ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > α900発表
2008/09/10 Wed 03:39 ソニーα
今日は写真無しです。

本日、ソニー「α900」が発表されました。
10月23日発売とのことです。

中級機と共に「開発表明」されて以来、待ち焦がれておりました。
中級機のほうは「α700」として発売され、現在我が家のメインカメラとなっています。
無論「α900」も購入するつもりですが、ちょっと誤算が。

9月上旬(つまり、この時期)に発表されることは想像がついたのですが(α700も昨年の同時期に発表になっています)、発売時期が10月とは、早い。

資金繰りが、追いつきませんってorz

ちょうどα900が発売される頃、私はたぶん引越しにてんやわんやの状態になってるはず。
今回はもう少し広い物件へ引っ越す予定で、そちらに資金を振り向けることになりそうです。
となると、購入は11月頃になりそうです。
遅くともボーナス時期には何とかなりますが、できればそれまでに手に入れたい。

今年のクリスマスイルミネーション撮影は、α900が出撃することになりそうです。

ただ、現状の私は「α700」に充分満足していて、あえて「α900」に手を出す必要もないような気がします。
α900最大のウリは言うまでもなく「フルサイズセンサーを搭載していること」です。
フルサイズセンサーのメリットとは、「レンズの本来の画角で撮影できる」ということなのですが、
既にAPS-C慣れしてしまっている私には、それほどまでにメリットを感じないのです。
「85mm Planar ZA」は、私にとっては既に「127.5mmの画角のレンズ」なわけです。
数字で写真を撮っているわけじゃないですし。

ましてや、2400万画素が欲しいわけでもない。
α700を仕事で使うこともありますが、結局480*320ぐらいまでリサイズするような用途で使っています。
JPEGは縮小すると画質が良くなる、と聞いたことがありますが、私には理屈も分からないし、α700の1200万画素をリサイズしたって(本当に画質がよくなるとしたら)じゅうぶん効果があるように思います。

自宅のレンズ資産のうち唯一「このレンズを使ってみたい」と思っているのが、シグマの
「15mm Diagonal Fisheye」です。
これはフルサイズセンサーでないと実力を発揮してくれません。
しかし、それだけのために30万の投資というのも如何なものかとあれこれ悩み…

まあ、結局は買うんですけどね!
触れることのできる日がとても楽しみです。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/62-0d9ba890