ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 更新順

ソニー「α7SII」今回は写真編です

前回も触れたソニー「α7SII」の関連エントリです。 この先の記事でガッツリ触れるつもりでおりますが、私はα7SIIを「動画撮影」で活用することを念頭に導入しました。 写真目的「だけ」ならば、30万もの大金を投ずる意味が無い、と考えています。 写真撮影機能においては、我が家の既存の機材で「私個人が撮りたいと思っているもの」は撮ることができるからです。 α7IIであれα99であれ、マイクロフォーサーズのGX8であれGX7mk2であれその他であれ、写真撮影機能「だけ」ならば、 私が求めるものは既にクリアしています。 何度でも書きますが、私はこの「α7SII」を導入するにあたり、動画撮影についてしか考えませんでした。 ただ、このブログは「(某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの」写真ブログ」です。 ここ数年は、シャッターを切る回数よりも録画スタートする回数の方が多い現状ですが、 写真についてあんまり無視し続けるわけにもいきません。 そんなわけで今回は久々に写真ネタです。 私達のオフ会メンバーは現在「自転車部」「まぐろ部」「星撮り部」「銀塩部」「御苑部」など、様々な活動が活発化しているそうですが、 残念ながら「動画部」は私一人で増える見込みもありません(笑 要するに「一眼動画ネタはニーズが無いので、今回は写真を載せますよ」ということなのでした。 DSC07717

神楽坂を撮り歩き

そんなわけで今回は写真を載せます(笑 って、こんな書き方をしたら、私が嫌々写真を載せているみたいだな!? そんなつもりはないですよ。写真は大切なのであります。 行ったところは神楽坂です。 先日友人ひでとさんと夕食を共にした場所が飯田橋で、 その時悪天候で撮り歩けなかったのが尾を引いており、価格コム店頭受取り店舗からも近かったこともあり、 α7SII初撮り歩きの場所として選んだのでありました。 購入後、駅のホームでベンチに座って開封・持参した電池を投入し即席でセッティングをして、いきなり撮影に臨みました。 初期不良チェックを兼ねる意図も込めて、私はこのような立ち回りをしばしば行います。 DSC00022 神楽坂と言えば「石畳・細い路地・趣のある店先」ですよね。知らんけど 正直私は街撮りは久しぶりですので気後れがしていてマトモに撮れなかったんですが、 少しでもそのイメージを写そうと頑張りました。 特定のヒト・モノを被写体として捉えることはしていません。 雰囲気を写し撮る、と言えば結果論ですが、そんな写真を意識したのは事実です。 DSC00011 カメラの設定としては、高感度を使うことを意識しました。 F11、ISO10000~12800、シャッタースピードは1/60。 レンズは「FE 28mm F2」にワイドコンバージョンレンズをつけて21mm F2.8で使用しました。 今までの我が家の機材ではISO3200あたりが私の許容範囲でしたが、このカメラは頭一つ、いや二つも三つも抜けましたね。 私が撮りたいもの、それに対してISO感度をどのぐらいまで上げられるか、研究してみます。 少なくとも、ISO12800では「私の目的においては」楽勝でした。素晴らしいよα7SII。 DSC00026

今回はこの辺で

正直、見た目が既存のα7IIと同じですから「新しい機材を持ったワクワク感」みたいなものは少ないですね。 ですが、使ってみると色々と強化されている。 これまでさんざん他所で言及されてきたことを、私も今更ながら実感しています。 次回も神楽坂編の予定です。しばらくはα7SIIをネタにするぞう。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

ソニー「α7SII」を導入しました

久々のカメラボディ導入記事となります。 以前から欲しい欲しいと思っていたα7SII、ついに!というかようやく導入の運びとなりました。 最初に申し上げます。 私は今後、このカメラの美味しいところを骨までしゃぶり尽くすことになると思います。 DSC07716

最大の売りは「ISO409600」

…ではございません。 いやそれは語弊がありますね。言い換えます。 最高ISO感度が409600、それによってISO10000~30000程度の感度域が実用に耐えるようになる、 それが「最大の売り」なのです。少なくとも私にとっては。 従来ならまったく「使えなかった」高感度域が、日常使えるようになる。 この写真はISO10000、F5.6で1/60秒でシャッターを切りました。 照明が当たっている明るい部分はノイズが少なくて当たり前、ではありますが、 それでもここまでクリアに撮れれば文句無いですね。 DSC00015 もちろん、このようなことを「今更」ここで書くことに、たいした意味があるとは思っておりません。 このα7SIIは2015年10月発売、1年半前に出たカメラです。 これまでにさんざん研究し尽くされたはずで、私はそれをトレースしているに過ぎない。 少なくともここに掲載している文章は「再確認」程度のものだ、と私も承知の上で書いていますので、 そういう趣旨でお付き合いください(笑 機材自慢じゃないからな?そういうしょうもない感想を持つのは勝手だがコメントでは勘弁していただきたい(笑

