">
ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」その2 マクロ対マクロ
2013/05/18 Sat 18:51 マイクロフォーサーズ
オリンパスのマイクロフォーサーズ用マクロレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8Macro」関連記事第二弾です。

オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」その1 開封編

換算120mmという中望遠単焦点っぷりが素敵なレンズなのですが、今回は小物撮影をしてみます。
が、ただ掲載するだけというのもアレですので、別のレンズのマクロ機能と比較をしてみました。
ここで「パナソニック LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8 ASPH./MEGA O.I.S.」との比較!と言えればよかったのですが、
私の財力ではライカなど到底叶わずw
オリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」のマクロ機能と見比べてみることにします。


まずは「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ」から。F11で撮りました。


お次は「M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro」です。
三脚からカメラを取り外すことなく、レンズだけ付け替えてF11で撮りました。


撮影距離は30cm位だと思います。このぐらいの距離から撮りますと、性能差はあまり感じません。
大きな違いがあるのはむしろ画角でして、12-50のマクロ機能は「43mm」固定のようですので、ここまでの違いが出るようです。


結論:画角が広くていいなら、12-50でも充分OK!
…いやそんなことはどうでもよく。今回は60マクロが主役やっちゅうねん;

というわけで、ここから下はすべて60マクロで撮りました。
思いきって寄ってみます。花などと違って解像力のテストにはなっていませんが、
ここまで大きく撮れますよ、という目安にはなると思います。


鞄をもってポーズ。


今回の写真を掲載していて感じたのですが、写真の色合いがおかしいですね。
当ブログの写真は昨年来「Picasa Web Album」を使用してアップロードしているのですが、
これが勝手に(という言い方は良くないですね。『自動的に』としましょう)微妙に色合いを変えて写真を登録しているようです。
上手くは言えないのですがコントラストが上げられているみたいですね。
今回は顔を飛ばさないように、カメラの黒が引き立つように、少し暗めに撮りましたので、
そこからコントラストを上げられてしまった(推測)その結果、このようになっています。
今まであまり気にならなかった点なのですが、仕様が変わったのでしょうか。

「Picasa Web Album」にアップした画像です。
ここまでの写真はすべてこの方法でアップしたものを掲載しています。


「FC2アルバム」にアップした、同一の画像です。
元画像に近いのはこちらの方です。
P5195990.jpg

もともと「画質がイマイチ」という理由と、万が一の移行の可能性を踏まえてFC2の機能を利用するのをやめて、
様々な写真共有サービスを比較検討した結果「Picasa~」にしたのですが、
ここまで違いがありますと「もうFC2に戻そうかな」と思ってしまいます。
しかし昨今の(特に深夜帯の)FC2ブログの繋がりにくさを考えると引越しもあり得るため、判断が難しいところです。
Picasa Web Albumの側で、このような画質自動変更をOFFにできればベストなのですが。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/604-5f067425