ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「α7R」その11 神宮外苑いちょう祭り
2013/11/25 Mon 00:00 ソニーα
ソニー入魂の新型デジタルカメラ「α7R」関連エントリとなります。
今回はクリスマスイルミネーションではなく、紅葉シリーズです。
Flickrでお付き合いがある方が神宮外苑の写真をアップしておられまして、写真自体に綺麗で惹かれたのはもちろんですが、
外苑のイチョウ並木の色づき具合を今年初めて写真で見ることができましたのでとても参考になり、
また大いに触発されましたので行ってきました。

イチョウは「東京都の木」ということもあり世話も楽だということであちこちに植えられているとの事なのですが、
都心部ではやはりここの風景が良いですね。
DSC08220

イチョウですからもちろん黄色く「色づく」わけですが、
このあたりはよく見渡してみると黄色・赤・緑とカラフルなのが分かります。
DSC08235

人出はかなりのものです。大混雑です。
車道は途中から封鎖されて歩行者天国となっておりました。
DSC08223

α7Rには回折ボケを低減する機能があるそうですが、実際にはどうでしょう。
あの万能マシン「OM-D E-M1」ですらひと絞り程度の効果と聞きますし、判別がつくかどうかも分かりません。
余談ながら、光芒の長さは絞れば絞るほど長くなるのですね。
この写真はCarl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZAを使ってF22に絞って撮っていますが、そのあたりいかがでしょうか。
DSC08252

樹木をモチーフにした写真を撮る場合、このように「葉っぱや花にピントを合わせて背景を思いっきりボカす」のは定番ですよね。
その場合のポイントはふたつ、「背景の色」と「葉っぱや花の形」だと思います。
葉っぱの形は可能な限り整っている方が見栄えが良いですし、端っこが枯れかかっているような葉っぱを主役にするには疑問もあります。
が、背景との兼ね合いでこの葉っぱしかないのだ、ということもありますね。
そのあたり、多少差し引いて見て下さい。
DSC08342

余談になりますが、このあたりのエリアは青山ですね。やはり往来する人たちは裕福なんだろうなと感じます。
こんな都会のど真ん中で、犬の散歩をしている人のなんと多いことか。
犬の散歩をしているということは、この近辺に住んでいるということです。家賃いくらなのよ!?w
私も都内に引っ越す際に家賃にはお金をかけるつもりで物件を探したのですが、このエリアはまったく歯が立ちませんでした(笑)。
え?この写真と何の関係があるのかって?
そういった「人生に余裕がある」感じの写真に見えませんか?(笑)
うらやましい限りであります。
DSC08324

今回はこの辺で。記事ふたつ分という構想で写真を準備していますので後編を用意していますが、
イチョウの写真は最近の中では珍しいので大切にしようとも思い、ちょっと間をあけて掲載しようと考えています。
私はひとつひとつに意思をこめて写真を掲載していますが、ご覧いただく方にとっては似た写真に見えるでしょうし、
その意味では同一テーマでの記事連投も時と場合によるよなあ、と思うこともあります。
だったらせっかくのα7Rなのにクリスマスネタばっかりなのを何とかしろよ!とのご指摘、ごもっとも!(竹中直人調で)

ともあれ、α7R関連記事は続いていきます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/749-79a887dc