ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > CP+2014 その1 ノクチクロンでお姉さん撮り
2014/02/14 Fri 00:00 マイクロフォーサーズ
私が一年でいちばん楽しみにしているイベント「CP+」が今年もやってまいりました!ぱふぱふぱふ~
昨日あたりからもう落ち着かなくてそわそわしてしょうがなかった、行きたいセミナー見たいイヤッホウ、
それに加えてノクチクロンも無事ゲット、これはもう行くしかありませんね。
というわけで、なんだかんだ言い訳をつけてCP+初日に行ってきました。

今回は「CP+2014編 その1」であると同時に「ノクチクロン その2」も兼ねています。
当ブログはいくつかの記事をご覧いただきますとお分かりいただけます通り、ひとつのネタをいくつもに分割して、
セコく記事数を稼ぎ、ネタを引っ張るという書き方をしています。
ネタ毎に通し番号をつけて記事を追いかけやすいようにしていますので、もし興味を持っていただけることがありましたら、
ぜひ関連記事もご覧いただければと思います。
EM131230

初日でしかも平日ですので人出はボチボチです。
各メーカーのセミナーも空席が目立ちます。
これが週末はギッチギチの満員になるのでしょうね。
…と思っていましたが、どうやら金土はまた雪が降るらしいですね。横浜まで行けるかな?
EM130014

CP+初日に私が持参したのが、OM-D E-M1とノクチクロンの組み合わせです。
本当は他のマイクロフォーサーズレンズも持っていったのですがまったく出番なし。
ノクチクロンで撮ることに対して完全にスイッチが入っておりました。
換算85mmというのは、「このレンズはポートレート向けですよ」と言っているようなものでして、
だからというわけではありませんが、今回はCP+会場のお姉さん写真を掲載します。
すべて絞りはF1.2開放です。

まずはオリンパスのお姉さんです。
いきなりカメラを向けたのに、モロ正面に来てくれてバチッとポーズを取ってくれました。私は運がいい。美人だし。
EM131236

こちらもオリンパスのお姉さんです。後ろのライトで髪が光っています。
今回の写真もですが、リサイズ以外の処理はしていません。当然シャープネスをかけるようなこともしていません。
E-M1とノクチクロンの「素の出来上がり」をお楽しみください(笑)
EM131234

パナソニックのお姉さんです。
ノクチクロン試写コーナーというスペースが用意されていまして、ノクチクロンを使わせてもらえます。
特筆すべきは列に並びさえすればノクチクロンでなくとも他社の一眼レフでも撮らせてもらえるという点でして、
ソニーやオリンパスが「モデル撮影はハンズオンのカメラを使った方に限ります!」と叫んでいたのに比べて、
パナソニックはかなり太っ腹な印象でした。
EM131324

シグマのお姉さんです。
繰り返しになりますがシャープネスかけてません、リサイズだけです。
ノクチクロン、どんだけシャープやねん。
EM130048

バンガードのお姉さんです。カードファイト!じゃないよ、カメラバッグなどを作ってる会社です。
EM130024

ニコンのお姉さんです。毎度大人気のニコンブースも初日は比較的すいていました。
Dfのコーナーがいちばん広かったと思います。どこかにD4sの展示などがあったのかもしれませんが見落としました。
EM130064

ソニーのお姉さんです。この方は去年もソニーブースでモデルをしていましたね。
去年はもっとライトが強くて顔も思いっきり飛ばしてましたので今回はちょっと雰囲気が違って見えました。
EM131278

ノクチクロン、すごいレンズですね。
JPEG撮って出し、リサイズ以外の加工は一切なし。それでこんなにシャープに写るとは。それでいてボケが優しい。
50mmに近い焦点距離のレンズに対して私は「ボケがうるさい」という印象を持っていますが、このレンズはそんなことないですね。

ポートレートというか人物撮影のイロハのイ、なのですが、目にピントを合わせるというセオリーがあります。
眼球がガラス玉のようにキラキラ光るのを私は理想としてまして、今回のような引き気味の写真でもとにかく眼を狙って撮るのですが、
帰って見返した際、露骨に顔がピンぼけしているような写真は、他の要素でよほど優れていない限り、ボツにしています。

今回の写真は顔にかなりピントを合わせることに成功していて、私としても満足のいく結果でした。
狙ったところにピントがビシッと合っていて初めてその前後のボケが意味を持つというか引き立て合うというか。
ピントが合った部分のシャープさとボケの優しさ美しさ、そのメリハリがしっかりしているレンズだと思いました。
ところでこれ、もしかしたら顔認識をONにしたら、ポートレートの歩留まりがさらに上がるのでしょうか?
だとしたらE-M1恐るべし。ノクチクロンとの組み合わせは無敵ですね。絞りリングが使えない以外は(笑)

今回はこの辺で。
CP+ではお姉さんだけではなく、もちろん新製品もボチボチ見て回りました。
夕方に着いたもので時間がなく、例えば富士フイルムX-T1やシグマDP2のような行列ができているものはスルー、
セミナーをハシゴしつつ各ブースを見て回る、カタログはお姉さんから受け取る、その時にお姉さんを撮らせてもらう、
そんな立ち回りで堪能してきました。
この空間は私にとっては天国のようなものです。ずっと顔がほころびっぱなし。
やはり「どこを向いてもカメラだらけ」という異空間それ自体が最大の楽しみ!なのです!
EM130058

次回はノクチクロンかCP+か。
ともあれ乞うご期待!ということで、またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/814-46c23246