ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「αcafeユーザー限定新商品先行体験会」その2 α77II・RX100III・中井精也氏・魚住誠一氏
5/23の金曜日に銀座ソニービルで行われた「ソニー新商品先行体験会」へ行ってきた、という記事の第二弾です。
前回はフルサイズEマウント機「α7S」について書きました。今回は「それ以外」のことを書きます。
土曜日・日曜日の2日間でこのイベントの本チャンと言うか、とにかく大々的に行われるそうで、
その前日にあたる金曜日に人数限定で参加できたこのイベントは、言うならば土日のリハーサルを兼ねていた事になります。
中井精也氏はセミナーでアケスケに「土日の準備も兼ねてます」と公言していたほどです(笑)

さて今回は何の話から行きましょうか。
RX100IIIから行きますかね。

Cyber-shot RX100III

レンズはすごく明るくて良く写りそうな気がします。換算24-70mm/F1.8-2.8とか、オバケレンズですよね(笑
噂のポップアップEVFですが、見え方はとても綺麗です。ただ私にはちょっと小さかったかなあ。
EVFをポップアップ=電源ON、EVFを格納する=電源OFF、となっていて電源ボタンを押さずに済む点が良いですね。
小型サブカメラには不自由してない(笑)ですので私自身が手を出すことは無いですが、これは良いかもしれません。
DSC07108

α77II

今回のイベントの裏の目玉?とも言うべきAマウント中級機です。
セミナーで中井精也氏・魚住誠一氏ともα77IIでテスト撮影に行ってきたとの事で、その写真でお話されていました。
ポイントは「AF」と「連写」でしょうか。
AFは確かに多少は早くなったと感じます。私は取り付けるレンズに「プラナー85mm」をリクエストしたのですが、
従来機種が「じーこ、じーこ、ぴぴっ」とピントが合っていたのに対してα77IIは「じこ、じこ、ぴぴっ」というぐらいの差です。
あと、秒間12コマの連写が先代α77ではせいぜい1.5秒ぐらいしか保たなかったのが、今回は3秒とか5秒とか押し続けられます。
この差は結構大きいのではないでしょうか。
それ以外の要素は初代α77とほぼ同じ、と見えました。多少のインターフェースの違いはありますが。
インターフェースといえばこのα77II、Fnボタンを押すと画面下に機能アイコンがずらり、という最近のソニートレンド操作系を採用しています。
スタッフの方によると「今はどのカメラもこの方式で揃えています」との事でした。
当初私はこの操作系に大いに疑問を持っていましたが今はもう不満ではなくなっています。
結局「慣れの問題」だった、ということなのでしょうね。
あと、操作系は相変わらずの「もっさり感」が残っていました。もうちょっと何とかならんものかねえ。

このα77II、こちらも私はスルーすることになりそうです。
我ながら贅沢になったなあ、もうAPS-Cには戻れないよ、と感じました。
正直言って先代α77のせいで私は(以下自主規制
DSC07114

中井精也・魚住誠一セミナー

セミナーは上で書きましたとおり、中井精也氏と魚住誠一氏という二本立てでした。
DSC07128
先に中井精也氏、甘党ネタ・隠れメタボネタと安定の話術が披露されます。また作品は相変わらずの切れ味で素晴らしい。
セミナー中に「明日のテストも兼ねてるんで」とテーブルの配置換えをして、スタッフに「(明日のために)バミっといて」なんてやり取りも(笑
おちゃらけたユーモラスな雰囲気の方ですが、ニコンのこの動画で私は中井精也氏を格好いい人だと思っています。
(引用ですので再生画面は小さくしておきます)


魚住誠一氏のセミナーも非常にためになる、面白いものでした。
カメラの話はもとより、ポートレート撮影時のエピソードも盛り込まれていて、私にとっても勉強になるセミナーでした。
記憶に残ったのが「ピーキングはイエローにしている」という件です。
実は私も仕事でのポートレート撮影対策としてピーキングの色はイエローにしているのです。「やはりそうか」と納得しました。
あと、「何でもかんでもレフ使えば良いってもんじゃない」というお話も面白かったです。確かにその通りなんですよね。
(追記、書き方が粗かったです。魚住氏はもちろんレフを否定しているわけではなく、使わない撮り方もある、ということです)
あと、海沿いのあのスポットはモデルさんを撮ってる風だと警備員がすっ飛んでくる、って話。あるあるですね~
その他諸々、モデル撮影の現場ネタやちょっとしたコツなど、聞き所が多いお話でした。
新商品イベントですけど機材の話より楽しいかも。
DSC07103
中井精也氏も魚住誠一氏も土日にまた登壇する、はずです。たぶん。そのリハーサルを兼ねていたようですので。
興味のある方にはもちろん、ソニーの機材にとりあえず縁のない方にもオススメです。

今回はこの辺で。このイベントは参加して良かったです。
最近レンズを買い足したこともあってマイクロフォーサーズづいていたのですが、またαで出撃したくなりました。
いや、αをノケモノにはしていませんよ?今年に入っても土合駅結婚式国際バラとガーデニングショウ例のプール(笑)と、
大ネタには必ずαを使っています。うちはれっきとした「ソニーα」のブログ!なのです!ちょっと無理があるかな。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

DSC07122

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/903-d51f5917