ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > パナソニック「LUMIX GM1」その9 ポップ秋葉原

パナソニックのレンズ交換式デジタルカメラ「LUMIX GM1」関連エントリとなります。
GM1のカメラとしての性能もさることながら、カメラ内エフェクト機能も充実していてこれまた楽しく使うことができる、
というわけでここ数回の記事でモノクロやらブリーチバイパスやら試してきました。
今回はちょっと雰囲気を変えて「クリエイティブコントロール・ポップ」を使います。
それに似合う場所は…と考えて、ふた駅ほど移動しました。秋葉原であります。
P9990640

「クリエイティブコントロール・ポップ」とは、彩度を上げて原色強調、ビビッド感マシマシにするモードでして、
オリンパスのアートフィルターですと「ポップアート」、
ソニーのピクチャーエフェクトですと「ポップカラー」と、
いずれも搭載されている各種エフェクトのうち、筆頭格の扱いを受けています。
もしかしたらカメラ女子には人気のエフェクトなのかもしれません。
ただ、私としてはちょっと縁遠く感じている効果でして、当ブログでもポップ系のエフェクトを使用したことはほとんどありません。
まあそれでも「ポップ系が嫌い」というわけではありませんので、せっかく思いつきましたので今回は使ってみようと思います。
P9990642

私としては「赤が鮮やかに出るエフェクト」という印象を持っています。
飽和(一定以上の階調がつぶれてしまってのっぺり塗りつぶしたようになる)が起こりがちですが、それが魅力だとも言えます。
P9990646

さて、どんなものを撮ればいいんだろう。
慣れないエフェクトですので被写体選びにもちょっと考えてしまいます。その試行錯誤も楽しいっちゃあ楽しいのですが。
P9990652

道路や窓ガラスや空などは普通なのですが、看板やTシャツなどがえらくカラフルでハデハデですよね。
ポップのせいなのねそうなのね
P9990653

緑も派手に見える、かな?
いや、コトブキヤの緑色は、まあこんな感じか(笑)
余談ながら、思いっきり斜めってますけれども、一応理由がございます。
ダンボーと「KOTOBUKIYA」という看板を同時に入れようとしたら、どうしてもこうなってしまいました。
P9990649

蛍光灯の緑かぶりを上手におさめることができませんでした。
ポップのせいではありません(笑)とっさに構えてダラララと設定を変えるだけでは追いつかなかったのです。
P9990648

これを撮っていて思いました。今更かもしれませんが。
お台場ガンダムとかも、ポップで撮るとトリコロールカラーが映えて美しいのではなかろうか!?
P9990659

今回はこの辺で。
「クリエイティブコントロール・ポップ」にして秋葉原をちょっと歩いただけでした。撮影自体も特に気を使ったものではないですね。
ゴーゴーカレーと吉野家の写真なんて、左下におっちゃんの頭が見切れてますし(笑
構図などもあまり考えずに撮り歩いてしまいました。それが露骨に写真に出ていますね。
それもまたスナップ撮影の醍醐味なのだろう、と思いながら撮り歩いておりました。
ただ、ポップについては機会をあらためてそのうちまた挑戦してみます。
秋葉原では終始使いドコロを掴めなかったのですが、何となく分かったような気もするのです。偉そうな書き方ですみません。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
P9990656










今回の
撮影機材







関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/987-544ae71e