上で書いたように、私の仕事は「動画の撮影と編集」です。
撮影が終わったその日の夜に街スナップをしてそれをネタに記事を書く、ということは、仕事に持ち出した機材を使うわけで。
それが「最近はα7SIIしか持ち出していない」ということですから、我が家ではマイクロフォーサーズはすっかり出番を失ったわけです。
この傾向は今後しばらく続くものと思われます。

ということは、マイクロフォーサーズはもはや我が家ではその役割を終えたのか?
正直そんな気持ちも無いわけではないのですが、まだだ、まだ終わらんよ。
いやその台詞の主はそのあと終わっていたので適切ではないか(笑

先日、TBSで「LEADERS2」というドラマが放送されまして。
黎明期のトヨタ自動車をモデルにした「ものづくりに人生を賭けた熱い男達」のドラマだったんですけど、
こういう話を見ていると「それに比べてこのカメラのメーカーは…」という気持ちになってしまうんですよね。
私はこのドラマを好きですが、そういう糞メーカー(失礼!)がオーバーラップしてしまい、今一つ楽しめませんでした。

私個人的な印象だけで申しますが、
会社名は伏せますが、モノづくりに志も何もない、スペックだけ主張してユーザー不在の自称一流メーカーが、
「私の中での」マイクロフォーサーズのイメージを大いに下げています。
心と体・人間の全部を見下しているのでしょうね。どこまでも他人事という。
私自身そんなメーカーをありがたがってきた、我ながら見る目が無かったわ。
結果テンションが下がっているということもあるでしょうね。ソニー偏重は棚ボタ?原点回帰なのかもしれません。
まあ、いいんだー。パナソニックと付き合っていくことにしますよ(笑


今回はこの辺で。


まあそんなわけで、リハビリ気分で書いた記事でした。
ボチボチペースを戻していこうと思います。
初めましての方はよろしくお願いします。久しぶりの方はまたよろしくお願いします。
たまたま来ただけだわ興味ねーよという方は何処へなりと。

次回はα7SIIの記事になると思います。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/04/05 Wed 23:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

ソニー「α7SII」実写編は続くよ

ソニーの高感度番長「α7SII」関連エントリです。 このカメラは「ISO409600」を上限に持つ、高感度画質の向上に重きを置いたコンセプトを持っており、 私はそのカメラの「ISO上限が高いことによる、ISO10000~30000程度の感度域を実用する」目的で導入しました。 今回はそこら辺の話になるのかな? 書き進めてどうなるか分かりませんが、とにかくイッテミヨー DSC00353

スカイツリーを見上げて撮る

スカイツリーは、高さ634メートルでしたっけか?日本一の建物です。 それを間近から見上げて撮ることになるわけで、 必然的にというか、ここに来ますと縦写真が多くなります(笑 これ不思議な感覚ですね。ランドマークの建物に引っ張られる感覚といいますか。 DSC00355 つーても、横でも撮ってるんですよ!? このように、意味もなくエスカレーターで撮ってみました。 ところでこの記事をご覧の皆様、 こんな写真を撮る時は、前に女性がいない時だけにするのだ! お兄さんとの約束だゾ(浅倉南がおでこを突っつく感じで DSC00359 レンズを取り替えて、見上げて撮ってみます。 広角レンズから中望遠「Batis 1.8/85」に付け替えて、スカイツリーの展望台あたりを見上げました。 解像感はさすがと言うかなんちゅうか本中華。 DSC00363 実はスナップは久し振りです。 仕事で動画を回しまくってはいましたが、趣味というかブログ向けの撮影はいつ以来だろう? ですのでこんなマネキンも久し振りに撮ります。 私はちょくちょくマネキンの写真を撮りますが、マネキン写真では目的というか目指すべきところがありますので、 引き続き取り組んでまいります。 DSC00358

