ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > 「関西旅行2014」その11 続・大阪城公園
関西旅行2014年編、第十一回となります。
第一回で、どこへ旅行するか、いや本当に行くのかと悩んだ末に東海道新幹線に乗り込んで名古屋に至り、
第二回で、短い滞在時間の中で名古屋駅前でブログネタを探ることを試みて、そして近鉄特急で大阪へ向かうところまで、
第三回で、近鉄難波駅に無事到着、そこから色々行って千日前に行き着くところまで、
第四回で、徐々に暮れ始めた頃に法善寺横丁に入り、その風情を楽しむところを、
第五回で、道頓堀にずらりと並ぶド派手なオブジェ看板の競演を、
第六回で、かの有名なグリコ看板を撮るべく夕涼みがてら道頓堀川のほとりの遊歩道に降りて過ごしたところを、
第七回で、道頓堀を離れて心斎橋まで歩き、そこから御堂筋線に乗ったというところまでを、
第八回で、中之島の、公会堂を中心にライトアップされた景色を撮るところまでを、
第九回で、ようやく宿にチェックイン、宿の紹介や、GM1の使い心地などに簡単に触れたりなど、
第十回で、翌日朝から大阪城公園に勇んで訪れたことを
駆け足ながら掲載してきました。
今回も大阪城で過ごした時の写真を掲載してまいります。

内堀です。
前回の記事では巨大な外堀の写真を掲載しました。それに比べたら規模は小さめです。内側にあるんだからしょうがないんですけど。
でも、その深さはすごいですね。覗きこむとおしっこをちびりそうです。
P9990386

本丸に入ります。天守閣や豊国神社があるところです。
そこにひっそりとこんな建物も立っています。第四師団司令部です。
昭和初期に市民の寄付で天守閣再建と同時に建設された建物で、奇跡的に戦火を逃れ(!)、
戦後は警察本部→博物館として使用されていましたが共に移転、現在は公開されていません。
P9990391

建物に入ることは出来ませんが、すぐそばまで近寄ることができます。
ここで少しの間写真を撮っていて、ふと窓の中の照明がついていることに気付きました。
一般人は入ることができませんが、事務所か倉庫か何かで使用されているのかもしれません。
P9990399

クリエイティブコントロール・ブリーチバイパスで撮りました。
このようなずっしり感のある建物とは相性が良いのではないかと思います。
P9990396

この日はあまりの暑さで、真夏の屋外ロケでもびくともしない、暑がりのくせに意外に夏には強いはずの私でしたが、
日陰に入るなどの注意をせずに構わず歩き回っていたのが悪かったのでしょう、見事に熱中症の症状が出ました。
途中、しんどいなと思ってはいたのですが、本丸まで来てついに歩くことができなくなりました。
やばい、と思って手にしたのがアイスクリームです。このように熱中症とは人間の判断力をも鈍らせるのであります(笑
まあ本当に熱中症だったかは分かりませんが。でもこの時は本当にキツかったなあ。倒れるかと思いました。よく帰ってこれたなあ。
P9990401

体温を下げればいいのか!?建物に入ればいいのか?と思い、天守閣に入ろうと思ったのですが、入り口で大行列になっていました。
さすがにあそこに立って並ぶのは無理、と泣く泣く諦め、木陰でアイスと飲み物で頭痛などと戦う羽目に。
余談ですがその行列や周囲の観光客はほとんど中国人や韓国人のようでした。売店に群がるのも中国韓国人の旅行者です。
また、上の写真のアイスの売り子さんは東南アジア系の青年でした。
東南アジア系の人が売るアイスを、中国人が買う。もちろん問題は無いのですが、ここには日本人がいないのか!?とは思いました。
P9990406

熱中症の症状に慣れていない私はとてもキツくて、これはダメだ、涼しくなるまで動けないかも、とベンチでへばっていました。
が、人間何とかしようと思えば何とかなるものらしく、下まで降りて(本丸は高台の上にある)ビジネスパークのビルで涼もう、
と気持ちの中で目標を立てると、不思議と歩くことができるのですね。
…と思ったのも束の間、再び限界に達し、地面にしゃがみ込むと「何事だ!」ということになるのでそれもできず、
朦朧としながらこの橋を渡ったのでした。ちなみにこの橋は極楽橋といいます、本当に極楽に行くかと思ったよ(笑
EM170080

今回はこの辺で。
本当に熱中症だったかどうかは分かりませんが、症状が出たのは事実です。きつい思いをしたのは間違いありません。
そんな中でよく呑気に写真なんか撮っていられたな!?とお思いかもしれませんが、
皆さんもカメラ持ったら意外に歩けるものではないですか?木口小平、死んでもラッパは離しません。
関西旅行編はまだまだ続きます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EM170077

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/975-f9d6087c