ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS」その2 東京駅とKITTEで試し撮り
2014/01/12 Sun 16:00 ソニーα
前回に続き、ソニーフルサイズ対応Eマウントレンズ「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS」関連エントリとなります。
ソニーユーザー界隈では「Carl Zeiss Vario Tessar T* FE 24-70mm F4ZA」に関心が集中している中でこちらのレンズをチョイスしたわけですが、
小型軽量で持ち運びに負担が少ないことが魅力で、今のところその恩恵を受けまくっております。
もっとも「FE24-70バリオテッサー」がかなりの人気で、私が予約しに行った時には「発売日に引き渡しは不可能」と断言されたため、
「あっそ」と諦めた、という経緯が理由としては大きいのですが。

で、今回は試し撮りも兼ねて東京駅丸の内口へ行ってまいりました。
いっつもじゃーん(いっつもじゃーん)と、ツッコミがやまびこのように聞こえてきますが気にしません。
DSC01905

丸ビルの方を向いて撮ってみます。
普段あまり「広角を使って、見上げているような広い写真」を撮りませんので、私的には目新しさがあります。
28mmでもじゅうぶんワイドですよね。
DSC01906

丸の内南口方面に歩いていきます。目指すのはKITTEです。
そういえば私はKITTEの巨大クリスマスツリーを撮らなかった!今思えば不覚!まあ仕方がないか。
DSC01919

KITTE内部です。三角形の巨大な吹き抜け。
毎度見上げて撮ってしまうのですが、どうしてクリスマスツリーをスルーしてしまったんだろう。
DSC01922

この写真はKITTEの4階にある「東京中央郵便局局長室」から撮りました。
赤レンガ駅舎の迫力がいちばん伝わってくるスポットではないでしょうか。
DSC01969

毎度のことながら屋上庭園に上がります。
望遠端で新丸ビルの方面を狙ってみますと、意外にシャッキリ写ってくれるではありませんか。
無印キットズームではありますが、私的にはこれぐらい写っていれば納得です。ビルの窓の中の照明ひとつひとつまで見えますね。
丸の内にお勤めの皆様には、窓際で不倫するのは控えることをお勧めいたします。
DSC01932

当ブログとして初の試みとなるHDR写真です。
HDRとは「ハイダイナミックレンジ合成」のことで、要は「暗い部分を明るく見せるために同じ所から露出を変えて何枚も撮り、合成処理する」というものです。
1回シャッターボタンを押すと、カメラが自動的にシャッタースピードを変えつつ何枚も撮ります。人間はそれを待つだけという感じなのですが、
1回ごとにけっこう時間がかかるということもあり、私は普段HDRを使おうと考えませんでした。
「HDR風の画像処理」をしたことはありますが、「HDRモードで撮影」するのは今回初挑戦ということになります。
屋上庭園の手すりの上にカメラを置いて、ひたすらHDR。
結果、こんな感じに仕上がりました。当たり前のことですが、実際の景色はこんな色ではありません。
この不自然さがHDRの魅力(?)なのだろうと思いますが、まあ、これを使用するのは時々でいいや。
DSC01944

今回はこの辺で。次回も実写編の予定です。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/792-04fff121