ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 日記・時事・業界 > ボーナスどうする?
今回は写真なしです。

今年も夏の賞与シーズンがやってまいりました。
うちの会社は賞与の金額が小さくて世間的には「本当にボーナスなのそれ?」程度のものなのですが、
このご時世、いただけるだけでもありがたいと思うべきなのでしょう。

で、それを今回は何にぶっ込むか。
私としては事実上の二択となっています。

●ソニー α7S
●パナソニック Lumix GH4

さて、どちらもそれぞれの良さがありまして、正直両方とも欲しいところなのですが私のような赤貧チルドレンにはそれは無理、
どちらか一方しか無理なのですがこれが難しいのです。
この2機種は、そもそも売りになる機能が違います。
しかし共通して言えることが「動画重視」
ですので自分がしたいこと、欲しい機能が何なのか、よくよく考えてどちらかに決めようと思いました。
以下、それぞれの機種に感じている魅力をリストアップしてまいります。
動画撮影を前提にした比較となります。

ソニー「α7S」
nophoto
今回検討しているうちの「本命」にあたります。
まさしく時代を開く歴史に残るカメラだと思うのですがどうでしょう。
欲しい機能は以下のとおりです。

1:高感度。
 α7S唯一にして最大のセールスポイントです。 
 最高ISO感度が拡張とはいえ409600と。これはD4Sに並ぶ業界最高値となるわけですが、もちろん私はISO409600を使いたいのではなく、
 あくまでも「画質が底上げされて実用レベルになったISO1~2万あたり」を使いたいということなのです。
 現状で、ISO1600 - 1/30秒だとちょっと暗いな、ISO3200を使いたいな、という状況が多くてですね。
 OM-Dでは画質的に厳しいのです。E-M1はもちろん、E-M1よりも綺麗に写るような気がするE-M5/E-P5でも無理です。
 α99だと何とかなるかもしれませんが、それはそれで欲をかいて「1/60で撮りたい」とか思うものでして。
 ですので、「ISO6400 - 1/60秒」という設定で回したいのです。ちょっと余裕を持ってあと一段程度かな。
 つまるところ、私としてはせいぜいISO12800ぐらいで夜景撮影した時に解像感が維持できていれば良いのです。
 こんなのα7Sなら余裕ですよね?

2:XAVC-S。
 動画ファイルの形式って、拡張子だけ見ても「.avi」「.mov」「.mts」など、色々ありますよね。
 で、それらの拡張子というのは画質の優劣には直接つながるものではありません。
 動画ファイルはコンテナ式、と言いまして、「映像データ、音声データ」をパッケージしているに過ぎず、
 画質の良し悪しではなくあくまでもパッケージの形だけの問題、なのです。
 で、中身の映像データの画質ですけれども、圧縮率、ビットレート、アルゴリズムなど色々な要素が絡み合っており、
 これの解説は私の理解の限界を超えますので稿を改めます。
 ともあれ私はα7Sで採用されているファイル記録方式の一つ「XAVC S」に興味津々でして、
 AVCHDよりもサポートしているビットレートが高い=単純に「AVCHDよりさらに画質が綺麗!」という期待をしています。
 LONG-GOPという圧縮手法がどんなものなのか気になりますが、高圧縮・高ビットレートってことは画質面では期待が持てますね。
 その分ファイルサイズは大きくなり編集も大変になるのかもしれませんが、それは試してみてのお楽しみということで。

3:充電池2個入り、しかもα7Rと共用。
 これ、けっこう大きいと思いませんか?特に「共用」の部分が。
 α7Sには充電池2個に充電器までついてきます。電池はNP-FW50と、α7Rでも使用しているものと同じです。
 仕事で現場入りした時に、電池が共用だと何かと助かります。
 「おっ、そろそろ電池交換だな」と思った時、α7Rを使っていてもα7Sを使っていても同じ巾着袋をあさればいいわけですよね。
 些細なことのように思えますが、機種ごとに電池が異なるのは意外に不便な場合があります。
 私の場合、現場で荷物をトッ散らかすことが多いもので、充電池にせよレンズにせよ共用できるのはありがたいのです。
 まあ慣れなんですけどね。
 PENシリーズを使っていて「BLS-1」に慣れていたところにOM-Dで「BLN-1」に切り替わった時、ちょっと不便さを感じました。
 今となってはE-P5も「BLN-1」に移行しましたのでそちらに統一され安定運用できています。
 趣味の街撮りでも、複数のボディを持ち出す場合には電池基準で機種選定することもあるという(笑
 電池は共通の方がいい、肴は炙ったイカでいい。

パナソニック「Lumix GH4」
nophoto_olym
今回検討しているうちの「対抗馬」にあたります。
このカメラもミラーレスの先駆者たるパナソニックの挟持が見える会心の一品であります。
期待する機能は以下のとおりです。

1:4K動画に代表される超絶解像度
 一眼動画初の4K対応、後発のα7Sでも4Kを撮影してデータを出力するだけなのに、こちらは普通に録画できます。
 何?4Kモニターなんて使う予定が無いだと!?ぬは、ぬは、ぬはは。
 普通のモニターでも充分解像感を味わうことができるのだ。
 何?YouTubeに上げるのに4Kなんて関係ないだと!?ぬは、ぬは、ぬはは。
 パナソニック公式のGH4で撮影した4K動画を、4Kではない環境で見てみるといい、不思議なことにこれが違って見えるのだ!

 本当に不思議!4Kモニターを使ってないのに4Kの凄さが伝わる!パナソニックは動画に何か小細工してるだろ絶対!
 決してメーカーの回し者ではないのですが、今からテレビを買い換えるなら4Kの値下がりを待つべきだと思います。
 この解像感が今までの動画では味わえなかったものなのです。これは本当に欲しいです。

2:動画ファイルからのスチル画像切り出し
 パナソニックのGH4スペシャルサイトのキャッチフレーズが格好良かったです。
 「このカメラにシャッターは必要か?」
 いや必要だろ、と思うべきところなのですが、確かにシャッターボタンは要らないかもなあ、と思ってしまいます。
 この機能があれば、写真では難しい決定的瞬間も「録画し続けて、そこから切り出す」ことで容易に実現します。
 もちろん動画からの切り出しですから全てのフレームが「写真として使える」とは思いません。
 が、1コマぐらいピシっと止まったコマがあるのではないでしょうか?知らんけど。
 4Kから切り出すのですから800万画素の写真ができますよね。私としては充分です。

3:我が家のマイクロフォーサーズレンズを使える
 これは上のα7Sとの比較になってしまうのですが、Eマウントのレンズは我が家には5本しかありません。
 一方のマイクロフォーサーズレンズですが、安いこともあって我が家にはいっぱいあります。
 ノクチクロンに代表されるような評価の高いレンズもある程度揃っています。身に余るコレクションです。
 これらをとっかえひっかえ使って4K動画を撮れるとは!胸が熱いな!
 やっぱりGH4の方がいいかな!?そんな気がしてきた!

今回はこの辺で。
どちらに手を出すことになるのでしょう。正直悩みどころです。本当にどちらも欲しい。
当初「α7Sに決まってるだろ絶対」と思っていましたが今やGH4が有力対抗馬、てか私の中では逆転しつつある勢いです。
結局どちらになるか、もし気にしてくださる方がいらっしゃるならば、後日の開封編をご期待ください。
もっとも「ボーナスバンザーイ、ナシよ」となって計画頓挫ということも充分にあり得ますので(笑
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

追記:どっちにするか決めました。あとは本当にボーナスが支給されるか!ですね!

今回の
機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/944-c4c1af0e