「Rか、Sか」

上で「ISO10000~30000程度の感度域が実用に耐えるようになる、だからα7SIIを導入した」という趣旨のことを書きました。 ところでα7SII導入にあたっては、特に写真系の方にとっては「α7RIIとどちらが良いのか?」という命題が常によぎるはずです。 α7RIIだってISO上限は102400です。10000ぐらいなら余裕のよっちゃん、ですよね? ですから私は第一にそこで悩みました。どっちが良いのだ? それについて、私はネットの感想ではなく、メーカーの方の見識を頼りました。 いくつかの疑問を解消するためにCP+のソニーブースで(私としては異例とも言える)長時間、スタッフの方に質問をぶつけたのです。 その結果「私にとってはα7SIIがファイナルアンサー」と結論を出しました。 もちろん想定内の結論、てか、確認ができた!という感覚です。 私にはα7RIIよりもα7SIIの方が適している、これはもともと既定路線でありました。 あとは自分の背中を押すだけ、という状況でCP+以降10日間ほど過ごしていたわけです。

やっぱり高いよね

10日間ほど、私はα7SIIを買うかどうか、ものすごく悩みました。連日夢に出たほどだ! 以前からめっちゃ欲しいと思っていて「α7SII貯金」をしていた私は、今日の日をずっと待ち焦がれていた、と言えます。 私の「α7SII貯金」が貯まっていったのと、α7SIIの価格が下落してきた、そのグラフが最近クロスしたわけですが、 私はその状況になって、α7SII貯金をはたくことを惜しいと思うようになりました。 当然ですよね。購入価格は約30万円、これだけあればどれだけの家族サービスができるか。 ちょっとした旅行に何回行けるか。美味しいものを何回食べに行けるか。服をどれだけ買ってあげられるか。 それらのことを考え、悩んだのです。 もとより私自身は普段、穴の空いたシャツを着て、擦り切れそうな靴下を履き、外出時にはいつも同じ服装です。 そんな状況下で、カメラに30万?それはお金の使い方として正しいのか? と本当に考え抜いた結果、それらをすべて棚上げにしてα7SIIを優先させました。 この先当分の間贅沢はできそうにありません(笑 飲み会で自分の分だけ割り勘なんてのは問題ないでしょうが、新機材はしばらく無理でしょうね。 まあ良いのです。私にとってはこのα7SIIは「現在の環境下における私が必要としている機材」の、最後のひとつですので。 DSC07717

今回はこの辺で

今回α7SIIを購入するにあたって、私は日頃利用しているヨドバシカメラではなく、価格コムで最安値を探りました。 3月に入ってからずっと、価格コムのα7SIIの価格はずっと見ていました。 1円下がった!とかで一喜一憂していたのは内緒です(笑 価格コムなんて久し振りに見たわ!掲示板は相変わらずギスギスしてますね。2ちゃんねるみたい。 少しでも有益なコメントを、と思って見ていましたが、雰囲気の悪さばかり気になってまったく参考にならなかった(笑 あと、通販ではなく「店頭受け取り可能なお店」を選びました。私にとっては必須条件です。 記事末でアマゾンのアフィリエイトを貼っておいて言える立場ではありませんが、私自身は通販はほぼ利用しません。 アマゾンプライムに加入したのも「動画見放題」に惹かれただけで、物品購入実績はゼロです。 昨今、運送業者の過酷な実態が報道されるようになり、余計にその思いが強くなりました。 私が東京在住だからできることなのかもしれません。また、持ち帰ることができる物だから言えることなのかもしれません。 だからこそ、「持ち帰れる程度の」品物であれば、私は自分の住環境下において、店頭受け取りを選びます。 ともあれ、今後我が家の一軍はこのα7SIIになることは間違いなさそうです。 次回から少しずつ、そのあたりのことを書いていきたいと思っています。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

カメラの祭典「CP+2017」行ってまいりました

前回に続き、先月横浜で行われたカメラの祭典「CP+(シーピープラス)2017」関連エントリとなります。 以前から私はこのイベントを「1年で一番楽しみにしている」と公言しており、 ここ10年ずっと楽しみにして通っておりました。 もちろん今年もです。 右を見ても左を見てもカメラ機材。 普段はそんな雰囲気の中に身を置くことができませんから、 私のような半端者にはたまらなく楽しい空間なのです。 DSC07670

