ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > 恵比寿ガーデンプレイス「Baccarat ETERNAL LIGHTS 歓びのかたち」その2 「PEN E-P5」と「ボディキャップレンズ 15mm F8」との組み合わせ
2013/11/05 Tue 00:00 マイクロフォーサーズ
前回に続き、恵比寿ガーデンプレイスのクリスマスイルミネーション関連エントリとなります。
レンズごとに記事を書き分けるという、当ブログとしては珍しい部類に入る試みを行っていますが、
これやっぱりツライなあ。文章が続きませんて(笑)

それはともかく、今回はボディキャップレンズです。
その名の通り、ボディキャップにレンズがついたという製品であります。
オリンパスから発売されているボディキャップレンズですが最近は同社のハイエンド機種ボディキットには、
E-P5然り、E-M1然り、付属するようになっていますね。
焦点距離は15mm相当、絞り固定のF8相当、30cmかパンフォーカスかを切り替えつつ使います。
使用したボディは「PEN E-P5」、この組み合わせは出っ張りも少なくコンパクトにまとまっています。
OM-Dでちょっと大仰になりつつあるマイクロフォーサーズカメラの原点回帰を目指した、と言えるかも?

EP530550

ガーデンプレイスの恵比寿駅側入口にある巨大クリスマスツリーです。
事実上の固定焦点レンズでAFに依存している私のような新参者カメラ使いには取り回しが難しいはずなのですが、
いちばん上の写真同様けっこう良く撮れたな、と自分では満足しています。
EP530585

写真で言うと右半分、位置関係的には手前であるクリスマス飾りにピントを合わせたつもりですが、
実際にはピントはピシっと合ってはおらず、また、手ブレも起こしています。
ボディキャップレンズはF8の広角単焦点でパンフォーカスで撮ることを想定して作られているわけですから、
夜、手ブレを起こさずボケ描写を生かして撮りたいイルミネーション撮影は天敵とも言えるシチュエーションなわけです。
が、まあ見るに耐えるのではないでしょうか。あとは撮り方ですね。
EP530545

歩きながら何も考えず撮りました。F8ですからシャッタースピードは長くなりますのでこんな感じに。
この手の光跡で遊ぶ演出を計算した上でやってみるのも楽しいかもしれません。
EP530583

これも何となく撮った写真です。水面に映るイルミネーションがどうたらこうたら。
作画意図などを突き詰めて考えていませんので中途半端な出来になってしまいました。
EP530573

自分を追い込んで撮ると、こんな感じになります。私としては頑張った方です。
とは言ってもピントについてはカメラ頼みの出たとこ勝負、考えたのは構図だけです(^^;
EP530563

今回はこの辺で。
夜間、ボケを取り入れた写真を撮るにはさすがに役不足感がありますが、それでもやり方しだいで頑張れるはず。
アートフィルター・トイフォトあたりと組み合わせると味のある写真になるかもしれません、って以前にも書きましたねw
恵比寿ネタ、E-M1ネタ、レンズごとの記事についてはさらに続く予定です。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/730-848a51e2