ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 「上越線方面旅行」その4 土合駅 暗黒の地下ホーム
2014/04/07 Mon 22:30 ソニーα
前回に続き、上越線旅行編です。
群馬県最北端の駅、土合駅。半ば雪に埋もれているような秘境駅、実際は訪れる人も多い観光地なのですが、私は満を持して行ってきました。
今回が土合編最終回となります。

今回は新潟方面(下り)地下ホームについて書きます。
上越線が複線化される際、もともとあった地上線は東京方面(上り)として利用され、
新しく掘られた地下トンネル内に新しくホームが建設された、と。これウィキペディアで得た知識でございますけれども。
駅の周囲に大きな町もありませんので利用者数はそもそも少なめ、しかもこのご時世にバリアフリーもガン無視・魔の486階段。
そして辿り着く地下の最下層にこのホームがありました。
日本一のモグラ駅。うーんたまらん、愚息も昇天気味でございます。
DSC00113

少し話を戻しまして、改札がある地上へ向かう唯一の手段である階段付近の雰囲気です。
無駄に広い地下空間、絶望に叩き落とされる階段、地上の光がほとんど見えない暗黒の地下空間です。
写真は周辺の様子が伝わるように、少しだけ明るめに撮っています。
薄暗く、そして少し湿っぽい、とても美味しい地下空間です。
DSC00103

蛍光灯がずらりと並んでいて、さも明るそうに写っていますが、実際には薄暗い空間です。
時刻表を見るとこの駅発着の列車は1日に10数本、「記念にホームにこっそり降り立ってやろうか?」などと邪心がもたげましたが、
やはりルール違反ですし、何より回送や貨物列車やの可能性も考えてやめておきました。
DSC00093

反対側を見てみます。
写真向かって左側の広いホーム(らしきところ)は立入禁止でした。もともとホームとして作られたのでしょうか。
実際の乗降用ホームは写真向かって右の仮設ホームでした。
トンネル自体は単線として運用されているようですが、複線で敷けるぐらいの広さがあると思いました。
DSC00089

その旧ホーム部分に、仮説の待合室とトイレが用意されています。
まあトイレは必要でしょうね。催した時にあの階段を上って改札外のトイレまで行くのは気が遠くなると言いますか、
たどり着くまでに漏らしてしまいそうです。いや、漏らします。
DSC00097

「運転事務室」なる小屋も作られていたのですがこちらは鍵がかかっているようで中を見ることは出来ませんでした。
話は少しそれますが、この駅が階段も含めて無駄に広大な空間によって作られているのは、
トンネル内で起こる不慮の火災の際に排煙を行うための施設であることも兼ねているのでしょうね。
竜飛海底駅もそんな構造になっていたような?
DSC00102

そうこうしているうちに、私が乗る予定でいた下り列車がやってきました。
この列車を待っていたのは私ひとり、10人以上いた来訪者は結局誰も乗らずじまい?
DSC00116

そして、この列車に乗って越後湯沢に戻って行きました。
車内はやはり空いていました。週末は分かりませんが、オンシーズンであるはずの冬期でも「座れるかな?」という心配は不要のようです。
DSC00122

今回はこの辺で。上越線方面旅行編もこの辺で。土合駅は良かったです。また行きたいと思いました。
次回からは別のネタでまいります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m

今回の
機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/862-547276ec