ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > α単焦点まつり その2「Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F1.8ZA」
2013/06/25 Tue 18:00 ソニーα
前回に続き、α単焦点レンズまつり、第二弾になります。
単焦点レンズを持ち出すと何となくテンションが上がる気がします。
ズームレンズがダメだ、とか言うつもりはないのです。この違いは何なのでしょうか。
自分が動くしかないことから来る「自分で撮っている感」が充足させてくれるのでしょうか。

ゾナーはαマウントが誇る名レンズでして、その描写力は折り紙つきであります。
画角が同じだからということでとかく「STF」と比較されがちではありますが、
馬場先生はSTFをご贔屓でゾナーに対しては淡白、まあ好みの方を使えば良いとは思うんですけれども。
ともあれ、フィルター径77mmの全面めいいっぱいレンズ!みたいなこのルックスが素敵すぎて辛いです。
DSC06736

α99にゾナーを取り付けて、東京駅に行ってきました(笑)もう毎度毎度ここですね。すみません。
どこかに行った帰りに、ちょっと立ち寄って、サクッと撮れて、すんなり撤収できる場所としては、
東京駅は素晴らしいロケーションだと思うのですがいかがでしょうか。
DSC07234

KITTEの屋上庭園に上ってきました。丸の内駅舎の迫力ある写真を撮ることができる良スポットであります。
ほぼ同じ高さ、しかも至近距離から駅舎を見ることができます。これは他のビルにはない魅力です。
どどん、という駅舎の存在感を私の腕前で伝えることができていればいいのですが。
DSC07241

高層ビルが立ち並ぶ一角を眺めることができます。
ビルがギュウッと詰めて並んでいる感覚を味わうことができます。大手町ならではの光景とも言えます。
DSC07265

東京駅のホームも、こんな感じに撮れます。
新幹線がずらりとホームに入っているところもばっちり撮ることができます。
DSC07287

KITTEの地下、総武線改札側の入口あたりなのですが、このシチュエーションは難しいですね。
まっすぐ向こうに遠ざかっていく被写体を狙う腕前が私には足りないようで、この写真でもサラリーマン氏のピントは外しています。
まあシルエットですし誤魔化せているからいいか?とは思っているのですが。
DSC07237

光るベンチがいい色出してます。ここは観光客も入れ替わり写真を撮っていきます。
DSC07280

今回はここらへんで終わりです。
ボケ描写をもっと重視した写真を載せたいと思ったのですが、そういう写真を最近撮っていないなあと気付きます。
135mm・F1.8ならではのボケ満載の写真も、近日たっぷり掲載いたしますので、そこんとこよろしくでございます。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/642-59b2cdc0