ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > 丸の内仲通り「丸の内イルミネーション2013」四回目 「PEN E-P5」と「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」との組み合わせ
2013/11/11 Mon 22:32 マイクロフォーサーズ
11月も中旬に入り、都内各地でクリスマスイルミネーションが本格的に始まりました。

ところで余談から初めて恐縮ですが、ここ数日で「Facebookやってますか」と「Google+やってますか」と尋ねられる機会が何度かありました。
すみません、やっておりません。やる予定もありませんm(_ _)m
ネット上で私個人宛てのやりとりはTwitter主体でお願いできればと思います。

それはともかく。
クリスマスイルミネーション、ここ数年は気合を入れて11月中には都内の主要ポイントを網羅する状況でした。
が、今年はスロースタートです。ゆっくり廻ろうと思っています。
11月に全部見てしまうと、肝心の12月に雰囲気もへったくれもなくなってしまうのです。
ちょっとはクリスマスの雰囲気を味わいたいですよね。クリスマスソングは12月に聴きたいです。
というわけで今回は丸の内ですw
当ブログとしては手垢のついた定番ポイント丸の内、既に10月初頭からイルミネーションが始まっているのですが、
11月に入って「獅童感動」に替わるクリスマスイベントが追加されました。
これがなんとディズニーとのコラボレーションという何ともブログにしづらいものでして(笑)
さて、目をつけられない程度に写真撮影して記事にするにはどうすればいいか。試練の冬であります。

EP590679

使用した機材は「PEN E-P5」と「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」との組み合わせです。
とこかのウェブ記事で「機材はシンプルに、写真のことを考えろ」というのがありましたが、私は基本的に全面的に賛成の立場です。
が、だからと言って機材トークを下賎の行為と見なすような言行は、私は避けようと思います。
現場で「いやーホワイトバランスが上手く行かなくてさー」とか掛け合いながら撮るのは楽しいものですよ。
ケン・ロックウェルもまさかその楽しみまで否定するわけではありますまい。読む側が恣意的に解釈しているのかもしれませんね。
EP590695

丸の内ブリックスクエアに、くまのプーさんをモチーフにしたクリスマスツリーが設置されています。
てっぺんは星型の飾りではなく、ハチミツの壺なんですよね。プーさんファンなら大喜びなのかもしれません。
で、ここでパンパン撮っていますと若い女性グループが次から次へとやってきてキャー綺麗、とやっています。
EP590693

ただ、ブリックスクエアは東京駅からちょっと離れていますのでそれほど混雑しません。平日はスカスカと言ってもいいかも。
ですので私のような撮影目的、ショバ代にちょっとは買い物なり何なりしていこうか~みたいな輩には過ごしやすい場所でもあります。
EP590685

自分の恥を晒すようですが、ここでこの写真を掲載します。TOKIAのド派手な入口の、何のこたぁない平凡な写真です。
が、相変わらず水平が取れていません。この写真も「よしこれで万全!」と思って撮ったものだった、はずでした。
今年の目標に「水平を取れるようになる」と挙げていたのですが今なお道険しであります。
このままですと来年の目標も「水平を取れるようになる」になるのではないかと(ToT)
EP590702

結局こういう写真ばかり撮っているから水平が苦手になるのかもしれません。が、めげずに頑張ります。
EP590705

そういえば昨年ぐらいからこの手のイルミネーションスポットへ行っても、観光客やアベックから
「すみません、ちょっと撮ってください」と頼まれることが激減しました。
数年前ならどこかに行くたびに少なくとも一回は声を掛けられていたのですが、去年も今年もそれがほとんどありません。

私の見解になりますが、従来コンパクトデジカメで撮っていた人たちが一気にスマホに移行したのが影響している、と思っています。
スマホなら自分撮りも簡単にできますから他人に頼る必要がない。これは大きいですね。
せいぜい腕の長さ、という至近距離から撮られるわけですから写真にも迫力がありますよね。
ましてその距離にカメラがあるということは、フレームに収まるためにはふたりはくっつく必要がある。
これ以上のシチュエーションがありますでしょうか!いや、ない!
私がその立場なら他人に撮ってくれとは頼まないね。スマホで自分たちを撮る。おもいっきりほっぺたを寄せてね。
最近はミラーレスでも液晶がパタンとひっくり返って自分撮りできる機種が登場してきていますが、
まだまだ自分撮りミラーレスは普及しているとは言えませんね。ミラーレスでそんな撮り方してるの見たことないw

また、撮影スポットでコンデジを持つ人を見かけることが本当に少なくなりました。
一方であからさまに「写真を撮っている」と分かる人は増えているような感触です。
コンデジ所持は減っている、だけど撮る人は増えている。この差分はミラーレスとスマホで二分している、
いや、スマホの方が多いのではないでしょうか。

スマートフォンは、ケータイ(ガラケー)の時以上に写真を撮るという行為の敷居を下げている。これは間違いない。
その最大の要因は冒頭でちょっと触れた「SNS」の影響でしょう。誰もがアップしているのだと思います。
写真を撮り終えた後、その場でスマホを何やら操作しているのをよく見かけます。Facebookなどに投稿しているのでしょう。
全員が発信者、という世の中なのはどうやら本当のようだ、と実感もしました。

話はさらにずれていきますが、そんな中で私達のような写真をアップするブロガーはどこに居場所を求めるか。
これは難しいですね。中途半端な写真を上げていては「そんな写真スマホでも撮れらぁべらんめえ」
と言われてしまいます。
「スマホのカメラ機能」に対するカメラの優位性とは何なのか、「高画質」と「ボケ表現」か

…と考えるうちは発信力をカメラ頼みにしているのでしょう。
(以下長文を書いていたのですが通して読み返すと更に支離滅裂になっていくことに気付いたため削除)
まあ、この手の話題はまた機会を見てあらためてまとめてみます。

次回も丸の内で記事を書くかもしれません。書かないかもしれません。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/735-b3f1293e