ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 更新順

パナソニック「LUMIX GH5S」を持って春の日本橋を夜撮りしてきました

気が付いたら更新が3週間以上空いてしまった! 更新ペースダダ下がりの春の夜長、皆様如何お過ごしでしょうか。 今回は我が家の主力機・パナソニック「GH5S」を持って日本橋の夜を撮り歩いた、 その時の写真を掲載してまいります。 先月の私は「CP+についてもう一回記事を書こう」と思っていたようですが、無視します(笑
DC-GH5S | 一眼カメラ Gシリーズ | デジタルカメラ LUMIX(ルミックス) | Panasonic DC-GH5S | 一眼カメラ Gシリーズ | デジタルカメラ LUMIX(ルミックス) | Panasonic
P1001114

春のイルミネーションスペシャル

ここ数年、3月~4月にかけての桜の開花に伴うライトアップイベントを見て回り、『春のイルミネーションスペシャル』と命名して記事にまとめる、ということをしてきました。
春のイルミネーションスペシャル2017 その5「春のお江戸日本橋」 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ 春のイルミネーションスペシャル2017 その5「春のお江戸日本橋」 某ソニーα&マイクロフォーサーズ使いの写真ブログ
行く先はほぼほぼ六本木・日本橋と決まっておりましたが今年は日本橋だけ。六本木へは行きませんでした。 ソメイヨシノの開花、今年は早かったですよね? 満開の時期は逃してしまい、葉っぱが生え始めていました。 撮りに出掛けたのは3月30日。例年であればまだつぼみなのではないか? P1001076

都会の夜桜は照明ありき

当ブログの主戦場は夜の街撮りであります。 都内在住ということで東京都心部での活動が主になっておりまして、もう夜にならないと写欲が出ないレベル。 ですからGH5Sやα7SIIのような「従来機に比べて高感度に強い」というカメラと相性が良いわけでございます。 ところで、夜の撮影というのは『夜の明かりを撮る』ということでもあるんですけれども、 実は夜の桜というのは『明かり無し』だと少々苦しい。 あくまでも私の嗜好ですけれども、夜の桜を撮る時は『綺麗にライトアップされているところ』を狙っていきます。 ただし、桜のライトアップを撮るのも結構難くて、照明の当て方も計算に入れて撮らねばならないところがミソっちゃあミソですね。 この写真の桜の木はライトアップがされているわけではありません。 日本橋のライトアップの『おこぼれ』で何とか戦えんかねえ、と思いつつも日本橋に面していない側はやはり暗く写ります。 P1001106-2 後処理でコントラストやハイライトを思い切り下げてみると多少はフラットに見えますね。 やり方次第、ということでしょうか。 P1001106-3

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8PRO」

今回使用したレンズはオリンパスの超広角ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8PRO」です。 換算14mmスタート、我が家で最も換算焦点距離の短いレンズです。 どうも最近は広角ばかり使っているなあと。仕事でもそう。 説明的な写真になりがち、てか、それを意識してます。写真で状況説明したいんですよね。 P1001087 ボケ表現も以前に比べてあまり重視していないですので、 そんな今の私には「マイクロフォーサーズ+広角」が相性が良いようです。 もっともこれはマイブームのようなものですので、どこでどう転ぶか分かりませんが(笑 P1001093

今回はこの辺で

夜の街撮り歩きは久し振りでした。良い気分転換になりました。 良い季節になりましたのでまた出歩いてみようと思っていますがなかなか出不精で(笑 次回内容は未定となります。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1001112
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

CP+2018パナソニックブースで、気になる機材を触ってきました

CP_-3.jpg 気が付いたら三週間近く経ってしまった!一応CP+2018編です。 今回は私個人的に最も楽しみにしていた「パナソニックブース」で体験した感想を書きます。 我が家の主力機材もパナソニックになりつつあります。 3メーカー入り乱れておりましたが現在はソニーとの二強状態。 GH5Sが出なかったら今日を迎えることはなかったのではなかろうか。

