ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > ソニー「“α”スペシャリストに学ぶショットバー貸切!単焦点レンズで、印象的な写真を撮影しよう」その2 「AF 35mm F1.4G」
2013/07/01 Mon 00:00 ソニーα
ソニーの人気イベント(ソースはソニー)、ショットバー貸切撮影会の参加記念エントリ、第2弾になります。

ソニー「“α”スペシャリストに学ぶショットバー貸切!単焦点レンズで、印象的な写真を撮影しよう」その1 「Carl Zeiss Distagon T* 24mm F2ZA」

単焦点レンズ縛りのイベントということで、持ち合わせている単焦点をごっそり持ち出したのですが、荷物が重いのなんの。
そして「重たい荷物を抱えて出掛けたわけだから、元を取らなくては」という考えに至り、
実際の撮影実習が始まるとレンズを取っ替え引っ替え使う作戦に出ました。
具体的には、撮影実習の時間をレンズの数で割り、「1本あたり8分」と算出して、バーの中を行ったり来たりしながら撮って、
時間が来たら強制的にレンズを交換する、これで均等に撮れるだろ、というプランです。
これは色々な事情でもって途中で破綻しました。最大の理由は「レンズ1本あたり8分間という時間の計測を腹時計に頼った」点にあったかと思います。
そんな修羅場を経て、前回は「Carl Zeiss Distagon T* 24mm F2ZA」を使用したエントリを書きました。
今回は「35mm F1.4G」を使用したエントリとなります。よろしくお願いします。

今回の舞台は「銀座ショットバー RED&BLACK」でした。私は初めて行きました。飲み歩く習慣がないもので(^^;
イベントではアルコール類をモチーフにした写真をたくさん撮らせていただきましたが、
もちろんイベント中にお酒を楽しむようなことはありませんでした。
ソニービルの近所にあるお店です。興味を持たれた方は行ってみてはいかがでしょうか。
DSC07342

35mmだしボケ的にはぶっちゃけどうなのよ?とも思ったのですが、綺麗にボケますね。
ただし、開放ですとボケ味が微妙です。二線ボケ風味になると言いますか。
ですのでほんのちょっと絞ってます。F1.7~F2.0あたりで調節しながら撮りました。
DSC07343

「あちらのお客様からです」的な距離感を出せればなあ、と思ったのですがどうでしょうかね。
テーブルに写ったカクテルグラスが綺麗だなと思いました。意識はしましたがそればかりを狙ったわけではありません。
最近「メインの被写体を奥に小さく配置して、手前をドバっと空間にする」という写真をよく撮っているような気がします。
DSC07349

ボトルの蓋に太い鎖がつながっています。開けることができない雰囲気です。
「お前、開けるなよ。絶対だぞ」と言われているような気がしたので撮りました。
DSC07337

バカルディのビンとグラスです。ところでバカルディって何?
と思ってぐぐってみたところ、ラムのブランドだそうですね。へえ。
お笑い芸人ぐらいしか思い浮かびませんでした。今は名前も変わったらしいですが。
DSC07351

やっぱり私はビールがいいです。体調を考えて今は控えていますが。
ハイネケンのグリーンのボトルは美しいですね。我が家にも似たような空き瓶が1本あります
DSC07411

シャンパングラスのタワーです。こういう時はどこにピントを合わせようか悩みます。
いちばん見せたいところにピントを合わせるんだよ決まってんじゃん、ということではあるのですが、
この場合グラスタワー全体を見せたいわけで、でもボケも表現として採り入れたいということになりますとさあどうだろう。
結果私は安直に逃げました。いちばん上のグラス、見下ろして撮っていますからいちばん手前のグラスにピントを合わせました。
しかも微妙にピントを外しているというw
ここでピントを決めきれなかったことは私的には反省点でして、この後の写真でそれを挽回しようとしたものがありますので、
またその時に説明させてください。
DSC07402

これが35mmを使用した中ではベストショットかなあ。
私的には赤と黒で(バーの名前も「RED&BLACK」ですので、それを生かして)行きたかったのですが、
グラスの向こうのアボカドサラダが邪魔で、しかしこのセットは人気があって人がひっきりなしで訪れる、
そんな中でアボカドサラダを排除するのに気後れしてしまいました。ひとりなら速攻撤去するところでしたw
が、それを差し引いても私レベルでは頑張ったと思います。立ち位置も考えながら撮りましたし。
それにこのセットでは更に頑張った写真もありますので、それを後のエントリでご覧いただければとも思っています。
DSC07417

E-P5関連エントリと交互にはなりますが、こちらも継続して掲載してまいります。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いします。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/648-abf41ddd