ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 「マーチ エキュート 神田万世橋」後編 階上部分
2013/09/30 Mon 19:00 ソニーα
前回に続き「mAAch ecute(マーチエキュート)神田万世橋」関連エントリとなります。
昔のものとはいえ一駅まるごと商業施設にしたわけですからecuteとしてもかなり規模の大きな商業施設ですが、
昨今の複合施設に比べるとコンパクトではありますし、業種もある程度絞りこまれているように見えます。
徒歩圏で神田・秋葉原・御茶ノ水と何でもありますので、それらと組み合わせてちょっと立ち寄りカフェでひと休み、
という利用法が良いのかもしれません。

前回は1階部分の商業施設部分を歩きました。
今回は階段を上がって階上部分、旧万世橋駅ホームを見てみます。
この階段を上がりました。「1912階段」と名付けられていました。開業年にちなんだのだそうです。第一次大戦より前なのですね。
DSC09080

ホーム部分には休憩スペースとカフェがあります。
神田寄りの部分に休憩スペース、御茶ノ水寄りの部分にカフェという配置になっています。
ここはホーム部分を改装して使用しているということもあり、中央線が至近距離で通過していく迫力スポットです。
より迫力がある、列車を見やすいのはカフェの方だと思いますが、そちらには行列ができていました。
カフェはあきらめて休憩スペースの方に行ってみます。
DSC09082

さすがに駅名標はレプリカだと思いますが、ここが昔はホームとして実際に使用されていたということが印象づけられます。
向こう側には秋葉原の風景が見えます。
DSC09083

中央線快速電車は日中でも運転頻度が高く、ちょっと待っていればすぐにこうしてやって来ます。
この写真は神田方面から来る列車を撮りました。
DSC09098

逆向き、御茶ノ水方面から来る列車を撮りました。
今更ではありますが、流し撮りとかやればよかったですね。
DSC09131

上の写真の階段とは別のものです。こちらは「1935階段」だそうです。
交通博物館ができた後に作られたものらしいのですが、それでも戦前のものなのですね。
昔のまま、変に手を加えずにそのまま公開されているところが見どころかと思います。
DSC09135

というわけでマーチエキュート神田万世橋編はこの辺で。
神田から秋葉原あたりをぶらりと回遊する時には、ぜひまた立ち寄らせていただこうと思っています。


大きな地図で見る
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/707-3a5dea8e