今回はこの辺で

実は今回の写真はすべてRAW現像したものを掲載しています。 当ブログのデフォルト「JPEG撮って出し」ではありません。 高感度に強い、とは言え無条件に信用できるものではない、そんな事は当たり前なんですけれども、 ISO25600とかいう、ある程度高い感度にして撮る以上、手作業でノイズを除去する必要が多少なりともあるのではないか? という目的でRAWから画像を作りました。 が、結果として解像感を優先するあまりノイズリダクションについてはあまり手を入れませんでした。 ここらへんのさじ加減をパソコンで自由にできる、RAW現像の醍醐味ですよね。 それを承知の上で、私は当ブログでは今後も「カメラで設定する」ことに軸足を置きます。 次回もα7SII実写編の予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/04/03 Mon 21:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

ソニー「α7SII」鋭意持ち出しています

先日手に入れたソニー「α7SII」関連エントリです。 α7SII最大の売りは「高感度に強い」であります。 また、動画撮影を重視したスペックという点も併せて現在の私が求めるものにピッタリ合致、 値段が高い点だけ何とかならんか?と思いつつ貯金して、ようやく手に入れたのでありました。 その甲斐はあった!と思っております。 今回は秋葉原です。 別件で行った時に、ちょろっと時間があったので撮影してきました。 動画メインの記事です、悪しからず(笑 resized

秋葉原で動画を回す

今回もまずは動画をご覧いただくということで。 編集は本当に手抜きです。ショットを切り貼りしただけ、しかもBGMやテロップは前回の使い回しです(笑 いや、これはこれで私のセンスなのだから、言い訳をしてはいけませんね。 というわけでみんなー!動画のじっかんっだよー! 趣旨は「ガチピン」。とにかく解像感重視を目指しました。 レンズは絞りましてF11~16あたりを使用、シャッタースピードは1/50固定ですから必然的にISOが上がる。 F16の時ISO25600、F11の時ISO12800、ぐらいを基本にしました。 できればISO12800で撮りたい、だけどF16に絞りたい、どっちもやってみた!みたいな感じですね(笑 従来私の夜動画撮影は、α7IIでISO3200を上限、パナソニックGX7mk2でISO1600を上限にしていました。 それらに比べれば現在は3段程度の余裕が出来たことになりますが、 私はその余裕を今のところ、すべて「絞ること」に回しています。 今まではできなかったことです。このカメラを選んで良かった。 一点だけ、個人的には今回使った「FE28mm F2」では役不足かなと感じました。 この点についてはもう少し考察していきます。

ビデオ一脚が活躍

ところで。 この動画に使用しているカットはすべてカメラを固定して撮影するいわゆる「フィックス」と呼ばれるものです。 映像撮影の原点、セオリー中のセオリーです。野球中継もそうですね。カメラが無駄に動かないのは、基本です。 私は映像制作についてドがつく素人ですから、学ばねばならない基本のうちのひとつ、と思っています。 やっていて実際そうですね。 動くはずのものが動かない状況で被写体を撮るに際し、カメラが動くことで「動画」に仕立てる、というのは、 私個人的には「窮余の策」という認識です。この書き方で伝わるかどうか分かりませんが。 通常であれば、フィックスの映像を撮るときには、三脚なりスタンドなり、それなりに大きな固定用機材を使います。 私自身、フィックスを撮るために三脚を使っています。 現在の我が家でのレギュラー三脚はベルボンの「UT-43Q」ですが、 これは写真を撮ることはもちろんですが、動画スナップをすることを多分に念頭に置き、導入しています。 ベルボン「UT-43Q」は、極めて優れたコンパクト三脚です。 これが壊れたら私は次も同じものを買うでしょう。惚れ込んでいると言っていい。 しかし、それはそれとして、先日来ビデオ一脚も併用するようになりました。 マンフロットの「560B-1」という、小型軽量が売りの一脚です。 足が開く(エッチ!)ので、地面に立てたときの安定感が増しているのが最大の魅力であります。 タイムラプスのような、アホみたいに長い時間カメラを固定する撮影では到底役に立ちませんが、 私が行っているようjな「せいぜい10秒程度固定できればいいスナップ動画」には、恐ろしく役に立ちます。 浮気をした(笑)ことになりますが、まあ良いでしょう。 強いて弱点を挙げますと「さすがの外国製、ちょっとゴツゴツしてる」というぐらいかな? まあ、言いがかりです(笑)満足して使っておりますよ。 ベルボンUT-43Qなりマンフロット560B-1を持たずに出かけると、フルチンで銀座四丁目を歩くぐらいの不安感があります。 え?ボディ内手ぶれ補正があるだろ、って? いえいえ、手ぶれ補正は「フィックス」には使えません。 無敵のオリンパス五軸手ぶれ補正ですら震えを吸収するだけなのです。いわんやソニーをや。

