ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > カシオ「CELVIANO AP-450」
2013/07/22 Mon 00:00 マイクロフォーサーズ
むしゅめがピアノを習い始めまして、それに合わせて電子ピアノを購入しました。
私自身は興味はあったものの全く知識がありませんでしたので、店員さんの説明を聞きながら、その中で自分なりのチョイスをしました。
それがなぜカシオなのか。そのあたりも書ければいいなあと。
購入価格は85000円ぐらい。
余談になりますが、ソニープラナー50mmの購入資金をこちらに回しましたのでゲットは先送り、
自腹入手&レビュー記事という流れは数ヶ月先送りとなります。今はE-P5を使ってますからそれはそれで良いのですが。
EP501318

ピアノといえば数十万~数百万という買い物で、庶民が家庭に置くものではない。ブルジョアの嗜みである。
そう思っていたのですが、購入を意識して楽器売場に行きますと電子ピアノってリーズナブルなんですね。
エントリーモデルは数万円から、高級モデルは50万とか60万とか、ピンキリの印象です。
EP501317

電子ピアノの音色は、私のようなド素人が音だけ聴き比べてもアコースティック・ピアノと判別がつきません。
音質についてはある程度のレベルに達していて、今は鍵盤のタッチ感覚を(鍵盤素材も含めて)近付けていく努力が行われているらしいです。
EP501320

私の周囲でピアノをやっている人達にオススメメーカーはどこか?聞きましたら、全員「ヤマハ」と答えました。
理由を聞くと概ね同じで「ピアノ買うならヤマハでしょ」ということのようでした。ふーん、そういうものなのか。
店員さん曰く「ピアノに近いタッチ感覚なら、カワイでしょうね」との事。さらには

もともとアコースティック・ピアノを作っていた「ヤマハ・カワイ」が電子ピアノにノウハウを持ち込んでいて強みがある、
電子機器メーカーであるカシオ・ローランド・コルグ等が電子技術を投入して追いかけている、という力関係らしいです。
…この関係、どこかで見たことがあるような?
そう、カメラ業界とよく似ているんですよね。
EP501322

アナログ時代から作っていた老舗メーカーがデジタルにおいても優勢で、
やや後発の感があるデジタル新参メーカーがそれを追いかけている。

ピアノ業界では、前者がヤマハ・カワイで、後者がカシオ・ローランド等ということになります。
カメラ業界では、前者がキヤノン・ニコンで、後者がソニー・パナソニックということになります。
※カメラはピアノほど高額商品に偏っていませんからメーカーは多く、オリンパスやペンタックスやフジもいるわけですが、
 ここではひとまず割愛します。
 老舗メーカーと新参メーカーのシェア争奪戦、という構図について言いたかったので。

で、普段はデジタルだけど、プロはやっぱりアナログ(アコースティック)だよね、という言い方まで似ています。
もっと言いますと、日常のランニングコストもデジタルの方が安い点まで似ています。
アコースティック・ピアノって、メンテナンスが大変らしいのです。そこまで考えたこともなかったな。
ただ、ここからがちょっと違いまして、
カメラ業界はデジタルが支配的ですがピアノ業界のデジタル化はそこまでではなく、あくまでコンシューマ用途に限られているようです。
まだまだデジタルがアコースティックピアノに追いついておらず、ここ一番ではデジタルの出番がありません。
10~15年ほど前のカメラ業界が、こんな感じだったのではないでしょうか。
歴史をなぞらえると、この先デジタルピアノがさらに性能を向上させ、アコースティックを駆逐する日が来るのかもしれません。
にわかには想像ができませんが。
EP501325

更に言いますと、アコースティックピアノ業界では生産数だけで言えば全世界での上位もヤマハ・カワイなのだそうです。
ただ、超高級ピアノメーカーとしては私のようなド素人でもベーゼンドルファーやスタインウェイという名前だけは知っていますし、
ピアノ業界は一眼レフ業界と違って日本のメーカーが独占しているわけではないですね。
今回私が知り得たピアノ業界の粗知識はざっとこんな感じです。事実誤認あればぜひコメント欄でお教えください。

で、なぜカシオなのか、なのですが。予算10万円程度の中では以下の要素で判断しました。

・音質的にヤマハ・カワイと比べて私の耳では優劣をつけられなかった中でカシオが若干安価だった点
・演奏をピアノが録音し、USB目盛りを挿してwavファイルで出力することができる点(ヤマハ・カワイはもっと上級の機種で対応)
・最大同時発音数が256と、ヤマハ・カワイの同価格帯機種より多かった点

まあ、最後の「最大同時発音数」なんて「128あれば何でも弾けますよ」と言われたのにカタログスペックにこだわったようなもので、
実際カシオで正解だったのか、周囲のオススメ通りにヤマハにしておけばよかったのか、今は判別がつきません。
練習用と割り切れば充分過ぎる性能なのだと思います。
あとは、壊れずに使えればいいや。せっかくだし私も何か練習してみようかな、などと思ってみたりもしました。
気が向いたら私もピアノを始めるかもしれません。半年後には八神純子みたいに弾き語りできるようになってるかもしれませんねw
EP501321
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/663-5ec8321a