ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > パナソニック「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2 ASPH. / POWER O.I.S.」その1 開封編
2014/02/13 Thu 21:59 マイクロフォーサーズ
本日発売のパナソニック製ライカブランドレンズ「LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2 ASPH. / POWER O.I.S.」、
早速手に入れて、開封いたしました。
上に書きましたように正式名は結構長い&英語なので、分かりやすく以下「ノクチクロン」と表記いたします。
現在ノクチクロンという名前のレンズはこの一種類ですので、他のレンズと混同することはないかと思います。

なんでもこのレンズ、月産100本なのだそうで、最初聞いた時には「本当かいな、それどこ情報よー」とソースを探したのですが、
探すも何もメーカー公式でそう掲載されていました
そう聞くと、何だか貴重なものを手にしているような気もしますね。
購入価格は168,000円でした。マイクロフォーサーズのレンズ1本を買うのにこんなに高くつくとは思いませんでした。
おかげで只今賢者モードでございます。しばらくは何も買う気が起こらないことでしょう。
DSC03995

レンズを取り出します。太いレンズです。
25mm/F1.4はプラスチック鏡筒でしたがこちらは立派に金属製です。
本物のライカユーザーの方からしたら「所詮パナライカ」ということになるんだとは思いますが、
私には充分立派なレンズです。所有する喜びが刺激されまくりです。
余談ですがこのレンズには「MADE IN JAPAN」の刻印がありました。
DSC03999

フードも金属製で、内側には植毛されています。
はめ込むタイプではなく、ネジで固定するタイプです。
レンズ自体が太いですので、フードをつけたらとても大きくなります。
写真でノクチクロンの右隣り手前にあるシルバーのレンズはマイクロフォーサーズの単焦点でも大きい部類の「オリンパス 75mm F1.8」です。
DSC04000

E-M1に取り付けてみます。
このレンズには絞りリングがあるのですが、現状でE-M1では反応してくれません。
E-M1のファームアップが待たれるところです。オリンパスさん、対応よろしくおねがいしますm(_ _)m
DSC04004

さっそく試し撮りしてみます。現場で合間に撮ったEOS 5D Mk3ですが今回その事は直接関係ありません。
後ろのボケ方がとても優しく、マイクロフォーサーズのレンズだと思えません。これがF1.2の力なのか!?
開放でぶん回してやる!と心に誓ったのでありました(笑)
EM131202

このレンズ、とても太いですのでE-M1(縦位置グリップ無しの状態)でこのレンズを取り付けますと、
下部はボディよりノクチクロンの方が大きくて、ほんのわずかですが、はみ出てしまいます。ハミチクロンです。
平たくて硬いところ、例えば石の床などに今までと同じ感覚で置くと、レンズに傷がつきそうです。
DSC04001

今回はこの辺で。次回から実写編です。
この記事を書いているのは2月13日の夜なのですが、今日はノクチクロン発売日であると同時に「CP+2014」開催初日でもありまして、
実はノクチクロンを携えて行ってまいりました。
夕方に行ったものですから閑散としていて、かなり余裕を持って見て回ることができました。
そこから良さそうなものをピックアップして掲載してまいります。

またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/813-26497409