ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > オリンパス「OM-D E-M1」その4 カラークリエイターは便利かも
2013/10/15 Tue 16:00 マイクロフォーサーズ
オリンパスから絶賛発売中の新型デジタルカメラ「OM-D E-M1」関連エントリとなります。

オリンパス「OM-D E-M1」その1 開封編
オリンパス「OM-D E-M1」その2 操作編
オリンパス「OM-D E-M1」その3 みなとみらい試し撮り

今回は前々回少し触れました「カラークリエイター」について書きます。
私は「とても良い」と書きました。自己引用してみます。



私的にはダークホース、今回最大の隠し球がこれから書く「カラークリエイター」です。
色相(色合い)と彩度(度合い)を一発呼び出しでグリグリいじる事ができるのですがこの機能はありがたい。
ホワイトバランスとは考え方がちょっと違います。画像仕上げの段階での色味調整をカスタマイズする機能です。
ただ、仕上がってくるものはホワイトバランスをいじったものと大差ありません。
むしろ「ケルビン」に馴染みが薄い方にはこちらの方が直感的に操作できる分便利なのではないでしょうか。
DSC06913

カラークリエイターは良いですね。うん、とても良いです。
この機能のためだけにE-M1を買ってもいいぐらいです、と書くと言い過ぎかもしれませんが、
まったくの主観ですが、アートフィルターに匹敵する主要機能になるのではないですか?これ。
いずれカラークリエイターだけで記事をまとめてみることにします。



さて。
カラークリエイターですが、ライブビューやEVFでリアルタイムに確認しながら色合いと彩度をいじる機能です。
オリンパスの公式サイトからの引用です。
cap

色相30通り、彩度8段階の240パターンで色を作ることができる機能です。
試しに掲載してみますが240通りは大変ですので(笑)5つ飛びぐらいでピックアップします。

標準の設定です。リセット位置でもあります。
サンプルとしてはちょっと緑が多すぎて微妙かなあ。まあ、中央のコンテナあたりを見てください。
EM130214

黄色と赤の中間あたりです。
EM130216

マゼンタからちょっと青寄りのところです。
EM130217

青のあたりです。
EM130218

水色からちょっと緑寄りのところです。
EM130219

緑のあたりです。
EM130220

標準の色相に戻り、彩度を最大にします。
EM130215

同じく標準の色相で彩度を最小限にします。
EM130207

というわけで、色を色々いじることがワンタッチ呼び出しで可能なわけです。
普段「ここは青いイメージで」などとカメラの設定を操作したいと思った場合、ホワイトバランスを使用することが多いですよね。
ホワイトバランス本来の目的はカメラに「現在の撮影環境下における『白』を教える」ためのものですが、
私達はその機能を利用して画面全体の色づけを行うことにも使用します。
ホワイトバランスは色温度を測定するという理論的な行為なのですがカラークリエイターはそれとは違って色相をいじるので、
私の主観では「よりアバウトな、全体の雰囲気作り」という印象を持っています。
ホワイトバランスを変えて出てくる色とカラークリエイターをいじって出てくる色はまた別の趣がありますので、
自分が再現したい色はどちらで撮ることができるのか、柔軟に使い分けていこうと思っています。

私個人に関して言いますと、オリンパスのホワイトバランスプリセット「蛍光灯」はマゼンタ被りする傾向があると思っており、
マゼンタを抜くためにホワイトバランス調整(AとかGとかってやつです)をそのたびに調整しているのですが、
その代わりにカラークリエイターを使用すれば簡単にマゼンタを抜くことができるのではないか、と考えました。
カラークリエイターは動画にも反映させることができますので、仕事でも使えそうです。

ただ残念ながらこのカラークリエイター、他の画質設定機能との併用ができません。
具体的には、アートフィルターやピクチャーモードを選んでいる場合にはカラークリエイターはOFFとなります。
まあそんな時にはホワイトバランスを使うことにしますw

E-M1の様々な機能を、このように折を見てご報告できればと思っています。気が向いたらですがw
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/716-5f6dd493