ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > 恵比寿ガーデンプレイス「Baccarat ETERNAL LIGHTS 歓びのかたち」その3 「OM-D E-M1」と「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」との組み合わせ 前編
2013/11/06 Wed 00:00 マイクロフォーサーズ
恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイルミネーション編、
レンズごとに記事を分けていこうと試みている最中でして、今回は「オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」で撮った写真を掲載します。
我が家のレンズ資産も充実してきたなあ、と思う中にあって、このレンズは当ブログ的に
「マイクロフォーサーズレンズの頂点」と位置づけているレンズでございます。

ただし、使いこなすのは本当に難しい!w
150mmという画角、加えてF1.8というピントの薄さ、しかも寄れない。
ソニーでいうところの「Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA」に通じるものがあります。
そう言えば我が家のαレンズ最高峰はゾナー135mmだと思っていますので、
難しいと言いつつもそんなレンズたちが一番、と思っている私はドMなのか!?などと思ったりしますw
それはともかく、言いたかったことは「難しい!」ということでして、
どうするかな、と悩んだ結果今回はこういう切り口で挑んでみます。
題して「恋人たち」。Zガンダムを思い出した貴方とは友達になれそうですw
ちょっとブレてるかもしれないがそれはご愛嬌だってばよ!
EM131021

自分撮りツーショットで撮った写真をふたりで確認しているところですね。
私の世代ですと自分撮りなんて無かったですね。写ルンですを使っていたのは一回り下の世代です。
EM131029

撮影結果を確認している時に、操作に迷ってバシャン!と偶然撮った写真です。だからブレてます。
私は若い頃から典型的な非モテ街道を驀進していたものでこんなに腰を寄せて立っているような記憶がまったくございません。
EM131010

嗚呼自分の人生を思い返しても公の場所でこんなに顔を寄せ合って何かを語らう時があったであろうか。いや、ない(反語的に)。
今でこそ、むしゅめをだっこしたときにほっぺをくっつけて歩いていますが、特に学生の頃にはこういうのに憧れたなあ。
友人連中がこぞってリア充を謳歌している中にあって私はひとりもがき苦しんでいたのですが今となってはそれも思い出です。
EM130962

今回はこのへんで。
オリ75で撮った写真を順に見ていくうちに、このような写真ばかりを撮っていることに気付かされました。
確かにこの恵比寿ガーデンプレイスのイルミネーション、バカラのシャンデリアが強烈ですので来場者の目はそちらに釘付け、
人の歩く方向や視線の向きを容易に予測できますのでこの手の写真を実に簡単に撮ることができます。
撮りながら思わず「入れ食いやな…」とつぶやいてしまいましたw
こういった被写体に目が行ってしまうのは、学生時代に憧れながらも果たせなかったことをこの年齢になるまで引きずってしまい、
「うらやましい、妬ましい」と言うよりは「こんな青春を送りたかったな」という、ほろ苦い思いがあるのだろうと思います。
とは言え、もちろんこの手の写真ばかり撮っていたわけではございません。
恵比寿×オリ75mmネタは続きます。次回後編となります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
DSC06941
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/731-0a03b9cd