ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 日記・時事・業界 > コントラストと露出補正
初心者向け、という体裁でウンチクを垂れる記事シリーズであります。
今回は「コントラスト」と「露出補正」について書きます。
ライトユーザーの方にご覧いただくことを想定して書いた文章ですので、タイトルを一見して「んなこと分かっとるわい」と思われる方は、
こちらのリンクから夢の国にいらっしゃいますよう(笑)。

どんな設定で撮っているのか?

ブログ記事についてやり取りをしていると聞かれることのひとつに「写真にどのような加工をしているのか」ということがあります。
それは私のブログの記事や写真に興味を持っていただけているということだと思いますので率直に光栄に思っています。
最近ちょくちょく聞かれる気がします。昨日も聞かれた、今日も聞かれましたね。中途半端な腕前でも何だか嬉しいものです。
で、その質問についてはありのままに「いや、JPEG撮って出しですよ」と答えるのですが、
「ではカメラでどのような設定をして撮っているのか」と重ねて聞かれることもあります。

デジタルカメラは本体の設定項目をいじると様々な色合いの写真を撮ることができますよね。
私はまさしく「その設定項目を色々と変更して」写真を撮っています。
カメラで設定をいじってその結果出てきた写真を、ウェブ閲覧に適するようにサイズを縮小して、ブログに掲載しているのです。

自宅でパソコンを使って写真の色や明るさを調節するということはあまり行っていません(ゼロではありません)。
RAW現像という、現地では素のデータだけを獲得しておいて後で自宅で色合いなどを仕上げる手法もほとんど行っていません。
ですので、興味を持っていただけて「こういう写真もいっぺん撮ってみようか」と思っていただけることが仮にあるとするならば、
それには特殊な機器や技能は不要で、カメラの設定をいじりさえすれば同じ写真を撮ることは可能であり、
そのことが当ブログの売りのひとつでもあります。
人気写真家になりたい!という欲求があるわけではないのですが(なれたらなれたでそれは幸せなことですが目標ではない)、
やはり「手法を真似たい、と思える写真家」というのは実力があるのだろうと思うし、
一般論として、やはり実力は身につけていきたいですよね。
「あんな写真を撮りたい」と思ってもらえるというのは一種のバロメーターではなかろうか、と思うこともあるのです。

設定する項目は突き詰めれば二つ。「コントラスト」と「露出補正」

で、「どのような設定を行っているのか」ですが。
私は「ソニー・α」と「オリンパス・マイクロフォーサーズ」を使用しており、その二つは当然ながら操作系統から設定項目まで異なります。
ですので、今回は「私がどのような設定を行っているか」を書きますが、操作そのものの手順を書くのではなく、概念で書きます。
カメラやメーカー固有の用語や操作方法は書きません。

上で「設定項目を色々と変更して」と書きましたが、突き詰めて言いますといじるものは二つです。
すなわち「コントラスト」と「明るさ」であります。
コントラストとは「最も暗い部分と最も明るい部分の輝度の差のこと(Wikipediaより)」だそうですがこれでは分かりづらいですね。
明るさとは文字通り「明るさ」なのですが一言で明るさと言っても色々な方法がありまして当記事では以下「露出補正」として扱います。
コントラストと露出補正のパラメーターをいじって、それを掛け合わせて設定を導き出して写真を撮っている、というわけです。
DSC07196

用語「白とび」と「黒つぶれ」

「白とび」と「黒つぶれ」という現象があります。
写真で「真っ白になっている部分」が白とび、「真っ黒になっている部分」が黒つぶれです。

それらは色のデータが白もしくは黒の塗りつぶし(自然界にそんなモノはないはずですよね)ですので、
デジタル時代においても忌避されがちです(表現の手法としての白とび黒つぶれの話は別の機会に)。
とにかく情報が塗りつぶされるわけですから細かい部分の描写もくそもない、という風にひとまずご理解ください。

この下で「白く吹っ飛ぶ」「黒くつぶれる」等の表現を使っていますが、この現象のことです。
「白とび・黒つぶれを回避するよう配慮して撮る」というセオリーを前提に書き進めてまいります。

カメラが普通に撮った時の明るさ設定

話を分かりやすくするために、写真ではなくカラーチャートを作ってご説明します。
また、単純化するために今回は色を絞って「白~黒のモノクロチャート」を使用します。
基準にもなるチャートはこちらです。
両端に真っ黒・真っ白を置き、その間を均等に近い間隔で中間色で埋めました。
中・中

高コントラストとは

コントラストとはウンタラカンタラありますが、どうも言葉では分かりづらい。
写真でも「これが高コントラストな写真だ」というのは何となく分かりますがそれだけでは説明しづらいのも事実です。
ですので今回はカラーチャートを使用します。
上のチャートを「高コントラスト化」したものがこちらです。
高・中
両端(真っ黒・真っ白)は変わりません。
また、中央の「中間グレー」も変わりません。
その上で、明るい色はより明るく、暗い色はより暗くなっているのがお分かりいただけると思います。
これが「高コントラスト」という状態です。
この簡易的なチャートでも、隣との差が大きいのが分かりますよね。
ですので実際の写真で見ると、被写体がクッキリして見えるわけです。
一方で「暗い部分をメインに据えた写真」だと明るい部分が白く吹っ飛びますし、
「明るい部分をメインに据えた写真」だと暗い部分が真っ黒に塗りつぶされてしまいます。
そのことにはもう少し下で触れますので。

低コントラストとは

お次は「低コントラスト」です。
低・中

こちらも両端(真っ黒・真っ白)は変わりません。
また、中央の「中間グレー」も変わりません。
その上で、明るい色が中間寄りに、暗い色も中間寄りになっているのがお分かりいただけると思います。
これが「低コントラスト」という状態です。
隣との差が小さいのが分かりますよね。
ですので実際の写真で見ると被写体はクッキリハッキリはしません。
が、暗い部分をメインに据えても明るい部分が白く吹っ飛ばずに色が残っていますし、
明るい部分をメインに据えても暗い部分が黒く塗りつぶされません。
この事にももう少し下で触れます。今は「標準」「高コントラスト」「低コントラスト」を見比べていただければ。

つまりコントラストとは?

