ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 動画・画像処理 > 「動画」その2 谷中銀座で手持ち撮影。フリッカー対策の不備を嘆く
2014/05/03 Sat 23:19 動画・画像処理

今回の記事がキューポッシュ生誕祭でなくて悪かった!それは次回のお楽しみだ!
というわけで動画コンテンツについて書いていきます(笑)
今回は谷中銀座です。仕事帰りに寄り道しました。

街角動画 #02 谷中銀座(スマートフォンからご覧の方はこちらの文字リンクからもご覧いただけます)


今回の動画は「オール手持ち」

動画はフィックスが命です。カメラはむやみに動かさない方がいいですよね。
パンとかチルトとかズームとか色々ありますが、フィックスで作れるならそれに越したことはないと思っています。
カメラは固定することになるのですが、私は街撮りをしていますので三脚はなるべく使いたくありません。
今回行った谷中銀座も道幅は決して広くなく、通りの両脇には商店が並んでいますので三脚を立てるのは不適切です。
そこで「オール手持ち撮影」で乗り切ろうと考えました。
オリンパスのマイクロフォーサーズ機は動画撮影の手ぶれ補正も強力で、手の震えなどはほぼ打ち消してくれます。
手持ちで撮るわけですから微妙に揺れることは防げませんが、それはいくつかの対策である程度カバーできるようです。
もちろん三脚を立てて撮った動画には及びませんけれども、揺れが動画に悪印象をもたらすほどではない、はずです。

フリッカー対策は重要ですね。

上の動画をご覧いただけたらお分かりになったと思うのですが、照明がチラついてとても気になりますよね。
これを俗に「フリッカー」と呼びます。これが動画の天敵なのです。どげんかせんないかん。

一般的に言われているフリッカー対策としましては、「電源周波数」にシャッタースピードを合わせる、というのが知られています。
プラスとマイナスが切り替わるスピードが、東日本では1秒間に50回。西日本では1秒間に60回。
それにシャッタースピードを同調させれば良い、というわけですがそれ以上の理屈は分かりません。
ですので、
東日本ではシャッタースピードを50の倍数分の1
西日本ではシャッタースピードを60の倍数分の1
にしますとフリッカーを(消せないまでも)弱めることができる、というわけです。

しかし、実際にはそんなにうまい話はないもので。
シャッタースピードを調節しても、フリッカーは必ずしも綺麗には消えてくれないのです。
私は経験上これを「蛍光ランプの寿命が近いほどフリッカーが顕著である」と思っています。オカルトですけれども。
逆に新しい蛍光灯だとそれほどフリッカーを気にしなくていいように思うのですが世界は新しい蛍光灯のみで出来ているわけではなく。

というわけで、私は教わったもうひとつの方法を主に使用しています。
「1/60秒よりも遅いシャッタースピードで撮影する」という方法であります。
PENで言うと1/60、1/45、1/30で撮るということになります。1/60だとまだ微妙かなあ。1/45か1/30だとかなりマシになります。
しかしこれはかなりのスローシャッターでして、夕方とはいえ感度はいちばん低くしてもそれなりに絞る必要があります。
そうなってくると「ボケ表現」という、レンズ交換式デジタルカメラの長所を生かすことが難しくなってきます。
あちらを立てるとこちらが立たない、自分で光を作ることが出来ない状況ではバランスを取ることが求められるのですね。
私の場合は、「フリッカーが激しい被写体は避ける」という方法になりそうです。

なお、ソフトで後から修正することは私の環境では難しいようです。定番らしい「aviutl」は私としては微妙です。
有料プラグインを入れればいいのでしょうが…
EP515295

編集時間は30分以内の目処が立ったものの…

今回の動画は「撮影45分」「曲選び2時間」「編集30分」で作りました。

ご覧いただければお分かりいただけます通り、基本的に「素材からおいしいところだけ切り出して、それをつないだだけ」の編集です。
撮影時に動画の完成形をある程度イメージしながら撮っていますので、素材からの切り出しにもそれほど苦労はありません。
ですので、今のフォーマットであれば30分で書き出しまで持って行くことは可能です。

しかしやはり音楽選びにはとても時間がかかっています。いろんな曲を聴いていても選びかねています。
これはやり方が悪いですね。先に曲を決めればいいのでした。そのイメージで素材を撮るとかすればいいのかもしれません。

名称未設定-1

盛り上がりに欠けるのを何とかしないと

むしろ内容の方で何とかしていきたい、という気持ちが強いです。
淡々と風景を描写するのも良いのですが(そもそも「街角動画」シリーズはそういう動画を志向して作っているのですが)
やはりどこかに山場というか盛り上がりが欲しいものです。
でも、主人公がいるわけでもなくストーリーがあるわけでもないですので、映像でそれを作るしかないですよね。
これについては継続して考えていきます。

EP515291

動画コンテンツについては地道に素材撮りを進めています。
しばらくの間はこちらにも力を入れてまいりますのでよろしければぜひお付き合いください。

EP515289

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m









今回登場した
撮影機材





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/882-0a2a0ac7