ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > 海洋堂「リボルテック ダンボー・ミニ Amazon.co.jpボックスver」その2 自宅近辺で百番煎じ
2013/08/25 Sun 20:17 マイクロフォーサーズ
前々回の記事で「リボルテック ダンボー・ミニ」を買いましたよ~、と書きましたが、それを早速使ってみます。
自宅近辺で仕事帰りに撮り歩いてみました。

団地とダンボー。
EP501893

駅とダンボー。
EP501883

花とダンボー。
EP501881

児童公園とダンボー。
EP501891

ベンチとダンボー。
EP501887

ずいぶん前になりますが、まとめサイトで「ロシア人がダンボーを携えて旅に出る」みたいな記事を読みまして、
ああ面白いなあダンボー可愛いなあ欲しいなあ、とずっと思っていたのですが、
当時はリボルテックダンボーが本当に手に入らなくて、まあ今は無理でもいずれ買えるだろう、と諦めておりました。

私はネット通販に淡白でしてアマゾンなどもあまり見ませんから、ダンボーがいつのまにか潤沢な供給量を確保していたことに気付きませんでした。
今回晴れて手に入れることができまして、うきうきしながらカメラとダンボーを持ち出して撮ってきたわけです。
「ダンボー・ミニ」は本当に小さいですので、巾着袋に入れて通勤カバンに入れていても負担が増えません。
常時携行できるサイズですから必然的にシャッターチャンスが増えます。

風景の中にダンボー。ネタとしては二番煎じどころではない、さんざん手垢のつけられたものです。
まったくの私見ですが、写真趣味の人でダンボー所有者は全員これ目的でしょ。
ですからパクリだろうが何だろうが、大手を振って堂々と記事にしてやりますぜい(笑)

普段なら見飽きたようなシーンも、ダンボーが良い調味料となって風景が別の顔を持ち始めます。
これは良い買い物でした。
私は基本的に単細胞で「趣味のマルチタスク」が苦手で、いくつもの趣味に手を出してもおろそかになる趣味が出てきます。
最近「艦これ」というPCブラウザゲームにハマっていてそちらに気持ちが向きがちだったのですが、
そんな私の首根っこを掴んでカメラ趣味に引きずり戻すぐらいのパンチ力が、私にとってのダンボーにはありましたw

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/688-488a864f