長々書きましたが、要するにコントラストとは「クッキリ度合いの大小」をいじることであり、その傾向は
高コントラスト=「明るいところはより明るく、暗いところはより暗く、真ん中あたりはそれなりに」
低コントラスト=「明るい部分も、暗い部分も、真ん中あたりも全部それなりに」

というものです。
この違いは「どちらが優れている」というようなものではなく、写真の個性を決める要素のひとつに過ぎません。
が、適した状況というものはあるようで、例えば、
高コントラスト=明暗がクッキリしたモノクロ写真、光と影がハッキリ分かれているようなものを印象的に見せたい時など
低コントラスト=明暗差を出したくない写真、夏の海岸のような「明るい青空」「深い色の海」の両方を青く見せたい時など
などという使い分けがとっさに思い浮かびましたがどんなもんでしょうか。

被写体はクッキリ見える方がいいに決まってるじゃーん、だから低コントラストはダメ、と見えなくもないですがそうではありません。
「極端に明るい部分と極端に暗い部分が写真に同居する場合、コントラストを下げることで明るさを中央部分に近づけて、
 結果として両方とも破綻せずに見せることができる」
という効果を見込めるのです。
もちろん「高コントラストはドギツイ、もう少しソフトに見せてくれんかね」という場合もコントラストは低めが良いでしょう。

コントラストに明るさの概念を掛け合わせていくための「露出補正」

ここまでで「コントラストとは何か」を書いてきました。
そして「コントラストはクッキリ度合いの大小である」と書きました。
語弊が無いっちゃあ嘘になりますが、カメラをいじる上ではひとまずこの認識でいいです。

これに明るさという要素を掛け合わせていきます。具体的には「露出補正」を使用します。
コントラストで「写真全体のクッキリ度合い」を決めて、露出補正で「写真全体の明るさ」を決めます。
写真のテイストはこの「掛け算」で決まると言っても過言では…まあ過言なんですけど基本はそうなのです。
ここから下は「高コントラスト・低コントラスト」それぞれのチャートを明るくしたり暗くしたりして比較します。

おさらいですが露出補正とは、
「カメラはどんな場合でも無難な明るさで撮ろうとするので、『今だけ明るく(暗く)撮りたい!』と無茶振りをする」機能です。
カメラは露出補正をプラスにされたら「なるほど明るく撮りたいのね」と判断しISO感度・シャッタースピード・絞りを変更して対応しようとします。
また、露出補正をマイナスにされたら「なるほど暗く撮りたいのね」と判断しISO感度・シャッタースピード・絞りを変更して対応しようとします。
まあ、「明るくする・暗くする」という言い回しを格好良くしただけ、と考えて差し支えありません。

高コントラスト・露出補正プラス

さて、コントラストを高くして、その上で明るくするとどうなるか。
高・明
それぞれがクッキリ見分けがつく点は変わりませんが、もともと「極薄グレー」みたいな色だった「右から2番め」が白く吹っ飛びました。
実際は調整で吹っ飛ばないようにするのですが、とにかく「明るい方は真っ白になる」可能性が高くなります。
言い換えますと「白いものを白く写す」ことが得意ということになりますので、たとえば晴天昼間に帆船を撮る時には良いですね。

低コントラスト・露出補正プラス

お次は低コントラストのものを明るくしてみます。
低・明
上のチャートに比べて「明るくしても白く吹っ飛ばない」ですね。
明るい写真を撮る場合にはコントラストは下げたほうがいいのかもしれません。
背景で花や小物を撮る「女子カメラ的ゆるふわ写真」はこの設定が良いように思います。冒頭の花の写真が一例です。
あと、外で自然光を生かしたポートレートなども私はこれで撮りますね。

高コントラスト・露出補正マイナス

次は暗い方を見てみましょう。高コントラストで暗くしてみます。
高・暗
夜向けですね。ネオンやライトアップなどの色が印象的に立ち上がり、かつ、夜のどっしりした暗さも表現できます。
夜の街を撮る時に私はこれを常用します。
言うなれば当ブログのテイストはここに凝縮されているのかもしれません。

低コントラスト・露出補正マイナス

最後に低コントラストのものを暗くしてみます。
低・暗
これを私が使うとすればやはり夜撮りです。
私は夜撮る時には露出補正を下げ気味にしますが、
調子に乗ってコントラストを上げていると時として雰囲気がドギツく見えることがありますが、そんな時にはコントラストを下げるかも。
ただ、使う機会が少ないもので例が出てきません。こんど挑戦しますね。

というわけでコントラストと露出補正についてダラダラと書いてきました。長文にお付き合いいただきありがとうございます。
言葉の厳密な定義には触れないものの写真を撮る上でポイントになる部分は外していないつもりです。
が、ご意見ご感想ございましたらぜひコメント欄にお願いいたします。

次回からはちょっと長めの連載を考えています。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/917-9ae13c38