ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > パナソニック「LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7」その2 純正レンズで画角比較
パナソニックから発売された期待の広角単焦点レンズ「LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7」関連エントリとなります。
このレンズの注目度は世間的に高いのかな?今のところよく分かりませんが、私としてはソフトに楽しみにしておりました。
私が購入した某大手家電量販店チェーンは既に完売の様子でした。
パナソニックが「GM1」にも似合いますよ!と喧伝しただけあって好調なスタートを切ったようであります。
余談ながらパナソニックGM1、欲しい欲しいと思いつつ今まで手を出せずにいたのですが、
いよいよ次はGM1か!?と思った矢先にソニーからα7Sのリリースが発表され、また先送りになりそうです。
もっともα7Sを入手するかどうかもまだ決めかねているのですが。

このレンズは15mm、換算30mmということになりますが、我が家のレンズでこの画角を持つ単焦点はありません。
私としては未体験ゾーンに突入するような感覚すらあります。
ただ、マイクロフォーサーズ全体で見てみますとこのあたりの画角はボリュームゾーンでもありまして、
純正15mm,17mmが2本,20mm…と発売されています。
「ふたつのメーカーから純正レンズがリリースされる」という恵まれた環境にいることを、私達マイクロフォーサーズユーザーは
喜ぶべきなのかもしれません。
また、サードメーカーも含めますと更に選択肢は広がります。
ポッドキャスト「Photoralism」でも「急激に市場が成立してきた」と評していましたが、
プロユースへの展開はまだこれからだとしても、コンシューマー向けには立派に戦えるシステムではないかと思っています。
EM150573

というわけで、今回は画角をくらべてみます。
数ある純正マイクロフォーサーズレンズのうち、画角が近いものを比べてみます。
自宅で我が家のキューポッシュ軍団を撮りました。
街撮りや風景写真などではまた評価が変わるのでしょうけれども、これはこれでひとつの比較材料になるのではないか、
と思って始めたのですが、そうでもないかも(笑
ともあれご覧いただきましょう。
ピントはすべて春香さん、ウインクしている目に合わせませした。
カメラの位置は25cm近辺で三脚で固定しています(例外有り、後述)
絞りはすべて開放ですが、カメラはAモードで自動露出ですので明るさは基本的に変わらないはずです。

まずは今回の主役「LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7」です。
今回登場したレンズのうち最もワイドに撮ることができるレンズです。
このレンズの画角を基準にセイバーや高坂桐乃の位置を決めました。
15

お次は「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」です。
カメラの位置が変わらなければ、こちらの方が当然のごとく、大きく撮ることができます。
17

お次は「LUMIX G 20mm F1.7」です。
このレンズもバランスがとれていて好きなんですよね。
ただ、今回のようにずらりとレンズを並べて比べてみると明らかにAFが遅く、我が家ではレギュラーの座を明け渡してしまいました。
20

お次は「M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8」です。
ここまで来るともう別種のレンズですね。
25

お次は「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm F1.2」です。このレンズを使った時には少々後ろに引いて撮りました。
上のオリ25mmよりも被写体が小さいですね。
どちらも最短撮影距離を探って撮ったものですが、オリ25mmは倍率0.12倍、ノクチクロンは0.1倍です。
この「0.02差」が、この違いということになるわけです。ざっくりですけど。
42

おまけです。「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」です。
カメラの位置をまた「25cmあたり」に戻して撮りました。
まあこれはルール違反ですね(笑)マクロレンズの威力を再確認するということで~
60

今回はこの辺で。上の比較で私としては特に結論は持っていません。「なるほど」という感じです。
それぞれのレンズがそれぞれに魅力を持っている、それらを引き出すのが私達人間の仕事ですものね。
というわけで、次回からは実写レポを行う予定です。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EM150572

今回の撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/895-8b08856d