ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > オリンパス「PEN E=P5」その11 パナソニック20mmF1.7との組み合わせ
2013/07/15 Mon 11:05 マイクロフォーサーズ
オリンパスこの夏イチオシのパワーアイテム、「PEN E-P5」関連エントリとなります。
先日ムービー撮影で使用しましたが、動画でも五軸手ぶれ補正が効くようになったらしく(OM-Dの動画撮影では電子補正)、
もはやステディカム要らず!?空間手ぶれ補正も真っ青の映像を撮ることができます。そのあたりのことはまたあらためて。

今回はパナソニック20mm F1.7を付けて撮ってきました。
今夏リニューアルされるようですがどうやら外観部分の変更と軽量化が主であるらしく、性能面の向上についてのアナウンスが見当たりません。
だったらこのままでいいかな。外観に不満は無いですのでー。
EP530189

丸の内駅舎です。換算40mmの画角とは以外に狭いものだと実感します。
類似レンズとしてオリンパス「17mm F1.8」がありますが、広角感と言うかよりワイドに撮っている感覚は、当然ながらオリ17mmが大きいです。
が、ここまで違うとは。もちろんこの使用感自体はとても良く、便利だと思っています。
EP530178

もちろん撮り方でワイドにも撮ることができます。
EP530177

駅長室の入口です。ちょっと傾いてしまいました。相変わらず水平が下手くそな私です。
EP530182

この日は曇りでした。ですのでISO100・SS1/8000の本領発揮とまではいきませんでした。かなり余裕があります。
EP530180

ボケはそこそこです。個人的にはオリ17mmよりもボケると思うのですがいかがでしょうか。
EP530191

そこそこワイドに撮ることができる、というのがこのレンズの魅力ですね。
キーワードは「そこそこ」。お値段もそこそこ。
EP530188

AFが遅いというのは気にならない、大した問題ではないと思っていたのですが、やはり遅いですねw
子どもを撮る時にはこのレンズは全く役に立ちません。E-P5の力でちょっとは早くなっているのでしょうが、それでもダメですね。
動きが少ないものを撮るしかなさそうです。
が、それでも用途が限られる制約感はあまり無いですから、日常つけっ放しにするのもアリだと思います。
DSC06771

次回もパナ20mm F1.7関連エントリになると思います。
またぜひお立ち寄り下さい。よろしくお願いします。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/659-56014075