パナソニックブースは過ごしやすい

以前のCP+記事でも書いた記憶がありますが、パナソニックブースは過ごしやすいです。 私はパナソニックユーザーだから、ということが大きいわけですが、 まず、他の大手メーカーブースに比べて、人が少ない!(笑 いや失礼、CP+は写真の祭典ですから動画に軸足を置いた(と世間では思われている)メーカー、 しかも家電屋(と世間では今もレッテルを貼られている)のブースですから、 写真機を当て込んだ方々の足は向きづらいのかもしれません。 人が少ないというのは逆に説明員さんのストレスも相対的に少なめなはずですので、 私のような末端ユーザーに対しても親切に接してくれます。 セミナーブースもしばらく見学していましたが、適度な混雑で、見やすいと思いました。 vlcsnap-2018-03-17-21h41m43s637 で。 今回の主眼は「パナソニックのハイエンド向けレンズ」であります。 マイクロフォーサーズの上級レンズラインナップと言えばオリンパスの「プロレンズ」が有名ですが、 パナソニックにもそれに対抗するシリーズがあります。ライカ銘のレンズ群がそれです。 ハイアマチュアからは半ば揶揄的に「パナライカ」とも称されていますがその性能は高く、 特に我が家では「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2」通称ノクチクロンがエースだったりして、その地位は不動であります。 そんなライカシリーズ、昨今では「F2.8-4.0シリーズ」というのがありまして好評を博しています。 広角ズーム・標準ズーム・望遠ズームの3本がラインナップされるようですが、 既発の「LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm / F2.8-4.0」には実は興味がありません(後述)、 今回の目的はふたつ。 小売店でも品薄が続く人気標準ズーム「LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0」と 5月発売予定の注目の望遠ズーム「LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm / F2.8-4.0」 これらを試してみたい!というわけでありました。

LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0

ライカブランドのパナソニック製標準ズームです。ヨドバシ価格で約10万円。 我が家には同じくパナソニック製の「LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8」という標準ズームがありますが、 時として望遠端が足りない!もうちょっとあれば…と思うことも多く(これは私に限った話ではない。他メーカーで24-105mmが売れる理由でもあるだろう)、 「レンズ交換すればいいじゃん」という話ではあるんですが、 単焦点複数取り換えながら撮るつもりで出かけたならともかく、ズームレンズを持ち出しているのに交換するのかよ、 みたいな感覚もありまして「どうせ楽するならもうちょっと長い方がいいかな」と思ったのでありました。 余談ですが、私が今回ズームレンズを試したいと思った理由は「レンズ交換をサボりたい」ではございません。 「手振れ補正内蔵レンズ」の拡充を図りたい、と思ったからであります。 我が家のエース機・GH5Sにはボディ内手ぶれ補正が搭載されていません。 当ブログでは文句タラタラ書いてきましたが、この点についてはもう、吹っ切れた! 手振れ補正レンズを使っていこう、その一環として「ライカF2.8-4.0ズームシリーズ」も検討してみよう! という経緯でございます。 上で書いた「8-18mm F2.8-4.0には実は興味がない」理由は、これです。このレンズだけ手振れ補正非搭載なんですよね。 「広角ズームだから手振れ補正は不要」ってことはないですよ。 これを(写真メインと公言している)オリンパスがやるならともかく、パナソニックなら手振れ補正があっても良かったように思います。 動画では大いに役に立ってくれます。失敗した!?と思った時でも、素材が救われていることがありますので。 ところで、見た目というかGH5Sとの組み合わせは、こんな感じです。 控えめに申し上げて、かっちょいいですよ。 画質は「12-35mm/F2.8より良いんですか?」とお尋ねしましたら「大差ない(超意訳)」とのことでした(笑 P_20180303_145924_vHDR_Auto 使用感を動画で押さえてみました。参考になるかは分かりませんが。

LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm / F2.8-4.0

パナソニックブースでも人気があるようで、私の手元に回ってくるまでに少しの時間を要しました。 限られた時間でホクホク試させていただきました。 動画も撮ったんですけれども、人の顔がバーンと映っていたりしたのでそちらは掲載しません(笑 5月発売、価格はヨドバシ価格で約22万円のようです。 これはちょっと欲しいかな。 安いですよねえ。金銭感覚が吹っ飛んだ書き方ですね(笑 でも、5月発売ならロケの可能性も視野に入れることができますから、仕事で使えば元がとれそうな気がします。 見た目はこんな感じです。 GH5Sとの組み合わせは実に良いです。スマートでかっちょいいです。 望遠レンズ特有のバズーカ的な仰々しさがなく、私のような手持ち街スナップ人間には実にマッチしています。 P_20180303_145059_vHDR_Auto

