ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > ベルサール秋葉原「オリンパス新製品体感フェア2013」後編
2013/09/14 Sat 00:03 マイクロフォーサーズ
前回に続き、秋葉原で行われたオリンパスOM-D E-M1お披露目イベントのことを書きます。
私が行ったのは2日間開催の初日、金曜日の18時頃でした。
仕事帰りのサラリーマンが殺到し大混雑、と覚悟して行ったのですがところがどっこいそうでもありませんでした。
2日目は土曜日ですからそれなりに混雑するものと思われます。

今回の主役はこいつ、「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」であります。
と言いつつ中途半端な写真ですみません。不覚にもE-M1と組み合わせて全体を押さえた写真を撮り忘れました。
フォーカスリングがカッコンと手前に動きMFに切り替わる、例の機構を搭載しています。


最短撮影距離が20cmなんですよ!と説明員さんがものすごく主張していたので試したら確かにこれは良いですね。
レンズフードの鼻の先ぐらいまで被写体に寄れます。これはパナ12-35mmでは味わえない感覚かもしれません。
写真ですとちょっと分かりづらいかもしれませんが、フードがミニカーに触れるか触れないか、ぐらいまで近寄り、これでピントが合います。


以下、E-M1 + 12-40mm F2.8PROで撮った写真です。
すべて絞り開放で撮っています。
自然なボケが美しいと思います。


フロントガラスを見て欲しいんだよおおおお


別のミニカーを撮ってみます。


照明に向かってカメラを構えます。もろ逆光で撮り、当然のようにゴーストが発生するのですがとても小さいですね。


持ち歩いていたα99をショーケース上に置いて、撮ってみます。
望遠端ですとこれぐらいボケます。カメラの向こう側、ショーケースが既にボケています。


外観や持った時の感触は、パナ12-35より上質な印象です。ただ、オリ75のような金属的なイメージではないですね。
私はパナ12-35、35-100の愛用者ではありますが、これはこれで持っておきたいと思いました。
姉妹品の「40-150mm F2.8 PRO」は来年発売予定ですので今回は外観だけの展示でしたが、これちょっと大きめです。
パナ35-100をちょっと太く、ぐんと長くした印象です。三脚座もついてますよ!


EVFについて書きませんでしたね。EVFは最新型に搭載されているだけあって見やすいですが、正直VF-4と違いが分かりませんでした。
レリーズタイムラグを短くできるらしいのですが、今回は試しませんでした。今思えばこれがいちばん重要な機能だったかもしれません。
オリ12-40は良いですね。これは買いだと思います。

結論:実物を見たら欲しくなりました!が、我慢我慢。

E-M5で満足しているならば、不要な気がしてなりません。劇的に画質が向上しているならともかく、E-M5も充分綺麗ですから。
E-M1独自の機能で決定的に欲しい!というものがありません。強いて言うならグリップ一体型のボディ外観、でしょうか。
ほんと、フォーサーズユーザー向けのOM-Dって感じです。E-M5と買い替えるのはアリだとは思いますが…

…いやダメだ、ここはちょっと様子見だ!ボーナスと相談だ!アベノミクス頼みますよ!
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/700-f4faa8d0