ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 結婚式に持ち込むズームレンズ、どうしましょうか
2014/04/10 Thu 22:42 ソニーα
前回に続き結婚式編なのですが、機材について触れます。
今回はお便りからご紹介します。
少し前に掲載した記事にいただいたコメントからの抜粋です。

> 実は6月に僕も友人の結婚式でカメラマンを頼まれてしまいました・・・ 
> そこで機材について教えて頂きたいです。 
> 現在持っているボディは 
> α99 
> α77 
> レンズは 
> Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 24-70mm F2.8ZA 
> SONY AF 70-200mm F2.8G 
> 結婚式中はレンズの交換をしてしまうとシャッターチャンスを逃してしまいそうなのでレンズを決めて式に臨みたいと思っています。 
> そこでCarl Zeiss Vario-Sonnar T* 16-35mm F2.8ZAとSONY AF 70-200mm F2.8Gで悩んでますがどちらが良いと思いますか? 
> また、どちらが多くお使いになられましたか? 
> 因みにα77に装着予定です。 

コメントありがとうございます。一応ことわっておきますが自作自演ではございません(笑)
まず、私は久々に出席する結婚式で成り行き上カメラマンをつとめることになっただけでそれまでの経験はゼロ、
プロカメラマンでも人によっては躊躇する結婚式写真という分野そのものについて語る実力も資格もありません。
本気でノウハウを学ばれるのであれば、ブライダル専門のプロカメラマンさんにつくべきだ、と最初に申し上げます。
その上で、自分が経験したことや反省点を踏まえて「私ならこうする」「私はこうした」という提案を、
ささやかにさせていただこうと思います。

●彼を知り己を知れば百戦殆うからず
とにかく情報収集が大切!ということです。
事前には多方面の専門の方に相談し、現地の状況を知る手がかりを探し、
当日には式場スタッフにぶっちゃけ相談して協力を仰ぎ、あらゆる情報を手に入れようとしました。
情報を得られれば、対策を立てることができます。
例えば私は式場のサイトにちょっぴり載っていたチャペルの写真から広さを推測し、持参するレンズを大幅に入れ替えました。
今回のコメント主様はどのような環境での結婚式に参加されるのか、私には詳細が分かりませんので適切な判断ができません。
まずはとにかく情報を仕入れることをオススメします。

●策士策に溺れる
私と懇意にしてくださっているプロカメラマンさんが自身の結婚式に「お弟子さん」を複数名、撮影に駆り出したそうです。
信用して頼んだはずが、仕上がった写真を見て「ダメだなあ」と思ったそうです。
お弟子さんももちろんプロなのですが、技巧に走り過ぎて欲しいものが得られなかった、と。
そこから「記録写真でいいんだよ」というアドバイスをいただきました。
何が大切なのか、何を求められているのかを考えて適切な機材をチョイスしていく必要があると思います。
例えば私は「オフィシャルなカメラマンではなく一介の新郎友人」でしたので、
親族方にカメラマンとして信頼されるためにあえてフルサイズ+白レンズという機材を持ち込み、ハッタリをきかせたわけです(笑)

さて、それらの前提を踏まえて、機材は何が良いか?という話に進みます。
ボディは「α99(フルサイズ機)」「α77(APS-C機)」、
レンズは「24-70mm」に加えて「16-35mm」か「70-200mm」のいずれかを持ち込むつもり、との事です。
コメント主様は「24-70はα99につける。α77にはどちらをつければ良いか?」という趣旨のお話をされていますが、
今回はその前提をあえて無視して(笑)スミマセン
2台のボディと3本のレンズ、合計6パターンの組み合わせについて考察してまいります。
レンズの味とか、写りの差とか、そんなのは全く考慮していません。画角だけで比べています。

1:α99に24-70mm、α77に16-35mm
DSC06828
↑この組み合わせは、私なら使いません。
α99がフォローする画角が24-70mm、α77が換算で24-52.5mm。モロかぶりですね。
予備機の意義は認めますが、今は予備機の話をしているわけではないですよね。ですからこれは「無し」で。

2:α99に24-70mm、α77に70-200mm
DSC06832
↑弱点はあるものの、バランスはとれているのではないでしょうか。
α99がフォローする画角が24-70mm、α77が換算で105-300mm。比較的広い会場で活躍できそうな組み合わせです。
70mmから105mmの間がありませんが、その画角であれば自分の足で何とかなるはずです。

3:α99に16-35mm、α77に24-70mm
DSC06830
↑最もバランスがとれているような気がします。私としてはイチオシです。
α99がフォローする画角が16-35mm、α77が換算で36-105mm。狭い会場向けの組み合わせですね。
コメント主様はα99に24-70mmをつけて使いたいご様子ですが、あえて逆らって、これが良いように思えます。

4:α99に16-35mm、α77に70-200mm
DSC06834
↑これは微妙かなあ。私ならこの組み合わせでは使いません。
α99がフォローする画角が16-35mm、α77が換算で105-300mm。
広角~望遠を押さえているように見えますが35mm~105mmが無いのは埋め合わせができない致命的な欠陥となります。

5:α99に70-200mm、α77に16-35mm
DSC06836
↑これも微妙だなあ。私ならこの組み合わせもボツですね。
α99がフォローする画角が70-200mm、α77が換算で24-52.5mm。
50~70mmが使えないですし、類似している上記「2」の方が素直に使いやすいのではないでしょうか。

6:α99に70-200mm、α77に24-70mm
DSC06838
↑これも微妙です。やはりこの組み合わせも私ならボツにします。
α99がフォローする画角が70-200mm、α77が換算で36-105mm。
一見バランスがとれているように見えますが、広角端が36mmなのは不足感があります。
大三元を持ち出すのに広角端が36mm相当!?ないわー

というわけで、私としては、
本命・α99に16-35mm、α77に24-70mm。狭い会場向け。
対抗・α99に24-70mm、α77に70-200mm。広い会場向け。
という感じになるかなあ、と思います。参考になりますかどうか。
なお、私はこの3本を持ち込んでとっかえひっかえ使っていたわけですけれども、
使用頻度は全体の80%が24-70、残り10%ずつを16-35と70-200という感じです。
基本的にα99と24-70の組み合わせでこなし、広角ズームと望遠ズームは特殊な状況でだけ使った、というイメージです。

ここまで書いたことを、昨日来世間で話題のホットツール、一般人は誰も知らないパワーポイントでざっくりまとめてみました。
当ブログとしては初の試みとなります。
 

私はブライダル素人ですので偉そうなことを書くつもりはありません。
あくまでも画角比較「のみ」で記事を作りましたので、現実と照らし合わせてご覧いただければと思います。
なお、ご意見ご感想はいつも通り大歓迎ですが「単焦点一本で行くべし」みたいな話は今回は話題が違いますのでご勘弁ください。
久しぶりに大三元で話を転がしてみたかった、ということなのであります(笑)。

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/864-4b00a233