今回はほとんど見て回らなかった

ですが今年はちょっとそのテンションが下がった自覚があります。 そもそも新製品にそこまで興味もなく、一番の楽しみだったトークセミナーはこの10年で一周しました。 何か面白いものを、目新しいものを、と思って見て歩いていましたが、 例年の内容をなぞったような感覚がして、どうも気乗りがしませんでした。 そんな中、ネットの良心でソニーブースの高城剛氏のトークショーだけは見ましたが面白かったです。 エリカ様の元旦那としてスキャンダラスに採り上げられがちな氏ですが、 もともとトーク力がある上に本来の「クリエイターとしての顔」が全面に出ていて抜群に良いですね。 例年初日に登壇するようですので、来年は私も頑張って直接見たいものだと思いました。 公式ではないようですのでここで引用掲載はやめておきます(笑

というわけでソニーブース

とまあそういう流れでもって、今年の私の興味はソニーブースに集中しました。 パナソニックブースにはトークショーで、オリンパスブースには人探しに(笑)行っただけでした。 ソニーブースには、とある疑問というかお話をしたくて行ったのであります。 言っておきますが、STFではないですよ。 確かに良いレンズだった!欲しいと思った! ですが20万はそうそう出せる金額でもないですので。後日の課題といたします。 DSC07655 あと、α99IIです。実は私は実物をここで初めて見ました。 良いカメラですね。ちょっと小ぶりで、中身が詰まっているフラッグシップ!という香りがします。 とっても欲しい!と私も思っていたのですが、とある事情(お金以外の)で見送りとしました。 でも良いカメラですよ!レンズも揃ってますし、40万円出せるならビギナーにもおすすめです! DSC07656 ソニーブースでは、上記のような機材以外でちょっと伺いたいことがありましたので、 それを延々と質問させていただきました。 その結果、ある方向に私の心が固まったわけですがその話も後日(笑

今回はこの辺で

当ブログの話をさせていただきます。 うちのブログは可能な限り毎日更新、 最近はちょっとサボリ気味ですけど気持ちとしては毎日書く!というスタイルでやっています。 しかし、この記事を掲載するのに前回の記事から10日以上開いてしまいました。 これには理由がありまして。 その理由については、興味を持つ方がおられるか分かりませんが、 次回の記事でご説明することになりそうな気がします。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/02/28 Tue 22:30 ブログ | ブログ | ソニーα

カメラの祭典「CP+2017」行ってまいりました

年に一度のカメラの祭典「CP+(シーピープラス)2017」、私も行ってまいりました。 関東在住でカメラ趣味にハマった私としてはこのイベントへの参加はマスト、 毎年楽しみにしているイベントでございまして、私としても前身イベントの「フォトイメージングエキスポ」以来通算10年ぐらい? 連続で参加しております。 DSC07670

CP+に私が期待すること

カメラの祭典、てか、メーカーの組合が主催しているわけですので、メーカーの新製品がひしめくイベントであることが本質で、 来場者もそれを目当てにしますし、実際大手メーカーの目玉が揃った年は来場者数が大幅に伸びるというのもお約束であります。 しかし私は正直そこにはあまり興味がなくて。 ここ10年ほどのニワカカメラファンの私としては「右も左もカメラ関係」という、その雰囲気自体が魅力で毎年通うのです。 DSC07661 つまりは雰囲気、ということですね。 ですから私はこのような演出にもグッと心を掴まれます。 会場の最寄り・みなとみらい駅。 会期中は駅の広告がカメラ機材関連メーカーのもので埋め尽くされます。 ここにぶら下がってる広告は例年はハクバなんですけど、今年はキヤノンでした。 DSC07650

新機材についてはほぼスルー

そんなわけですので、当ブログのCP+関連記事に「新型機材体験レポ」みたいなものは期待しないでください。 基本的に「行った!楽しかった!」程度のことしか書いてません。 あれだけ楽しみにしていた写真家のみなさんのトークショーにしても、今年はひとつも見ませんでした。 本当に、周辺の景色を撮って帰ってきた感じ。 DSC07652 そんな中で、富士フイルムブースでは足が止まりました。 件の中判ミラーレス!ではないですよ(笑 X-T2の動画性能をアピールするために、ジンバルに搭載して展示していたのです。 そのジンバルが、我らがNebula4100 Liteだったという。しかもPIXIをつけて、 って、まんま我が家の景色ですやん。PIXIの色まで一緒だわ(笑 思わず写真に撮ってしまいました。これに食いついたのって、たぶん私だけだろ(笑 DSC07664

今回はこの辺で

何だかショボショボですね、すみません。 次回もCP+ネタなんですけど、機材ネタでもうちょっとマシな話ができるのではないかと思います。 とは言ってもスペックを掘り下げる、みたいなことはしませんので過大な期待は禁物でございますよ。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事
2017/02/26 Sun 23:50 ブログ | ブログ | 当サイトについて

