ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「α7R」その9 六本木ヒルズでイルミネーション撮影 66プラザと屋内イルミ
2013/11/23 Sat 00:00 ソニーα
前回・前々回に続き、六本木イルミネーション編となります。
今回は六本木ヒルズ、私は例年ミッドタウンとセットで回っています。
六本木ヒルズのイルミネーションと言えばけやき坂ですね。そちらは次回ということで、
今回はメトロハット側から入って建物の中などをウロウロした時の写真を掲載します。

66プラザ、名前の由来は六本木六丁目だから、なのだそうですね。
超高層ビルと巨大ツリーが競ってそびえ立っています。
森タワーの左側面で光っているのは、ビル外壁にわざわざ取り付けられた照明です。これだけ外向きについてます。
この光を「キュピーン」としてる光のスジにするには絞るしかないのですが、
手ぶれ補正非搭載のα7Rでそれをする度胸がありませんでした。絞り開放で手ぶれ防止を優先しています。
DSC07576

ここでもシグマの対角魚眼レンズを使用しました。今年の六本木編の主役とも言えます。
どうも私はここに来ますと六本木ヒルズ森タワーを取り入れた写真が多くなりがち、というかそればかりになるのですが、
まあ季節のものということでお付き合いください(笑)。
DSC07568

蜘蛛にもたれてツリーを眺める外人さんを撮りました。うーんいかにも六本木。
絵になっているもので同じシーンをカラーとモノクロで押さえたのですが、ここはモノクロでいってみます。
DSC07575

そのまま設定を変えずにモノクロもういっちょ。
広場に面したカフェです。モノクロにすると雰囲気も変わるものですね。
モノクロのまま撮ったのは、この構図だと緑色をした誘導灯が目立って雰囲気を損ねていたからでもあります。
DSC07588

余談になりますがこのあたりから東京タワーを(障害物無しで)眺めることができるのですが、
気合を入れて撮りまくった東京タワー約20枚、物の見事に全部ブレてました(笑)
ついに来ました手ブレ補正非搭載機の洗礼であります。非常にキビシー(耳をつまんで叫ぶ感じで)
反省を込めて掲載いたします。
DSC07597

建物の中へ。六本木ヒルズって複雑な構造をしているように思います。不慣れなだけかな?
ここは何というエリアなのでしょうか。とにかく巨大なハートマークが宙に浮いています。
広さとハートを同時に押さえるために対角魚眼に取り替えて撮りました。
DSC07600

六本木ヒルズ森タワーはとても特徴的な形をしていますので、どうしてもこんな風に写真に収めてしまいます。
この写真は手ブレしていませんね。よかった。解像具合が半端ないですね。
DSC07564

今回はこの辺で。次回はけやき坂の写真を掲載していきます。
この日はアリーナという屋根付き中庭で何やらイベントが行われており、入場規制&撮影禁止の厳重警戒をしていたあたり、
大物芸能人か何かが来場していたのかもしれませんが、とにかく毛利庭園へ行けませんでした。
DSC07656

α7R関連記事はまだまだ続きます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/747-34edc1ce