ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > 向島百花園「梅まつり」後編 M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8
2014/02/27 Thu 17:00 マイクロフォーサーズ
前回に続き、向島百花園に梅を見に行ってきた時の写真を掲載します。
今回は後編です。ボディは「OM-D E-M1」、レンズは「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」を使用しました。
実際には庭園でノクチクロンとオリ75を取っ替え引っ替えしていたのですが、
それらを整頓してそれぞれのレンズごとに記事に仕立てたわけです。
ノクチクロンと並んで、いや、今なおマイクロフォーサーズの頂点と私は思っていたキレッキレの写りをするレンズです。
寄れる&明るいぶんだけノクチクロンの方がボケは大きいですけれども、このレンズの価値が失われたわけではなく。
我が家のマイクロフォーサーズ単焦点ツートップとして君臨していくことでしょう。
って、これで終わりではないですよ!(笑)早速本編に入っていくことにします。
EM130670

向こう側に丸いボケを作りたい!
という欲求を満たそうと思ったら、このレンズかノクチクロンが第一候補でしょう。
あ、マクロもあるし望遠ズームを開放で使ってもいいのか。まあいっぱいありますね。失敬!
EM130683

作品名「雪中梅」とでも言うべきか(笑)ありきたりですみません。
今月首都圏にも降った大雪がまだ部分的に残っていたので、それを何とか背景に取り込んでみました。
思い切り背伸びをして、腕を高々と差し上げて、カメラは見下ろすような位置にして撮りました。
背面液晶ライブビューで確認しながら撮ったのですがピントはテキトー、いちばんシャキッとしている写真を載せました。
EM130597

マイクロフォーサーズとしては破格のボケ具合なのですが、それでも背景をきちんと選ばないと、このように雑然としてしまいます。
桜と違って梅はどこでも咲いているわけではなく、もっぱら日本庭園のようなところで見ることになりますので、
背景の整理はポイントになるのではないでしょうか。
EM130541

ホワイトバランスを「蛍光灯」にして撮りました。
私の主観ではあるのですが、オリンパス機のホワイトバランス「蛍光灯」って、微妙にマゼンタっ気がありますよね。
蛍光灯の時はいつもホワイトバランス調整でマゼンタを抜いているのですが、
今回はその性質を逆用して、あえてホワイトバランス蛍光灯でそのまま撮りました。
青い写真で、梅だけがわずかにピンクがかって見えるのではなかろうか、と期待したらこの出来ですよ。
EM130544

前回も少し書きましたが、この日はカメラ女子が本当に多かったです。
しかも私が期待見回した限りでも一人で来ていた人が多かったように思います。
持っているカメラはオリンパスが多かったです。ニコンキャノンよりも多かった。
へええオリンパスやるじゃん一番人気だよ、と思っていたら地元の老人会らしきグループがドヤドヤとニコンを持って入ってきましたので、
やっぱり二大メーカーの牙城を崩すのは難しいと思ったのでした(笑)
EM130677

今回はこの辺で。
前回の写真はノクチクロン、今回はオリンパス75mmです。何となく違いが分かりますか?
オリ75の方が寄れませんので、その分被写体が小さく写ります。それが最大の違いと言うべきでしょうか。
被写体が梅の花のような小さなものではなく人間、つまりポートレートで勝負させてみたいものです。
いずれそのうち、モデルさん募集中です!モデルさん募集中です!大事なことなので二回言いました。
EM130665

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
EM130776
今回登場した
撮影機材
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/827-89dfb6dd