おまけ「オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0PRO」

余談になりますが、オリンパスブースにも行きました。 私が求めるところの「手振れ補正内蔵」「換算70mmよりちょっと長めの焦点距離もカバーするズームレンズ」 といったあたりの条件を考えたら、オリンパスの12-100mmも候補になるかな?と思ったのです。 パナソニックボディとの相性(特に手振れ補正について)も気になりましたので、 挙動を試させていただきました。 動画も撮りましたが、これでは全然分かりませんね(笑)まあこれは再生しなくていいです。

今回はこの辺で

パナソニックブースを色々見て回っていますと、動画編集ソフトの展示もありました。 EDIUSですね。私は触ったことがありませんが、パナソニックが推奨しているのでしょうか。 もしかしたらGH5Sにバンドルされていたのか?と思ったのですが、そうではなかったようで。 vlcsnap-2018-03-21-22h17m03s908 50-200が欲しい!と思ったのですが、その前に4K60pをサクサク処理できるパソコンを買うのが先かなあ… などと考えてしまいました。 次回もCP+2018関連記事の予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

CP+2018の会場に入りました

CP_-2.jpg 今年のCP+は既に終了しております。当ブログはそれを思い出しつつ記事にしてまいります。 前回の記事は「CP+へ行く前にソニーショールームに寄った」という内容でしたが、 今回から横浜みなとみらい・パシフィコ横浜の本会場をネタにしてまいります。 3回を予定しておりますが、短縮するかもしれません(笑 vlcsnap-2018-03-10-22h04m05s096

会場の雰囲気で思ったこと

「CP+2018」は、過去最高の動員数だったそうですね。実にめでたいことです。日本のカメラ技術よ永遠なれ。 ただ、会場を見る限りはカメオタ、失礼、ハイアマチュアばかりで雰囲気は例年通りでした。 CP+の遅まきながらの「一般層の取り込み」は今のところ成功しているとは思えません。 小さな子供が会場を走っているところを一度だけ見ましたが、そういう風景が「当たり前」になるなら雰囲気は変わるでしょうね。 「いやCP+はハイアマチュア向けの祭典なんだ、女子供はすっこんでろ」という意見もあるだろうとは思いますが、 私は「『新製品に頼らず人を集めたいなら』ハイアマチュアファーストの雰囲気は変えるべき」と思っています。 ハイアマチュアファースト、その象徴が「各ブースのコンパニオン撮影」です。 ブース前でパンフレットを配る女の子にフリフリの衣装を着せて、カメオタを集める。 私も以前はそれを撮らせていただいたりしていましたが、ここ数年素通りです。 今年はこれひとつ。マウスコンピュータブースで撮らせていただいたものです。 背景がぼけていませんね。「GH5S+LUMIX G X 35-100mm F2.8」で絞り開放で動画を撮り、フレームを切り出しました。 vlcsnap-2018-03-10-22h05m14s347 元になった動画はこちら。スローにして音声をカットしています。

みなとみらい駅からCP+です

かつての「フォトイメージングエキスポ」もそうでしたが、最寄り駅はカメラ・写真関連メーカーの広告で埋め尽くされます。 今年もみなとみらい駅構内はハクバの広告が、駅改札外ではキヤノンの広告がどどんと目立っていました。 vlcsnap-2018-03-08-19h30m52s246 元になった動画はこちら。スローにして音声をカット(以下略 今年のCP+は天候に恵まれました。 数年前に大雪で会期中1日中止、ということがありましたが、やはりこういう時は晴れてくれないと! vlcsnap-2018-03-08-19h31m22s359 元になった動画はこちら。スローにして(以下略 会場入りします。今年は目当てのブースがありました。 そのあたりは次回の記事でゆっくりと。 vlcsnap-2018-03-08-19h33m30s009 元になった動画(以下略 相変わらず華やかな会場です。見どころだらけ。 カメラ趣味・写真趣味の方なら行って後悔することはないのでは? こちらはリコーブースです。 360度カメラ「THETA」の試し撮り用ということですね。 vlcsnap-2018-03-10-22h03m29s143 元(以下略

今回はこの辺で

この記事を書いているのは3月11日。会期終了して既に一週間が過ぎています。 今更こんな記事に意義があるのか?と思われた方がさぞかし多かろうと想像いたしますが、 私がこの記事で「速報性」に重点を置いていないことは記事本文から明らかであります。 五年後、十年後に見返したとき「ああ、この年はこんなだったっけね」と見返すことができる。 私のブログの力ではなく、写真なり映像の力というのは、そういうものなのではないでしょうか。 次回は機材ネタです。CP+2018のブースを巡っての感想です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

