ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 日記・時事・業界 > サイト宣伝用ポストカードを作ってみよう!
2014/06/21 Sat 23:50 日記・時事・業界

前回の記事で「初対面の方に対して自己紹介やサイト宣伝を目的として、プライベート用名刺を作ろう」ということを書きました。
で、色々思ったのですがプライベート用名刺というのはやはり宣伝や押し付け、つまり渡す側が満足するというだけであって、
受け取る側にメリットがあるようなものではあり得ないのではないだろうか、と思いました。

この問題に対する解決策はやはり「渡すモノのグレードを上げる」だと思っています。
あと「私自身のグレードを上げて名刺に価値を持たせる」という正統的な手法もあるのでしょうけれども(笑)
そのことはとりあえず棚上げしましょう。
とにかく「差し上げるものについて、より面白味のあるものを考案する」ということになると思うのです。

さて。
前回はその文脈で「綺麗な、受け取る側も『おっ!?』と思えるような名刺」ではどうか、という話をしました。
しかし同時に「それは私のセンスでは難しいよね」という趣旨のことも書きました。
ただそれは「名刺である」という事も大きい思うんですよね。カードケースを整理した時にあっさり捨てられてしまうような。
まあ別にそれでもいいのかもしれませんけれども、そこまで想像するとちょっぴり切ない(笑

ポストカードはどうよ

というわけでたどり着くところが「ポストカード」なわけです。
はがきサイズの紙に写真なりメッセージなりを入れる、ちょっとした写真展などでも「ご自由にどうぞ」ってやってる、アレです。
そういうのを名刺でやっているのを見かけることもありますけれどもそれについては前回やりましたので今回はサイズアップ。
本格的に大量生産するならばフォトプリント専業のお店に依頼するところですけれども、とりあえずここでは自宅で作ってみましょう。
プリンタはキヤノンのインクジェット中級機、用紙はお気に入りブランド・ピクトリコで作ってみます。

私は仕上がりに対して、色の再現性がどうとかそこまで厳密にコダワリを持ってはいないのですが、
写真用紙はあまりにも値段が安いものは「値段相応の仕上がり」だと思いますので避けるようにしています。
今回は「ピクトリコ・ホワイトフィルム」という、はがきサイズ20枚約1500円もする高価な写真用紙を使ってみました。
普段ですと自分用にすら躊躇するような贅沢な写真用紙なだけあって印刷結果は抜群に綺麗です。
上の写真ではそれが伝わっていないかもしれませんが、これを名刺代わりにすればインパクトもまた抜群、な、はず。
余談ながらプリンタ用インクは私はセオリー通りにキヤノンのものを使っており、「エコ何とか」みたいなインクは使っていません。
ここでも私なりの「純正主義」が現れているのかもしれません。サードメーカーのインクに対して別に意見はありません。
自然なチョイスをしているつもりですが、インクって本当に高いですね。しみじみ思います。
余談ですが用紙の角が欠けているのはホワイトフィルムの仕様です。表裏判別のため、だそうです。
春香さん「わたしだよー」
星井美希「かわいいねえ。別人みたいだねえ」
EP510919

オーソドックスにL判で

上ではコスト度外視でハガキサイズ高級用紙での写真を作ってみたのですが、やはりそれではツライですね。
何かあった時に取り出して「どうぞよろしくお願いします」ってやろうと思うと普段からバッグに入れて持ち運ぶわけで、
そうなるとやはり折れたり曲がったりヘタれたりもするでしょうし、そのたびに新しい綺麗なものと入れ替えることになりますよね。
となるとある程度費用も意識して製作しなくてはならない、と感じました。毎回ホワイトフィルムにインクジェット印刷はキツイです(笑

となりますと「そもそもハガキサイズじゃないとダメなのか?」と疑問を持つようになり、
結局「L判で充分じゃね?」と思い至るのであります。
家電量販店などに行きますと多くのメーカーから写真用紙がずらりと発売されているのを見かけますが、
家庭一般で写真用紙と言いますとやはりL判ですよね。それに次ぐのが倍のサイズの2L判のようです。
あとはA4が多いのかなあ。その他にはKGサイズってのもありますね。
KGサイズとはハガキサイズに似て非なるもので、厳密にはサイズが違いますが実質的にハガキサイズと呼んでいいような。
で、やはりその中で一番サイズが小さいからバッグに入れていても折れ曲がったりする確率が相対的に低く、
また持ち運び時に汚してしまって取り替えることを想定してもコストを抑えられる方がいいのでしょうから、
L判に目が向くのは自然な成り行きとも言えます。

自宅で作るとしても気軽にできますね。失敗しても痛くない痛くない!
やはりお気に入りブランド・ピクトリコのセミグロスペーパーという、表面がボコボコ加工されていることで何となく高級に見える写真用紙です。
私はもう随分とこればっかりな気がします。
ヨドバシなどでぜひサンプルに触れてみてください。
春香さん「わたしだよー」
星井美希「これまた古いところから引っ張り出してきた写真だねえ」
EP510915

今回はこの辺で。
何だかピクトリコの宣伝みたいになってしまいましたが単純に好みで選んでいるだけですので正直どこでもあまり変わらない…
と書きますとピクトリコの人に叱られてしまいそうです。
印刷結果が他に比べて良いように見えるからこそ多少割高でも使っているわけですので。だからオススメ!ということでひとつ。

記事の流れが「名刺サイズ→ハガキサイズの方が見栄えが良い→やっぱりL判最強」となっていて、
だったら自宅で刷るよりも印刷コストを下げる方法があるじゃあないか、という風に考えが広がっていきそうです。
次回はそのあたりのことを書くつもりです。というわけでこのシリーズ、まだまだ続きます(笑)
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EP510920










今回登場した
撮影機材






関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/927-fd1dfcc5