ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > CP+2014 その2 機材を色々見て回ってきました
2014/02/15 Sat 00:00 マイクロフォーサーズ
2/13開幕、2/16までパシフィコ横浜にて絶賛開催中のカメラの祭典・CP+(シーピープラス)2014関連エントリとなります。
今回は初日に一周りしてきた新製品の写真を載せていきます。
毎回お姉さんだと「そればっかりかーい」とツッコミが入りそうな気がして。まあお姉さんばっかりなんですけど(笑)

今回触らせてもらっていちばん欲しいと思ったのはこれ、キヤノンのEOS C500(笑)。
これは良いなあ欲しいなあ、くっついてた30-300mmというレンズだけでも400万円だそうです。
いわゆるシネマイオスってやつです。これは完全に業務用機器ですね。
誰も触ってなかった。スチルではなくムービー機器だから大半の一般来場者の興味の外だとは思うのですが、
こんなのヨドバシとかでいじらせてもらえないですので、簡単ながら仕事でWEB用動画の制作をしている私としてはものすごく興味深かったです。
宝くじに当たったら、これ一式だな。宝くじ買ったことないけど。
EM130007

現実に戻って、ムービー撮影用マシンとしてはこれ、パナソニック「GH4」です。
GH1,2,3ときて今回GH4なのですが、今までパナソニックのマイクロフォーサーズカメラで「4」という数字がついたカメラはありません。
今回初めて「GH4」となったわけですが、当然「4K対応」を想起させるためあえて型番に付した、と考えられるわけです。
このカメラのカタログでスペック欄の動画項目を見ると、デジタルムービーもこんな時代に突入しているのかと驚くほどの仕様が並んでいます。
4K動画のファイルサイズはフルHDに比べてざっくり3倍、あとは再生機の普及にかかっているでしょうね。
実際に触らせてもらいました。これはとても良いです。かゆいところに手が届いてます。
このカメラはモンスター・コンシューマーマシンだと思います。
EM131308

GM1のcoletteコラボレーションモデル、全世界限定50台だそうです。
coletteというのを私は知らなかったのですがぐぐったらパリのおしゃれな雑貨店、みたいですね。イメージカラーがブルー。
私はこれを見た時には別に欲しいとは思いませんでしたが、企業カラーを具象化したという背景を知るとちょっと興味が湧きました。
EM130001

しかしそれでも私はGM1を手に入れるならオレンジがいいなあと思っています。
パナソニックの方いわく「GM1でオレンジ販売比率は70%」だそうです。なんだか納得。
私のノクチクロンを取り付けさせてもらいました。これはこれで格好いいと思います。
EM131327

今回の目玉のひとつでもある、富士フイルムXマウント機、X-T1のコーナーを遠巻きに見てきました(笑)
初日は人出がかなり少なめで各ブースとも新機種お試しも含めてかなり余裕があったのですが、ここの行列は目を引きました。
私はこれを買うことはない(これ以上マウントを増やす余裕が無い)とは思うのですが、56mmってレンズには興味津々です。
それほどの行列ではなかったのだから、並べばよかったかな;
EM130047

もうひとつの目立っていた行列が、こちらシグマの新型DPシリーズです。最初に出るのはDP2でしたっけか。
ローラーで引き伸ばしたようなグリップが特徴的な新型機ですが、このデザインでかなりの注目を集めていました。
正直、最初にニューを見た時には一瞬「レンズ交換式か?」と思ったんですよね。だとしたらマイクロフォーサーズもあり得るかなと。
実際には従来通りの高級コンパクト機でした。けっこう高価になるらしいですね。
EM130050

我らがソニーの新型フルサイズ対応Eマウントレンズ「70-200mm F4G OSS」です。これは欲しくなりました。
外観は「こりゃまた可愛らしい白レンズだな」という印象です。ミニチュアレンズみたいです。
小型軽量であることを差し引いてもAマウントの70-200 F2.8Gよりも使いやすそうです。
最短撮影距離が広角側で1メートル、望遠端で寄ってもAFが(Aマウントに比べて)あまり迷わないのはボディの性能でしょうか。
開放から使えるシャープさを持ち、ボケも美しく、価格とのバランスも良さそうです。
実用上F4であることを許容できるならば買いだと思いました。
EM131289

オリンパスの開発表明参考出品、300mm F4だそうです。これも換算600mmのF4と考えると小さいなあ。
さすがに価格は30万ぐらいは行くでしょうから焦点距離を考えても私は手を出しづらいですが、
一度は使ってみたいレンズではあります。
EM131260

こちらも開発表明の参考出品、オリンパス7-14mm F2.8PROだそうです。
換算14-28mmという超広角ズーム、これは欲しいですね。
見づらい撮り方をしてしまいましたが、前玉がものすごいことになってます。
EM131262

オリンパスOM-D E-M10です。充電池がBLS-5だということで興味を持ちつつ今回初めて触る機会を得ました。
写真で見ると外観はOM-Dシリーズですが、触ってみるとちょっと安っぽいかなと感じます。
廉価版ですから当たり前なのかもしれませんが、これはPENのE-PL系と競合する製品なのだと実感しました。
E-PL系に比べて「EVF」と「前後ダイヤル」が搭載されている点がポイントですが、
そのアドバンテージでこの機種がどの程度売れるのか、これも興味深いです。
それともソニーセンサー在庫一掃を目的とした売り切りモデルなのか?まさかね。
EM131259

長くなってしまいました。今回はこの辺で。
ここまで書いていてぶっちゃけますが、今回のCP+では私は新製品にそれほど興味を持っていませんでした。
ソニーとオリンパスが年末に出しまくってくれた挙句ノクチクロンにトドメを刺されたもので、
今は私の物欲センサーがピクリとも動かない、賢者モードです。どうしてエレクチオンしないのぉーッ!

とにかくCP+2014関連記事はまだ続く予定です。ノクチクロン関連記事も混ぜていきたいと考えています。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/815-d4e35918