みなとみらいオフ会、盛況のうちに終了しました


カメヲタの皆様、CP+2017には行かれましたでしょうか。
私も一応行きましたが、その話は先にとっておきます。
今回は「CP+2017に便乗する形で開催したオフ会」についてのご報告です。
参加者は11名、今回も大盛り上がりでございました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。
IMG_2kjoax.jpg

年に一度のカメラの祭典


CP+(しーぴーぷらす)というのは、カメラ業界の展示会では国内最大級のイベントでして、
カメラ趣味ではない方に説明する時に私が使いますのが「カメラ業界のモーターショー」という言い回しであります。

以前は「フォトイメージングエキスポ」という名前でビッグサイトで開催されていたものがパシフィコ横浜に移転リニューアルして何年経ったか。
まあCP+についてはまた後日に記事にしようと思いますのでここではこれ以上触れませんが、
「スマホではなく」カメラを使って写真を撮る方なら、楽しむことが出来るのではないかと思っています。
その辺のことも後日考えをまとめてみましょうかね。

オフ会は桜木町で行いました


そんなこんなで夕方です。
時間には余裕を持ったつもりだったけど、結局ギリギリだったな。
CP+2017会場で456さん・ふぁんとむさんと合流し、待ち合わせ場所へ急ぎました。
この時期はまだ明るいんですよね。日が長くなったなあ。
DSC07672

桜木町(とは厳密には言えないのかもしれないが)でのオフ会は今回が初めてではありません。
毎回お店探しには苦労します。が、今回は私としての「とっておき」を出しました。
まあ、大手チェーン店の居酒屋さんなんですけどね(笑
なぜ「とっておき」なのかは、参加した方なら分かるかもしれません。
お店の名前は伏せておきます。教えたげない(笑

料理はごく一般的なものです。特段奇をてらったものはありません。
私はこういう集まりの料理は「最大公約数的な内容」で良いと思っています。他人は知らんよ
刺身と肉とポテトがあればそれで幸せな、オコチャマな口しか持っていない私が幹事をやると、そうなります(笑
DSC07678

さて、今回も新たな出会いがございました。
毎回新規参加の方に来ていただけるようになった、これはとてもありがたいことです。
私も見捨てられないように頑張らねばならぬ。
今回の初参加はkazunoriさん、当ブログにもコメントをくださる、丁寧な応対も魅力のイケメンでした。
まあ私にはかなわんがね。
オフ会の終盤にこんな飛び道具を出してくるおちゃめさんでもあります(笑
トリガーになって、何だか周囲では俄にフィルム熱が高まってるぞ。フィルム部設立も秒読みらしい?
DSC07681
kazunoriさんのブログはこちらです。当ブログからもリンクしていますのでよろしければぜひ。
僕と好奇心


話題は多岐にわたります


基本的にカメラつながりのオフ会ですからカメラ・写真話で盛り上がるんですけど、その他の話ももちろんいっぱい出てきます。
定番のガジェットネタから政治軍事、アイドル、また、エロ漫画の話まで。男の子が盛り上がる話は何でもアリです。
私個人的には「(機材抜きの)モノづくり論」みたいなことをやってみたいと思っているのですがそれはいずれどこかで。

参加者の人柄にも助けていただいております。
こういう集まりは「知識ベースで語りだす」人間が出てくるとワンマンショーで終わってしまってつまらなくなりがちですが、
ボケありノリありツッコミありイジリあり、と、盛り上げに回ってくれる方が多くて、私はとても助かっています。
この場合の「盛り上げ」とは「コミュニケーション」と言い換えてもいい。
トーク力、みたいなものは大切なのだな、と、回数を重ねる毎に、私個人的には感じています。
DSC07679

で、参加賞は「昭和エロ本描き文字シール」、公約通りお渡しいたしました。
「カメラに貼れってか!?」みたいなツッコミもいただきましたが、その通り!
金田のバイクみたいに、ベタベタ貼ってちょうだいよ。お兄さんとの約束だ!
あるいは奥様に見せつつ一夜の回春の一助として(以下略
DSC07629


今回はこの辺で


18:30開始で、3時間予定だったオフ会も時間を大幅にオーバー、
お店の善意をいただきまして、ガッツリ閉店まで過ごさせていただきました。
良いお店でした。スタッフの方が良心的なのだと思います。私はそれに敬意を表したい。
良いお店ですので、教えたげない(笑
ともかく、ご参加くださった皆様、ありがとうございました。
また私が主催するオフ会をやるかもしれません、その時はぜひお越しください。お待ち申し上げております。
次回はCP+ネタです。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事