ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 「第16回国際バラとガーデニングショウ」その2 まずはバラをひと巡り
2014/05/12 Mon 12:00 ソニーα
前回に続き「第16回国際バラとガーデニングショウ」関連エントリとなります。
混雑度について気になる方はこちらの記事で予測と考察を行っています。併せてご覧ください。

少し横道にそれますが、今回は「この先の掲載予定」を枕にして書き始めてみます。
このシリーズはどうやら長期掲載になりそうだ、というご報告と、それへの対策についてです。
「そんなこと興味ねえよ」とお思いの方もおられるかとは思いますが、
当ブログは運営の裏話的な内容も時折混ぜ込んでいますので、その一環なのだとお思いいただければ幸いです。

今年のバラとガーデニングショウでも、私としては多くの収穫がありました。
写真の枚数も滞在時間3時間で1000枚強という中から掲載写真を選んでいたのですが、どうも記事数は膨らみそうだなと。
しかし次回まででいったん国際バラとガーデニングショウ関連記事を中断させて他の記事を掲載しようかと検討しています。
今週は大きな買い物がいくつかあり、それらもブログネタにする予定で(タイムリーなうちに)それなりの記事数を割く予定ですし、
先週(当ブログ比で)大ネタに類する写真撮りをしてきましたので、そちらも充分記事数を確保して集中掲載したいと思っています。

トピック目白押しの状況な上、バラとガーデニングショウの写真選定をしている中で全5回では到底収まらないことが分かってきた、と。
ですので、他の記事と交互になる形で断続的に長期掲載するのが良いのかな、と思っているのです。

先日のキューポッシュ記事でもそうだったのですが、来る日も来る日も同じような写真ですと、
それがどのような内容であれ見る側からすると「何だよまた似たような写真かよ」となりますよね。
せいぜいこの先二週間のことではありますが、マンネリに陥らないような載せ方を考えなくては、と思いました。
うちが押しも押されぬ大手ブログなら逆に集中連載してムーブメントを起こす方を選んだことでありましょう。
しかしうちのような場末の泡沫ブログとしましては、すこしでも飽きられないように工夫しなくてはならないのでございます。

DSC05935

というわけで、今回は「バラ」、次回を「ガーデニング」の記事と位置付けまして写真を掲載してまいります。
バラの写真というと、こんな感じですね。
DSC05939

バラといえば私などは上の写真のような「赤いバラ」を真っ先に思い浮かべるわけですが、
もちろん様々な種類・様々な色のバラがあるわけで、それらをすべて網羅することはできませんでした。
こちらはピンクのバラです。
DSC05882

こちらは黄色いバラですね。
それぞれ品種が違うのかもしれませんが私は詳しくない、というか知識ゼロですのでそんなウンチクは無視です無視。
DSC06073

こちらも黄色いバラ、に見えますよね。
でもこれ、実物はむしろ緑色というイメージなのです。緑のバラであります。
「なんだよ黄色じゃねえかこのアカンタレが」とお思いになるかもしれませんが、それは私の腕が足りないということで~
DSC05941

似た写真が続きましたのでお口直しに。この写真はさすがにバラではないですね(笑)
西武ドームのグラウンドにこのような壁や扉や建物が建てられているのです。末期の大阪球場を思い出す…わけないか。
DSC06349

目立つ展示・派手な展示の前には人が集まってきて場所の取り合いになります。
一眼レフを持ったカメラ女子も多いですが、やはり時代はスマホのようです。iPadで撮っている人も多かったなあ。
印象深かったのはコンパクト機を持った人もスマホほどではないにせよ意外にに多かったということです。
やはり「ここぞ!」という時はカメラで撮りたい、という意識が働くのでしょうか。
だとしたらカメラはそこに活路を見出すべきなのでしょうね。
DSC06033

閑話休題、バラの写真に戻ります。
薄いピンクと濃いピンク。並べて見ると「ピンク」と一言でくくるのが憚られるほど雰囲気が違いますね。
DSC05947

束になっているバラも良いのですが、一輪で咲いているのも素敵です。
余談になりますが、今回はMFも多用しました。てか半分以上MFで撮ったなあ。
AF絶対主義の私が今回に関してはAF控えめだった理由などはいずれネタにします。
DSC05864

今回はこの辺で。次回は「ガーデニング」編となります。
使用した機材についても書くつもりです。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

追記:混雑度がとても気になるイベントですが、私なりの「混雑度と対策について」を、一つ前の記事でまとめています。
「第16回国際バラとガーデニングショウ」その1 会場全景と混雑度についての考察
ぜひこちらも併せてご覧いただければと思います。

今回の
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/891-bd92e281