ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 動画・画像処理 > 「動画」その9 レインボーブリッジからの夜景とカメラ揺れについての雑談
2014/06/24 Tue 19:53 動画・画像処理
良い子にしてたかなー!?動画のじっかんっだよー!
キンキンケロンパのカチンコチン体操!オモチャへ行こ-!

というわけで動画の時間の時間がやってまいりました。
今回は先週公開した「芝浦埠頭」編の余り物未収録素材を利用して作成した夜景動画です。
ほぼ全編がレインボーブリッジ遊歩道「レインボープロムナード」上から撮影したものです。
さっそく出来上がった動画からご覧いただきたく思います。
街角動画 #09 レインボーブリッジ夜景(スマートフォンの方はこちらの文字リンクからもご覧いただけます)


揺れは動画の天敵

今回のテーマは「カメラを固定することの大切さ」です。
上の動画を通してご覧いただくとお分かりいただけたと思うのですが、終始映像がかすかに揺れ続けています。
実は、というか当然のことながらレインボーブリッジは常に揺れ続けています。吊り橋ですし。交通量も多いですし。
毎度おなじみコンパクト三脚「スリック・コンパクトII」を持ってはいましたが、高さが足りずに夜景を撮ることができませんでした。
カメラを手すりなどに置いて揺れ・ブレを抑えようと試みたのですがその結果?いや三脚を使っていても結果は同じか。
橋の揺れがモロに映像に出てしまったのです。
いや、モロではないですね。手ぶれ補正が効いていたからあの程度でおさまったのだ、とも言えます。
もし持ち出したのがα7Rだったら、手ぶれ補正が無い分より揺れ揺れだっただろうことは疑いありません。
とにかく帰宅後に見返すと素材がほとんど揺れ揺れで、これはしまった、失敗した、と思いました。
カメラを動かさないということを手すりに頼ったのが失敗だったかもしれません。
手持ち撮影の大きな揺れは「それを不快に思わせない編集」という手法があります。また、使い方次第で揺れ自体を演出に見せることも可能です。
しかし小刻みな揺れは不快な上に編集で何とかすることも出来ない、非常に厄介な存在、なのです。
カメラは大地に固定!それが出来なきゃ手持ち!あと、五軸手ぶれ補正!これですねやっぱり(笑)
EP576107

揺れを気にせずに動画を見るには

ともあれ、ユレユレ素材だろうが何だろうが、1本の動画に仕立て上げました。
で、臆面もなくYouTubeにアップまでしたのです。
このヘタクソ!この恥知らず!いやこんなブログやってる時点で恥なんか考えてませんって(笑
ユレユレ、というか小刻みに震えている、と書いたほうが適切なのかな?この動画を見る「コツ」というのがあります。
種を明かすと何の事はない、「小さな再生画面で見る」のであります。
こんな感じです。
YouTube埋め込みコードデフォルトのサイズ「幅560px」だとこんな感じです。

どうです?多少は震えがおさまっているように見えませんか?え?見えない?
EP576166

今回はこの辺で。
世間、てかαユーザー界隈はα7S発売で沸き立っている風でもありますが、私は完全に出遅れており、
しかもパナソニックGH4に浮気しそうな気配です。
いずれにせよ動画目的での入手ということになるかと思います。
余談ながら実は少し前に「Blackmagic Pocket Cinema Camera」、通称BMPCCの購入を真剣に検討していたのですが、
BMPCCで必須と言われている「ダビンチ」という映像編集ソフトが我が家のPCではスペック不足でうんともすんとも言わず、
PCから全部買い直すのはキツイな、ということでいったんお蔵入りということになっています。
映像を本気で扱い始めるとパソコンの高性能化が必須、これから4Kも見据えた環境をと考えますと正直頭が痛いところです。
まあ、しばらくは1080pで頑張ります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回登場した
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/929-a915cebd