ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 「α99片手に自転車で堀切へ」その4 菖蒲水門の威容
2014/07/06 Sun 12:00 スナップ写真 | 写真 | ソニーα
自転車で堀切へ出掛けてきたシリーズ関連エントリ第四弾となります。
第一回で隅田川河畔・荒川河畔の様子を掲載しました。
第二回で堀切菖蒲園にたどり着き、第三回にかけてその様子を掲載しました。
今回は帰り道です。目にとまったものを撮ってきました。
自転車で移動というと何やらそれなりに格好いいものを想像される方もおられるでしょうけれど、私の場合、普通にママチャリです(笑)
そのママチャリで堀切菖蒲園を出て走っていましたら、こういう建物がありました。
DSC04735

この建物は「堀切菖蒲水門」という名前だそうで、荒川の隣を流れる綾瀬川に設けられた水門です。
水門系・建築物系サイト様では新しく綺麗でユニークな建物と紹介されていることが多いようです。
が、周囲の下町感からは浮いた印象すら持つ巨大設備で、曇り空ということもあってちょっと異様な雰囲気に見えました。
その雰囲気(というか私が得た印象)が伝わるような設定になるようカメラを操作して撮ったものです。
DSC04739

ちょっとググってみましたが、この水門は平成9年に完成したとの事です。
綾瀬川上流域は低地でもともと水がたまりやすく、その上「平成3年9月の台風による綾瀬川氾濫」が起こったのを契機として、
あらためて流域の広範囲で一体的な排水事業が行われた、という流れのようです。
上流で川の水を一時とめおく地下施設や荒川へ排水する施設の設備強化なども行われたそうです。
堀切菖蒲水門の役割は、この下流で合流している中川からの逆流防止、だそうで、そう聞くと大切な水門ですね。
異様とか書いてすみません。
DSC04731

今住んでいるマンションの近隣には隅田川が流れていて、その風景も私は好きでよく散歩に行きますが、
荒川はさすがにそれよりも川幅が広く、河原も広大な印象です。
これぐらい広くしておかないと洪水が起こるのか。川を舐めてはいけないのですね。
余談ながらこの堀切一帯、この写真は葛飾区側ですが対岸の足立区は「3年B組金八先生」のロケ地として有名でして、
詳しい方だと「あ、ここはあのシーンで出てきた場所だな」なんてことが分かるそうです。
DSC04743

下町名物なのでしょうか、イラストの街紹介看板です。同じようなコンセプトのものを墨田区でも見かけたように思います。
手作り感が良いですね。
DSC04744

空が適度に曇っていてちょこちょこ青空が覗いているという、このまま降らなければ私としては好きな空模様です。
川の向こうにスカイツリーが見えます。
DSC04741

今回はこの辺で。
全4回で堀切編は完結!と思っていましたが次回もまさかの堀切編、延長戦となります。
水門を撮った時のカメラセッティングのまま荒川対岸に渡っていきます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC04737

今回の
機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/941-0b5d8576