ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > 「関西旅行2014」その10 大阪城公園
関西旅行2014年編、第十回となります。
第一回で、どこへ旅行するか、いや本当に行くのかと悩んだ末に東海道新幹線に乗り込んで名古屋に至り、
第二回で、短い滞在時間の中で名古屋駅前でブログネタを探ることを試みて、そして近鉄特急で大阪へ向かうところまで、
第三回で、近鉄難波駅に無事到着、そこから色々行って千日前に行き着くところまで、
第四回で、徐々に暮れ始めた頃に法善寺横丁に入り、その風情を楽しむところを、
第五回で、道頓堀にずらりと並ぶド派手なオブジェ看板の競演を、
第六回で、かの有名なグリコ看板を撮るべく夕涼みがてら道頓堀川のほとりの遊歩道に降りて過ごしたところを、
第七回で、道頓堀を離れて心斎橋まで歩き、そこから御堂筋線に乗ったというところまでを、
第八回で、中之島の、公会堂を中心にライトアップされた景色を撮るところまでを、
第九回で、ようやく宿にチェックイン、宿の紹介や、GM1の使い心地などに簡単に触れたりなど、
駆け足ながら掲載してきました。

翌朝ホテルをチェックアウトして、さっそく移動を始めます。
今回は地下鉄を細かく乗って移動しています。長くても2駅先ぐらいで乗り換えます。
大阪の地下鉄は碁盤の目状に走っており、東京の地下鉄のようなショートカットこそできませんが最短距離を選ぶことが容易です。
というわけで、前回ちょっと触れた四つ橋線で一駅乗って、本町で中央線に乗り換えます。
写真はコスモスクエア行きですが、私が実際に乗ったのは逆方向の生駒行きです。
P9990346

本町から二駅乗って、谷町四丁目で降りました。
出口の位置の兼ね合いから谷町線のホームを通りぬけることになり、せっかくだからと谷町線も激写します。
P9990351

谷町四丁目で降りて、馬場町交差点を目指します。
この日は予報では雨だったのですが、当日になってみれば何の事はない、晴れました。
雲は多少残っていたものの、日差しが肌にチクチク刺さるほどの快晴です。
NHK大阪放送局と大阪歴史博物館のツインタワーを眺めつつ、目的地に進みます。
P9990357

そしてやって来ました馬場町、大阪城公園!私の母なる公園であります。
この風景を見た段階で暑さも忘れてウルウルしてしまった私ですが、気を取り直して歩き始めます。
P9990361

向こうの方には生駒の山々が見えます。正直私としては、天守閣が無くても、このお堀だけでもいいかも。
EM170063

そうかあ、今年は2014年ですもんね。
大坂冬の陣は1614年、夏の陣は1615年ですから、冬の陣から400年ですね。
私が子供の頃には「大阪築城400年祭り」というのがありまして、それが私の大阪城公園の原体験でした。
P9990372

大阪城公園は、徳川時代の城がベースになっています。この櫓も徳川氏によるものです。
豊臣時代の城郭は埋められたり土で盛られたりして、ひと回り大きな「徳川大坂城」を作った、という経緯があります。
大坂の陣で壊滅した大坂城を幕府の要衝として再建する目的があったのでしょうが、
豊臣の威厳を徹底的に潰す、という意志が働いたのだろうとは推察されますよね。
ということで、現在の大阪城で豊臣時代のものはほとんど見ることができません。
時折公園周囲の建設現場で豊臣時代の遺構が発見されたりして、大阪では新聞で大きく扱われもします。
EM170064

天守閣です。とても美しいと思います。
世間的には「鉄筋コンクリート製の天守プギャー」とか「エレベーター付き天守プゲラッチョ」みたいに言われることもありますが、
私にはとても美しく見えます。このお城で充分です。
EM170069

この写真をどこから撮ったか分かった方には!別に何も差し上げませんが(笑)
石垣の上に用意された休憩所から撮ったのです。
P9990415

今回はこの辺で。
関西旅行編はまだまだ続きます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
P9990381

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/974-15a08242