ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > オリンパス「PEN E-P5」その14 オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」との組み合わせ
2013/07/25 Thu 00:00 マイクロフォーサーズ
どこまで続く?PEN E-P5関連エントリであります。
カメラは道具、ただ私達のような写真ファンにとっては「毎日手に取る道具」でありますので、
その所有感と言いますか、手にとった時の喜びがあるかないかは重要な要素となります。
で、今回採り上げます「オリンパス75mm F1.8」との組み合わせですが、
その「手にとった時の喜び」が非常に大きい組み合わせなのです。
金属ボディに金属鏡筒のレンズ。このズッシリ感カメラの小ささと合わせて、「中身がぎっしり詰まった」印象をもたらします。
DSC06772

この組み合わせで、色々撮り歩いてみます。
75mm、換算150mmの画角は、我が家ではαの「Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA」が一番近いのですが、
ボケ具合はむしろ「Carl Zeiss Planar T* 85mm F1.4ZA」に近い印象です。
まあ、換算画角がどうなろうと焦点距離自体が伸びるわけではありませんので当然の話ではあるのですが。
ですから、このような写真を開放で撮っても、背景が無用にボケるのを防ぐことができます。
要はフルサイズに比べてボケないということなのですが、ものは言いよう、ということですねw
EP550583

広角とはまた違った「迫力」を写し取ることができます。
横浜駅10番線、元東横線ホームだった場所を無理矢理転用していますのでホームが弧を描いています。
E259系N'EXが到着するところです。
EP550550

ボケで雑踏を表現する!いえそんな撮影意図はございません。ただのスナップですw
でも何だか雰囲気がありますね。適度なボケ具合、と言えるのではないでしょうか。え?言えない?
EP550570

場所は変わって丸ビルです。あ、違う。新丸ビルでしたね。
夜にさしかかる時間帯だったのですが、開放ですとこのように止めて撮ることができます。
EP550604

大手町のビル建設現場を見上げて撮っています。
しっかり構えて撮ったつもりだったのですが思ったほどにはカリカリになりませんでした。微妙にブレてるのかな?
EP550612

このレンズを使っていると、マイクロフォーサーズも大したもんだ、という思いになります。
APS-Cやフルサイズに比肩するようになったか、という意味なのですが、
正直この感覚は、主観で恐縮ですが他のレンズを使っている時には感じられず、このレンズ独特の感覚です。
マイクロフォーサーズのレンズ全般に言えることなのですが、レンズを使っていると「便利」という言葉がまず思い浮かびます。
しっかり写り、工夫すればボケも描写できる。何よりも小型で取り回しに有利。
ですから「便利>写りも良いね」みたいな感想になりがちなのですが、このレンズだけは違います。
オリ75mm関連記事は当ブログでも何回かエントリにしてきましたが、その時にこのレンズを指して「便利な」と形容したことは一度もありません。
サイト内検索して裏を取ったので大丈夫だと思います。
写りの良さで勝負、使いやすさは二の次(笑)という男前なコンセプト、私は大好きですw
私も何とか頑張って使いこなしていきたいなと思っています。
EP550605
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/665-73cd5f5a