ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > パナソニック「LUMIX GM1」その12 「LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8」で丸の内
関西旅行から帰ってきて以来、ずっと銀座~有楽町~丸の内ばかり撮っています。
しかも街の様々な様子を撮るならともかく、同じ所から同じ構図ばかり(大爆笑
いや失礼しました、いずれどなたかから壮絶なツッコミが入るだろうと見越して守りに入ってしまいました。

今回はパナソニック「LUMIX G X VARIO 35-100mm F2.8」を使った写真を掲載します。
このレンズはトータルバランスでも優れた名レンズだと思います。
唯一「対抗馬になる」とされていた「オリンパス 40-150mm F2.8PRO」がはるかに巨大になる見通しになったため、
逆にこのレンズの「ポケットに入る70-200/F2.8」という地位は安泰となりました。
買いだと思います。実際値段もほとんど下がっていません。市場の評価も上々ということであります。
EP550042

という訳で今回もそそくさと写真を掲載していきます。
これはどこのショーウィンドウだったっけかなあ。オパキューかな?
P9990698

動画でも採用したシーンです。
ここで見て欲しいのは逆光耐性…ではなく、夕日の美しさです(笑
いや、どちらも見てください。ド逆光でもゴーストもフレアもほとんどありません。夕日も綺麗です。
P9990663

圧縮効果が目に見えて感じられる写真です。
F2.8ズームであるという、しかもポケットサイズである、ということが返す返すも驚異です。
P9990674

実はこの写真だけトリミングです。すみません。
構図を考えたらどうしても周囲に余分なスペースがあり、それを切り落としました。
トリミングしたことが(カミングアウトしなくても)何となく「?」という感のある写真ですよね。
手前の女性にピントを合わせたとしたら、どういう焦点距離で撮ったにせよ向こう側の通行人はこんなに雑にはボケないはず、
というわけです。
P9990682

丸の内は、新宿には及ばないまでも高層ビルの集積地です。
例えば浅草ビューホテルから都心方面を眺めた時、高層ビルが集まっているから「ああ、あれが丸の内か」とすぐ分かるレベルです。
新宿西口の高層ビルに比べてせせこましく密集して道路の両脇に並んでいるのが特徴であり魅力ですので、
道路の脇のビルは両サイドとも写真に含めるのが、丸の内の高層ビルを見上げて撮る際のセオリーだと思っています。
というわけで、この写真はダメ写真です(笑
P9990709

今回はこの辺で。
パナソニックは望遠ズームが大好きで、特に「45-175、45-150、45-200」など、そんなに必要かい?みたいなラインナップを揃えています。
その中に35-100も存在するというわけですが、もちろんその中でF2.8通しはこのレンズだけ。
どうです、欲しくなりましたか?(笑
実際、「GM1」「12-35」「35-100」のセットで持ち歩くと、もうこれで何でも撮れるのではなかろうか、という錯覚すら覚えます。
というわけで次回35-100での丸の内行脚後編です。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
P9990699

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/991-f4057191