ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「Carl Zeiss Sonnar T* FE 55mm F1.8ZA」その1 開封編
2013/12/20 Fri 22:54 ソニーα
本日発売のフルサイズEマウント単焦点レンズであります。
金策(というか遊びモノの予算)のやりくりが上手くいき、手に入れることができました。
例によって予約も何もしていなかったので、朝イチにヨドバシドットコムで「店頭在庫」のチェック。
ほぼ全店舗に在庫アリと表示されたので安心し、昼休みに近隣のヨドバシにダッシュ。
前評判が高く「こいつは即売り切れか?」と思っていたのですが、夜になってヨドバシドットコムをあらためて見ても在庫は潤沢な様子。
さしあたってはスロースタートの雰囲気ですね。


我が家のソニーツァイスは、数えてみたらこれで8本目でした。約7年がかりで集めているとはいえ贅沢な話です。
このツァイスの検査証は、私は実印と一緒に保管しております(笑)
どうやらJ.Koikeさんは退職されたようですね。


レンズは使ってナンボ、早速取り付けて、会社帰りに試し撮りをしてきました。
そのあたりのことは次回に掲載する予定です。
小さいレンズです。しかしズッシリ感があって良いですね。
私的にはカメラは「小さいけど重い」のが良いなあ。OM-D然り。


今回ついてきたレンズキャップ、ツマミの部分が指がひっかかるように工夫されていて、
同径のNEX時代のレンズキャップよりも使いやすくなっています。
私はFEのレンズ初購入なのでこのことを初めて知りました。
このような細やかな、しかし使い心地に直結するような改善提案は、これはきっと馬場先生だな?知りませんけど(笑)


コンパクトなレンズながら随所に高級感が漂う逸品です。
このレンズフードは驚きました。
写真がちょっとボケていますが、下半分(型番が入っている部分)が金属製です。上半分がプラスチック。
Aマウントのツァイスですら最近のフードはイマイチだと思っていたので、これはちょっと驚きました。


そしてポーチ付き、と。
付属品については何だか「Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4ZA」よりも良いんじゃないでしょうか。
想像するにこの差は「F1.4とF1.8の、コストの差」なのかなと。
50プラナーはF1.4故に高コストレンズであり、付属品はケチるしかなかった、
一方今回の55ゾナーはF1.8だからそこまで高コスト体質でもなく、付属品にお金をかけることができた、と。違う?
それはそうと春香さん、おにぎりをもらって有頂天らしく、お仕事を完全に忘れてます。


というわけでこのレンズを使って室内で試し撮りです。
環境次第ですが、よくボケてくれます。
最短撮影距離が少々長めの50cm、とはいっても標準レンズとしては平均的なので文句を言う筋合いではないですね。
ボケは美しいのではないかと期待しています。50プラナーのボケが少々硬めな印象ですので、こちらは柔らかいと嬉しいなあ。


今回はこの辺で。次回は夜撮り実写編です。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/771-38c2a3ea