ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」その4 またいつもの浅草寺かよ しかも前編
2013/05/21 Tue 21:43 マイクロフォーサーズ
オリンパスのマイクロフォーサーズ用マクロレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8Macro」関連記事第四弾です。

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」その1 開封編
オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」その2 マクロ対マクロ
オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」その3 ええ今回もスカイツリーでございます

前回のスカイツリー編とは別の日なのですが、浅草寺に試し撮りに出掛けました。
夕方18時過ぎでしょうか、会社から徒歩圏にありますのでまだ日が暮れきっておらず、夕景が撮れる!
と思ったのですが、帰って見直してみると夕刻を生かした写真は皆無でありました;
 

雷門に近い商店街のひとつです。
このあたりはアーケード商店街が縦横に張り巡らされており、昔ながらの小売店と新進の大手ショップが仲良く軒を並べています。


雷門を内側から撮っている人を、撮っています。
どうやら私は「うしろで髪をしばる」のにグッと来るみたいです。無意識のうちにむしゅめで試したりしてますし。


仲見世通りの商店は、18時を過ぎる頃になりますと多くが店じまいしていますが、シャッターに趣向が凝らされていて、
外国人観光客は喜んで写真に撮っていきます。


このロゴ、どこで撮ったんだっけかなあ。完全に忘れてます。
次に行った時に探してみることにします。ひとり「漣写でGo!」状態ですね。


仲見世商店街に延々とぶら下がっている電球を見て、お!マクロレンズだし、フィラメントいっとく!?
と思い撮ってみたら、LEDでした。世知辛い世の中であります。


仲見世通りの中で、だ開いていたいくつかのおみやげ屋さんの周りには、修学旅行生がいっぱいたむろしていました。
嗚呼、青春の日々。私が強くてニューゲームできるなら何歳に戻りたいだろうか。


浅草寺、というか仲見世商店街だけで終わってしまいましたが、この時は長めに時間をとって歩きました。
というわけで、後半へ続く(キャゼルヌ中将の声で)
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/607-1ffd882d