今回はこの辺で

肝心の映像の出来については正直まったく自信がありません。 編集15分の、極めて粗い代物です。次こそ頑張るぞ。 まあセンスがついてこないのでどうしようもないか。 いや、センスは「数を作ること」で培われるのだ。 臆することはない。今できることを世に問えば良い。 これをご覧の初心者の方、ブログなりSNSなり、自分の作品をこれから世に問うていこうという方、 遠慮はいらないのですよ。どんどんやればよいのです。 へたくそでも勉強中でも、偉そうに載せていたらそれっぽく見えるのだ! うちのブログがまさにそれ! 次回もα7SII実写編の予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/03/28 Tue 21:00 ブログ | ブログ | ソニーα

祝日にオフ会!続いて新宿歩行者天国の撮り歩きです

前々回・前回に続き、先日行われたオフ会に参加した時の様子を掲載しています。 午前中から新宿御苑を撮り歩き、午後になって御苑を離脱、歩行者天国などを歩きつつ向かった先は歌舞伎町。 とは申しますが、中の方まで入ったわけではございません。 ドン・キホーテの並びにある、昼間から空いている居酒屋さんで飲み会、であります。 DSC00274

歌舞伎町の居酒屋

宴の開始は13時。そこから3時間の飲み放題です。 祝日の新宿とはいえ、選択肢は必ずしも多くはないはずです。 今回の幹事は私ではありません。 当ブログでも酒が入ると語りだすことですっかりおなじみ、よしよしさんでございます。 セッティングありがとうございましたm(_ _)m
よしよし四方山話。
今回も、とても楽しく過ごさせていただくことができました。毎回感謝ですね。 冒頭40分ほど、店員さんの人手不足から料理も飲み物もまともに出てこなかったので、 正直「これで3時間もつのか?大丈夫か?」と思っていました。 tanpen1_20170328194413d87.jpg ですが、途中からの挽回っぷりが良かった。 人手が増えてオペレーションが目に見えて改善され、提供もサクサク、ホッケもデカくてホクホク。 結果、後味良くお店を出ることができました。 楽しかったです。ありがとうございました。 DSC00271

昼間から呑んだくれ

この飲み会は、タイ在住の「若」こと、「とも」さんの歓迎会というか、 帰国して東京に来ることがあれば飲みましょうみたいな話が出発地点でして、 私たちは貴重な帰国の時間をいただいたわけですが楽しく過ごしてもらえたのだろうか? そういう思いがありましたね。
とりあえずカメラに興味が出てきた今日この頃 人生初のデジカメ購入がFUJIFILM X-T1という高級機を買い 写真にはまったオッサンの日々をダラダラと書いております。
しかも、おみやげまでいただいてしまいました。 タイから運んでくるのも荷造りとか大変でしたでしょうに、ありがとうございますm(_ _)m ポッキーとプリッツ!おつまみにさせていただきました! ともさんが今回持ち込み、周囲の耳目を集めたのが「GoPro」。アクションカムです。 私個人的にも導入を検討していたタイミングでしたので、大いに触発されました。 今後当ブログでアクションカムを導入することがあった場合、その最後の一押しはこの飲み会でございます(笑 DSC07735 あとは何の話をしたっけね、例によってカメラ&写真話をベースにいろいろ盛り上がった記憶があります。 私個人的には、毎度おなじみレギュラーメンバーの中で「人物撮影」に特化しているおふたりが真正面から組み合うところを見たくて、 何度かけしかけてみたりしたんですが話が転がらず失敗(笑 まだまだフィクサーにはなれませんなあ。精進します。

夕方で帰るつもりが二次会に

昼間からの飲み会ということで、私自身早めに帰るつもりでおりましたが予定を大幅超過(笑 二次会まで参加しました。 お店はこちら、東口のキリンシティ。 ビール党の私としては願ったり叶ったりであります。 DSC00280 私はちょっと把握できていなかったのですが、一次会と二次会の間にちょっと時間がありまして、 一部メンバーはその間にカメラ屋巡りをした様子。 で、その成果と共に合流、吞んだくれておりました。 DSC00278

