ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「Carl Zeiss Sonnar T* E 24mm F1.8ZA」その5 クリスマスイブの表参道
2014/01/06 Mon 00:00 ソニーα
ソニーEマウントの人気レンズ「Carl Zeiss Sonnar T* E 24mm F1.8ZA」関連エントリとなります。
2014年の年が明けて一週間近く経とうとしておりますが、相変わらず当ブログは昨年末の写真でお茶を濁すという(笑)
まあいいや、気にせず行きましょう。今回は表参道編です。

昨年のクリスマスイブに表参道イルミネーションを見に行った際にもこのレンズを携行しておりました。
換算36mmと55mm、それに135mmの3本です。ウンガッグッグッ。
55mmの記事135mmの記事は既に掲載しました。今回は換算36mmこと「ゾナーE24mm」で撮った写真を掲載します。
前回でも少し触れた「水平を取ることを強く意識した」写真です。
私は水平を取るのが下手くそで、この写真もわずかに傾いているのですが、これはこれで努力したということで勘弁してください(ToT)
DSC01309

表参道ヒルズの中に入ってみました。
巨大な吹き抜けにクリスマスの飾り付けがいっぱい、色は青紫色でしたね。
一人で歩いていたのは私だけだったかもしれません。ここはそそくさと退散(笑)
DSC01333

表参道ヒルズの外に用意されていた記念撮影ブースです。アベックが行列を作っていました。
もっとツリーに寄って、左の通行人をフレームから外すこともできたかもしれませんが、今回はそうしませんでした。
自宅でトリミングすればもっとシンプルに「ツリーとアベック」という写真にできたかもしれませんが、今回はそうしませんでした。
通りを行き交う人と、光を当てられてポーズをとっているアベックと、両方を見せたい。
そこに対比なりストーリーなりを見出すこともできるだろう、ということです。
写真として中途半端な結果になっているとするならば、それは私の腕が足りなかったということであります。
DSC01323

表参道ヒルズの一部、ということになるのでしょうか、元同潤会アパートのショッピングモールです。
古びた建物のはずなのにこう見ると雰囲気があるぶん魅力的ですね。
何でもかんでも建て直すだけが能ではないということなのでしょう。
オリンピック東京誘致は良いのですが、それによって無用の建て替えが進むらしいです。
別に水を差したいわけではないのですが、ほどほどにしてね、と思っています。
あ、TX東京駅延伸だけはぜひやってください。それが出来た後ならオリンピック返上してくれてもいいです(笑)
DSC01365

この犬、ぬいぐるみなのはご覧のとおりなのですが、大きくて、しかもよちよち動くのです。
可愛らしいと同時にちょっと気味が悪い(失礼)ものですから、通り過ぎるアベックたちも遠巻きに見ている感じでした。
そんな中私だけが近寄って、しゃがんで、ばしばし撮っていたわけです(笑)。
DSC01436

この写真、ショーウィンドウとマネキンという当ブログとしては定番の題材なのですが、私的には頑張ったのです。
マネキンの正面からではなく側面を探した点、ピントがマネキンに綺麗に合っている点、
そしてサンタ帽がたまたま通りがかったのをとらえることができた点で気に入っています。
DSC01319

この「地下鉄入口」も、当ブログ定番の題材です。
これを見ながら今更ながらに考えました。都内を回ってこればっかり撮り回るのも良いかも!?
駅ごとにその街の特徴を落とし込めばちょっとしたカタログになるのではなかろうか。
もしかしたら既にどこかでやっているかもしれませんが、後追いでも何でもやってみてもいいかもしれません。
DSC01451

今回はこの辺で。これで今季のクリスマス関連の写真は出し尽くしました。
ただ、昨年末に撮った写真はもう少しありますので、そちらは頃合いを見て掲載してまいります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/786-b6dba771