CP+2018へ行く前に、銀座ソニーショールームで新製品「α7III」実機を触ってきました

CP_-1.jpg 気が付いたら日にちが経ってしまっていますが、CP+2018関連シリーズとなります。 1回目の今回は、横浜みなとみらい・パシフィコ横浜のCP+会場風景…ではなく、 CP+に向かう前に立ち寄った銀座ソニーショールームで撮った写真を掲載します。 主役は新製品「α7III」です。ローマ数字の「III」は、当ブログでは便宜上アルファベット大文字の「I」をみっつ並べます。

どうして銀座なのよ

さて。CP+会期中の、しかもこの日は土曜日です。 なぜ私は会場へ直行せず銀座に寄り道したのか。 もちろんα7IIIをゆったり触るためでした。 α7IIIは今回のCP+で初お目見えの新製品では最大の話題になるだろう、と私は予想しました。 会場だとハンズオンで1~2時間ぐらい待たされたりするのかも?などと考えたわけです。土曜日だったし。 実際、来場者投票ではカメラの部でいちばんだったようですので、あながちハズレというわけでもなかっただろうと思います。 で、私はそれを避けようと思いました。 カメオタ、失礼、ハイアマチュアはこぞってCP+に行くだろう、だから逆にソニーショールームに「α7III目当てで」足を運ぶ人は少ないに違いない。 そう思ってCP+会場の前に銀座へ行ったのでした。 結果オーライ、αショールームはスカスカで、それでも多少は人が集まっていたα7IIIでも、数分待って触ることができるようになったのでした。 え?説明員がいないだろ、って? 説明員さんがいないならいないで、実機に触れれば満足ですよ。操作系も知らないわけではないし(笑 αユーザーの聖地・銀座ソニービルは現在は建て替えのため取り壊し。 ソニーショールームは銀座四丁目交差点に面した「銀座プレイス」に移転営業しています。 で、私は新生銀座ソニーショールームへ初めて行ったわけですが。 α、てかカメラのスペースが広く確保されてて良かったですよ。 あれはアイボだったのかな?来場者はそっちに集まっていたようでした。 P1000787

α7IIIの感想

それで、α7IIIの感想ですが。 AFがすごくなったとかAF追従連写秒間10コマとか色々あるようで、それで価格がヨドバシ価格で約25万円。 「日本よ、これがベーシックモデルだ」と言われてしまうとベーシックモデルのハードルが爆上げしてしまうわけですが、 とりあえずそこは置いといて、私の興味はやはり動画であります。 4K30p!まあこれは当然か。むしろ次に出てくるであろうα7SIIIで4K60pとなるのでしょうね。 この点は4K60p慣れしてしまった私としてはちょっと残念。でも「ベーシックモデル」ですからね、しゃあない。 動画ISO感度最高102400!これは良い! α7IIIの拡張感度最高はISO204800ですがそれは写真撮影時のこと。動画ですと一段落ちてISO102400までではありますが、 私の用途(ISO8000~12800を常用)だとこれで充分! ちょっと試してみましたがじゅうぶん使えます。α7SIIに見劣りしません。 HLD(ハイブリッド・ログ・ガンマ)対応というのもポイントですね。α7系ではα7RIIIに続いて2機種目となります。 あと、手振れ補正もちょっぴり進化したようなことが(報道では)書かれていますね。動画でも改善されているといいなあ。 うーん25万円かあ。悩むぜ! そんなわけでα7III良いなと思いました。欲しいと思いました。 ただ、喉から手が出るほどの、例えばα7SIIやGH5Sを手に入れたいと思った時のような「恋焦がれて…」というほどではなかったです。 α7IIが我が家にあるからでしょうね。 α7IIは名機ですから。α7SIIのサブ機としてジオンはあと10年戦える! P1000781

FE24-105mm F4G

α7IIIは良いなあと思いつつ、それでもα7SIIIも見てみたいと思いつつ、 購入はちょっと考えてからにしようと思いつつ。 でも、α7IIIにくっついていたレンズ「FE 24-105mm F4G」は欲しくなってしまいました。 これ良いですね。初めて触ったんですけど、私の現場はこれ1本で完結できるようになるのではないか? 正直今まで興味がなくスルーしていたので今回初めて値段を知りました。ヨドバシで16万円ですか。 おいおい高いなソニーさん P1000780

