ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「α7R」その8 東京ミッドタウンでイルミネーション撮影 ガーデンの青とサンタの赤
2013/11/22 Fri 00:00 ソニーα
前回に続き、六本木クリスマスイルミネーション撮影の写真を掲載していきます。
今回は東京ミッドタウンの後編、ミッドタウンイルミネーションを一躍メジャーにした「ガーデンの青イルミ」を中心にお届けします。

前回のエントリでは「プラザ」と呼ばれるミッドタウンの屋根付き広場を対角魚眼レンズで撮りました。
イルミネーションと屋根の照明とが織りなす華やかさを魚眼で撮ろう、と狙っていたこともあり、
私的にはお腹いっぱい写真を撮らせてもらいました。
対角魚眼レンズの習性をちょっとずつ考慮して歪曲の特性を何となく利用しながら撮っていたわけですが、
それをくっつけたままガーデンに出て行きました。
例年広角レンズで撮っているのですがどうにも地味な出来でして、魚眼だとどうなるかな?という興味があったのです。
結果、こんな感じになります。うーむ私もまだまだ修行が足りない(笑)
DSC07704

青いじゅうたんのようなイルミネーションの上で音楽に合わせて光が動くという演出が行われます。
その演出の中で、青いイルミが消灯して赤いラインがいくつも走る、というシーンがあるのですが、
このエリアにもっとも多く光を供給している青いじゅうたんイルミが一斉に消えますので一気に暗くなります。
その中を赤い光のラインが走るのですが、これはさすがに暗くて撮れないだろ…
と思い、感度を上げて明るく撮りました。
何となく周辺の雰囲気も出ていて、私としてはよく頑張ったと思っています。
DSC07710

東京タワーがよく見えますので、思わず撮ってしまいます。
隣で東京タワーを眺めている大学生と思しきアベックの会話が聞こえてきたのですが、
男「お、東京タワーじゃん」
女「え、でも別に珍しくないんでしょ?慶應(義塾)からだったらいつでも見れるんじゃないの?」
男「う、うん」
男の方が女の子にツッコまれているような雰囲気で、さては学歴詐称のニセ慶應ボーイ?と思ってしまいました。
DSC07715

レンズを付け替えてふたたび正面広場に。
魚眼で撮りまくったサンタクロースですが、普通のレンズで撮るとこんな感じです。まあ普通ですね(笑)
DSC07743

今年のミッドタウンは至る所にサンタクロースがいる印象です。
これはサンタツリーです。親指サイズのサンタ人形がいっぱい寄り集まって巨大なサンタツリーを形成しています。
ここはガレリアというのですかね、ショッピングモールの入口にありました。
DSC07725

華やかなイルミネーションを眺めながらワイン、って感じでしょうか。良いですねえ。
仕事帰りに一人で行っていますのでちょっと立ち寄って、というわけにいかないのですが、こういうお店に寄り道しながら見物したいものです。
DSC07680

水面にイルミが映るようしゃがんでα7Rを構えて、人が通るのを待ちました。
おっさんグループや学生の集団が行き交うのをスルーした後、よさそうな被写体が通ったのでこんな感じで。
DSC07674

というわけでミッドタウン編・後編でした。
前編に比べて全体的に暗い中での撮影で、どうしても手ぶれを恐れてしまいます。
しかし「ええい俺は事故らない!」と開き直り、手ぶれ補正非搭載なのを忘れたふりしてブン回した結果、
意外にブレずに撮る事ができました。
上で載せた東京タワーの写真など135mmで撮ったのですが、これもブレてなーい。
ダメで元々、やってみるものです(笑)
DSC07768

α7R関連記事はまだまだ続きます。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/746-571a2f2e