ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > 「初夏のレインボープロムナード」その2 徒歩でレインボーブリッジを渡る

前回に続きレインボーブリッジ遊歩道「レインボープロムナード」を歩くシリーズとなります。
芝浦側から橋を渡り始めた、というところから、今回は実際にお台場方面を目指して歩いていきます。
レインボーブリッジは二層構造になっていて、上の段が首都高台場線、下の段が一般車道・ゆりかもめ・そして遊歩道があります。
遊歩道は橋の両外側にあり、中央部分をゆりかもめと車道が走っていますので、Gメン'75のような歩き方はできません。
今回はノースルートと呼ばれる歩道、すなわち都心方面を眺めることができる側の歩道を進んでまいります。

今回はこちらのふたりも同行しました。
君たちにはちょっと長い旅路になると思うよ。
EP575843

首都高に乗っていてレインボーブリッジを渡り始めるとずっと上り坂になっていて、中間地点を過ぎると下り坂になりますよね。
当然ながら下層の遊歩道もそういう構造になっています。ゆるやかな坂道をのぼっていく感覚です。
EP575841

大丈夫?ついてきてるかな?
と思ったら意外に元気な様子でした。
EP575854

中央部分を過ぎると一気に下り坂になります。思っていたよりも急な下り坂です。
車道でも急に下りになるからでしょうか、このような注意喚起標識が延々と並んでいます。
歩道を自転車が通行することは許可されているのですがこの下り坂が危ないので運転は禁止、
台車に固定して手押しで進むことが義務付けられています。
入口の警備員さんはそのために(自転車通行を監視するために)いるのでしょうね。
EP575888

台場アンカレイジに到着しました。吊り橋部分はここまで。下り坂もここから先は緩やかになっていきます。
アンカレイジとは吊り橋両端からを支える巨大構造物でケーブルを固定するためのものです。
芝浦アンカレイジは陸地に接しており芝浦側出入口を兼ねていますが台場アンカレイジは海上にぽつんと突き出ているので、
出入口ではなく休憩所…だったようです。かつては。今は休憩施設も封鎖されて「ただ通り抜けるだけ」しかできません。
EP575869

レインボーブリッジの休憩所、封鎖されてます!(これが言いたかった)
EP575868

ここまで渡りました!写真を撮りながら、春香さんと星井美希に歩調を合わせながら歩きましたので40~50分ぐらいかかったかな?
いい感じに日が暮れ始めました。芝浦方面を眺めながら、思えば遠くへ来たもんだと感慨深いです。
EP575878

ほら春香さん、お仕事お仕事。
春香さん「うみっ!」
EP575903

というわけでレインボーブリッジを無事渡ったわけです。
これは楽しいです。開通当初は人気スポットだったはずなのが今はすっかり寂れています、が、写真目的ならその方が良いかもしれません。
行ったことがない方にはオススメです。行くなら晴れた日を狙いましょう。悪天候だと閉鎖されることがあるようですので。
最寄り駅はゆりかもめ「芝浦ふ頭駅」、芝浦出入口まで徒歩5分弱です。橋を渡りきる所要時間は40分程度だと思います。
しかしこれで終わりではないですよ!次回もレイボーブリッジ遊歩道編は続くのです。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EP575889



















今回登場した
撮影機材













関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/919-b4de18a3