今回はこの辺で

そんなわけで、α7IIIとFE24-105mm/F4の組み合わせにほっこりしながら銀座を後にしたのでありました。 さすがに今回は発売日にゲット、というわけにはいかないでしょうね。 お金もないですしそこまでの欲求もない。半年後には分からんけどね。 GH5Sは大満足して使っておりますが、我が家のソニーα軍団ももちろん健在です。 続報を待てい!(笑 次回は横浜入り、CP+2018の会場へ向かいます。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1000788
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事

パナソニックのデジタルカメラ「LUMIX GH5S」にパナソニック「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2」を取り付けて、横浜みなとみらいを撮り歩きました

GH5S-17.jpg パナソニックから発売されている動画ファーストの一眼カメラ「LUMIX GH5S」関連エントリです。 GH5Sについて基本的な特徴(とは言っても私にとってはほぼ「高感度」だけですが)を押さえた後、 特定のレンズ1本を使って撮った動画を掲載する趣旨で記事を掲載しています。 今回は「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2」通称ノクチクロン。 換算85mmでF1.2、我が家のマイクロフォーサーズレンズの筆頭格であります。 今回も動画主体で記事を作成します。 記事内の写真のうち風景のものはすべて、カメラで生成した動画ファイルから切り出したものを加工せずそのまま掲載したものです。 この方法にはたと気付いて以降、写真をほぼ撮ることがなくなりました。 今後はどうなるか分かりません。マイブームみたいなものです(笑

ひとつのレンズをフィーチャーして、その組み合わせで記事を書くシリーズ

今回は動画からまいります。みんなー!動画のじっかんっだよー! 閲覧する端末の最高解像度でご覧いただきますと、制作意図が伝わると思います。 さて、前回「F1.2ったってマイクロフォーサーズなんだからボケ量は知れてる」と書きました。 もちろん「対ラージセンサー機」の話ですが、舌の根も乾かぬうちに真逆のことを書きますね。 ノクチクロンはよくボケます(笑 もうちょっと丁寧に書いた方がいいか。 ノクチクロンは、マイクロフォーサーズのレンズの中では、ボカした撮り方を比較的容易に行える部類のレンズです。 何も考えずにカメラを向け、ピントを操作するだけでこの程度の雰囲気作りは可能です。 「大口径単焦点レンズの魅力」ですよね。 vlcsnap-2018-03-04-01h21m37s697 同時に、やっぱりマイクロフォーサーズのレンズでありますから、隅っこまでカリッとした描写を得ることも楽に行えます。 ピントをしっかり合わせれば、とてもシャープな映像を撮ることが可能です。 vlcsnap-2018-03-04-01h20m34s547 間合いの取り方などを考えれば、全部にピントが合っているように見えて、それらがざわざわと動く映像にもなる。 4Kの力を発揮できる、ということになるのかもしれません。 vlcsnap-2018-03-04-01h20m56s753

で、この組み合わせの感想はどうなのよ

「GH5S」とノクチクロンとの組み合わせは、どうだったのか? 格好いいです。カメラもレンズもしっかりしていて、撮っている感がものすごくありますね。 「所有する喜び」もガンガン刺激してきます。 ライカレンズいいねえ。この勢いで12-60mmが欲しくなっちゃったよ。 あと、ノクチクロンは手ぶれ補正機構を内蔵したレンズですから、手持ちで揺れの少ないスナップ動画撮影が可能です。 この意味でもGH5Sとの相性は抜群に良いです。 何より、撮っていて楽しいコンビであります。 P1080180

今回はこの辺で

今回の動画、実は使ったレンズはノクチクロンだけではありませんでした。 このカットだけは「LEICA DG SUMMILUX 12mm F1.4」を使いました。 ひとつ前のカットをどうしても入れたくて、だとするとこのカットも入れて説明したい! という欲求に屈したのであります(笑 言行不一致ですね。すみません。 vlcsnap-2018-03-04-01h21m21s553 ところで我が家には「中望遠マイクロフォーサーズ単焦点レンズ」というのはいくつかあります。 42.5mm/F1.7 , 45mm/F1.8 , 60mm/F2.8マクロ , 75mm/F1.8… この先これらのレンズが登場するかは分かりませんが、もし登場するなら画角の違い以上に「味の違い」を感じられるものなのかどうかぜひ撮ってみたいものです。 でも、ノクチクロンがいちばん結果を出せそうな気がするなあ。 GH5Sとの組み合わせは使い心地がとても良いです。 これはおススメできるんじゃないかな!? 次回はGH5Sの話題から離れる予定です。 またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。 m(_ _)m P1080179
今回の
撮影機材
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
関連記事