ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「α7R」その21 モノクロ新宿南口
2013/12/09 Mon 00:00 ソニーα
モノクロとは何か。



と、大上段から偉そうに書き始めてみましたが、もちろん答えを用意できているわけではございません。
私の写真歴は一眼を本格的に始めて10年にも満たないデジタル全盛時代の駆け出しであり、
学校で専門的な教育を受けたわけでも特定の師匠について集中して経験を積んだわけでもありません。
そんな若輩もいいとこの私がこんな偉そうな書き出しをしたのは何故か。
もちろん、今回の記事の主題が「モノクロ」だからであります(笑)。

というわけで今回は、当ブログとしては一風変わったモノクロ写真に挑戦しています。
今回モノクロでまとまった枚数を撮り、その面白さが何となく分かったような気がしました。
もっとも「何となく」「分かったような」「気がした」だけですので、真髄を究めたわけでもなんでもありません。

今回は新宿に行ってきました。
現在の私の行動パターンからは完全に外れている新宿界隈ですが、たまに行くことがあります。
新宿駅南口を出て、少しの間モノクロだけで撮ってみようと試みました。
DSC09506

こういうお店が世界一の利用者数を誇る大ターミナル駅前の超一等地にある、この街の懐の深さを感じます。
DSC09510

ここのゲーセンにはよく行ったなあ。
今は山手線の西側にあまり行く機会がないので、私には懐かしく感じられる風景でもあります。
DSC09514

こういう猥雑な空間が魅力なのでしょうね。
奥にはパチンコ屋さんがあったはずですが今はシャッターが下りていたので、たまたま通りがかった人で空間を埋めさせてもらいました。
DSC09512

高島屋側、と呼べばいいのでしょうか、陸橋から見下ろして撮りました。
モノクロだから何だってんだ、この写真でいったいどこを見せたかったんだ私は?
DSC09495

陸橋から階段を下りているところです。上の写真よりは撮った目的が明確でした。
ぞろぞろと階段を下りている雰囲気を表現、だからブレてても採用、というわけです。
しかし、モノクロである意味は?と問われると即答できません(^^;
DSC09503

高島屋のイルミネーションで、ここだけあえてモノクロで撮りました。
この写真を最後に通常のモードに切り替えてカラーで撮っておりまして、その写真は次回以降に記事にしていく予定です。
DSC09522

私にとってのモノクロモードとは、「色が邪魔な時に使うモード」なのかな?
現時点ではそういった要素が強いように思います。
この風景の中でこの部分を見せたい、だけど他の部分の色が派手で主題を絞り込む邪魔になる、そんな時に便利なモノクロ。
しかし、それだけなはずがない。何かあるからこそデジタル時代になおモノクロ写真が多用されていると思うんですよね。
ソニーでもオリンパスでも、モノクロを「画像処理モードのひとつ」として用意していて、
アートフィルター的な扱いで「どうですちょっとアーティスティックでしょ」みたいな売り方をしているのですが、
それだけなのでしょうか?
「普段カラーに見慣れているからこその『古いけど新しい』という感覚」以外に、何があるのか。

モノクロに本気で取り組んだ記事を書く時には、
「その現場では、モノクロモードしか使わない」ことを縛りとして設けていこうかな、と考えています。
あっちでカラー写真の合間にちょこっとモノクロで撮った、こっちでカラー写真の合間にちょこっとモノクロで撮った、
それをかき集めて「今回はモノクロだけの記事です」という仕立て方は極力控えようということです。

偉そうなことをさんざん書いてきましたが、
要は「私がモノクロの使いドコロを体得したい」ということであります。これも練習と経験でしょうね。
時にモノクロオンリーの記事が載った時には「ああ勉強中なのね」と暖かい目で見守っていただけると嬉しいです。

もはやα7Rを使った記事であることに本文中でまったく触れていませんが、
とにかくα7R関連記事はまだ断続的であれまだ続くと思います。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/761-1df6f20c