ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > 隅田川「東京ホタル TOKYO HOTARU FESTIVAL 2013」後編
2013/05/27 Mon 00:01 マイクロフォーサーズ
前回に続き、「東京ホタル TOKYO HOTARU FESTIVAL 2013」関連エントリとなります。

とにかく「会期が1日しかない」ということで、混雑度が尋常ではないのですが、
隅田川的には「いやあ、花火ほどではありませんよ」てなもんでしょうけれども、
とにかく混雑しておりまして、私も撮影できる場所を探すのにちょっと歩きました。
有料入場していれば一等地が確保できるのかもしれませんが、その入場列も大変な長さでして、
お金を払って、(2時間しかやらないイベントなのに)見れるようになるまで待たされるのもどうかねえ、
と思ったのですが、しかし有料入場しなければそもそも「ホタル」をみることすら困難、
というわけで、いちばん駅から離れたところまで行って、ようやく見ることができました。
OMD58747

私が行った場所は「桜橋」という、隅田川にかかるX字の歩道橋なのですが、空いていてまったり見ることができました。
この橋は「東京ホタル」ホタル型イルミネーションの放流ポイントでもあり、このような舟が何艘もいて、
カプセル状のホタルを川に投げ込んでいました。
OMD58758

ちょっと待っていたら橋の欄干が空きましたので、カメラをそこに置いて感度を落として思いっきり絞り込んで撮影しました。
この写真で30秒です。
ホタルの光跡は、川をどんぶらこと流れますので、すらりとした線にはならないで、ギザギザになってしまいます。
OMD58739

望遠で狙ってみます。パナソニックの35-100mmです。
15秒ぐらいだったと思います。光跡が短めですね。
OMD58754

では、これでどうだ!60秒です。F22までめいいっぱい絞り込んでいます。
しかし、これでも短く感じられます。このような時はバルブ撮影にすればいいのか?
バルブ撮影とは、シャッターを開けっ放しにして撮る機能のことなのですが、ここで使うという発想が私になかったので、
今回は試しませんでした。また機会を見てやってみます。
OMD58759

で、同じく60秒で、こんどは水面に近いところに降りて撮ってみました。
ちょっと望遠気味で圧縮を狙いつつ撮ってみたら、川面がこんな感じにw
思えば、有料入場者になっていれば浅草駅近辺の一等地でこれができたんですね。
来年見るチャンスがあるようなら、ぜひ1000円払っておこうと思いますw
OMD58762

というわけで、東京ホタル編はここまでです。
リバーサイドスポーツセンターは、あじさいも咲き始めているようです。
そろそろ紫陽花の季節ですか。1年経つのって早いですね。
OMD58780
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/614-7c3295e7