ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > 「東京スカイツリータウンイルミネーション2013」その1 「PEN E-P5」と「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」
2013/11/01 Fri 23:39 マイクロフォーサーズ
月が変わって11月、いよいよクリスマス到来であります。
…いや、クリスマスは12月だろ何言ってんだこのバカチンが、とお思いの貴方、敢えて言おう、それは違いますぞ!
11月から、各地でクリスマスイルミネーションイベントが続々と開始されるのです。
10月1日から開始されているものすごく気の早い丸の内仲通りはさておき、本格的にイルミネーションが始まる、
当ブログとしては馬の鼻面に人参、水を得た魚、猫にマタタビ、真夏のチューブといった状態でございます。

今回持ち出したカメラは「PEN E-P5」です。
レンズも少なめの2本「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8」と「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」でした。私としては珍しく(?)軽装です。
正直「クリスマスイルミネーションにマイクロフォーサーズってどうなのよ」と思っておりまして、
いやそんなことはない戦えるはずだ、と自ら証明すべく持ち出したというのがまずひとつめの理由。
もうひとつは言うまでもない、E-P5への愛着ゆえ、ということです。

E-M1を買ったとはいえE-P5の出番が消滅したわけではない、我が家で最も「日常の持ち歩きに適したカメラ」ですので、
記事にしないまでも持ち出す機会は多々あります。
発売記念ということもありE-M1関連エントリばかり書いてきましたが、これからはE-P5ネタも織り交ぜてまいります。
EP510469

今回は業平橋側から入ってみます。
業平橋という駅名は変更されてしまいましたが、私としては他の人に説明しやすいこともあり、こういう場合には便宜上使用しています。
EP510467

スカイツリータウンにはふたつの大階段があります。
それらを坂に見立てて業平橋側の階段は「ハナミ坂」、押上側は「ソラミ坂」と名付けられています。
これらの階段にイルミネーションが施され、他にはない雰囲気を演出することに成功しています。
EP510488

縦位置で、ハナミ坂とスカイツリーを一緒に収めることができないか?
やはり17mm(換算34mm)では画角が狭いのでしょうか、階段の雰囲気を写し取るのが精一杯でした。
EP510484

スカイツリーにのぼる人たちにとっては入口にあたる部分、広場につながるスペースです。
子供がキャッキャ飛び跳ねていましたのでシルエットにして背景になってもらおうと思ったのですが、気がついたらいなくなっていました。
EP510491

本日11月1日に開始されたイルミネーションはいくつもありますが、私はスカイツリーを選びました。
職場から近いということと、オープニングイベントに剛力彩芽が出演するという情報を得まして、これは見るしかないなと。
余談ながら私は剛力彩芽に変な印象を持っておりません。ゴリ押しとか言われたりもしますが本人には関係ないことではないでしょうか。
この手の振り方から私的に「この子は良い子だ」と認定しましたw
まああくまでもそちらはオマケ、本命はもちろんイルミネーションです。
EP510493

スカイアリーナという広場です。様々なイベントが催される場所でありますが、この時期はクリスマスマーケットになっていました。
今日は初日でもあり連休前の金曜日ということも影響しているのでしょうか人出がかなりのものでした。
もうすこし時期を見て下旬頃の平日であれば混雑も限定的でゆったりすごせることでしょう。と昨年学びましたw
EP510498

場所は変わってソラミ坂です。
ハナミ坂のイルミネーションは黄色、こちらは白であります。
こちらはスカイツリーとの間にさえぎるものが無いように撮ることが容易でしたので、スカイツリーを含めることに成功しました。
EP510528

今回はこの辺で。
持ち出したレンズ2本のうち今回は「17mm F1.8」を使用した写真を掲載しました。
次回、もしくは次々回ぐらいに「45mm F1.8」で撮った写真で記事を書こうと思います。
11月はイルミネーションあり紅葉ありと盛りだくさんな印象で、写真的にネタが尽きない季節ですね。
鋭意更新してまいりますので、またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/726-9338abf4