今回はこの辺で

そんなこんなで、結局解散したのは夜という。 せいぜい4~5時間で電池切れしてしまう私としては異例の長丁場となりましたが、楽しめました。 今回は私は幹事とか案内役といった主導的役割ではありませんでしたが、 私個人的にちょっと気になっていたいくつかの事柄が今回で解消した気もしまして、その点でも収穫は大きかったです。 企画立案された皆様および、限られた滞在日程の中、貴重な時間を割いてくださったともさんに、 あらためてお礼申し上げます。 次回の記事はどうなるかな。分かりませんが。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC00270
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/03/26 Sun 16:30 スナップ写真 | 写真 | ソニーα

祝日にオフ会!続いて新宿歩行者天国の撮り歩きです

一週間ぐらい前になりますが、カメラ有志のオフ会に参加してまいりました。 前回の記事では「新宿御苑」をご案内いただいた際に撮ったものを掲載しました。 今回はそこから後半戦、飲み会場への移動途中での写真を載せてまいります。 この日はポカポカ陽気の快晴だったということもありまして、 ここはいっちょモノクロで行くか!と臨んだのであります(笑 DSC00265

新宿の歩行者天国

都内中心部で週末行われる歩行者天国、大きなところでは3つ「銀座」「秋葉原」そしてこの「新宿」であります。
歩行者天国の交通規制 警視庁
「銀座」「秋葉原」に関しましては、以前から記事にしてきましたが、新宿の歩行者天国についてはほぼ言及したことがありませんでした。 が、実は上のリンク先の警視庁サイトをご覧いただいても明白なのですが、実はこの3エリアでは最大の規模でして。 新宿通りのみならず、その周辺エリアも含めて行われており、 何より、新宿は(私が普段撮り歩く諸エリアに比べて)明らかに人が多いですから、規模が大きいのも理解できます。 DSC00259 ならば、歩行者天国にしたことによってこの大通りが人で埋め尽くされるか、といいますと、それはNoであります。 基本的に車道で何か催し物が行われるわけではなく、また、周辺はショッピングエリアです。 必然的に「ウィンドウショッピングをしやすい歩道」を人は歩きますから、車道を開放したとて、人はあまりそこを歩きません。 「自動車を排除して事故を防ぐ」「交差点の信号がなくなるので動きやすい」という目的は達成されているのでしょうが、 せっかくの広大なスペース、もっと有効活用できないものかなあ、などと思いを巡らせながら歩いておりました。 その点クリスマスの丸の内仲通りは小規模ながら上手くやっていましたね。 車道にワゴン車が出て、ホットワインなどを販売していました。 そういう「何か」があると、歩行者天国自体が目的にもなるような気がします。 DSC00264 秋葉原中央通りでは、かつては路上パフォーマンスが黙認されていましたが、 件の事件で歩行者天国が一時中断し、復活した時にはそういう動きは禁止となっていました。 野良イベントを規制したい事情は理解しますが上手い落としどころはないものか、と考えてしまいます。 DSC00260

モノクロ

さて、話を変えます。 この新宿中心部を移動している間、私はモノクロで撮っておりました。 モノクロならではの写真、色ではなく、明暗差で表現する写真を撮る! …という意識は、実ははたらきませんでした(笑 普段のスナップと同じ感覚で撮り歩いています。 私の場合、そこがダメなんでしょうね。モノクロで縛ると決めた以上はモノクロならではの被写体を探すべき。 その意識を徹底できないうちは上達は遠いぜ兄貴! DSC00268

今回はこの辺で

そんなわけで、歌舞伎町の飲み会場に移動していきます。 私としては珍しく、早い時刻から(笑)撮り歩いたこともあり、おなかがすきました。 これでお酒が入ったらべろんべろんになっちゃうかなー、などと思ったり。 何せ真昼間からの宴会です。そういうのもちょっとときめくよね! DSC00269 というわけで次回オフ会編最終回です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m DSC00270
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事