ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > 日記・時事・業界 > 動機と決心
2013/04/18 Thu 19:08 日記・時事・業界
今回は写真無しです。


先日友人と飲んでいた時にカメラ談義になり(その友人もOM-Dユーザーでありまして)、その際に

「お前ボディをいくつも買っていったい何になるんだよプゲラッチョ」

と問われ、うむ。と詰まってしまいました。
あの時は何と答えたっけ。「新機能」とか曖昧に答えたように思いますが、ここでもう一度その辺を考えてみよう、
という試みであります。

「ボディをいくつも買い足して何のメリットがあるのかプゲラッチョ」
確かにその疑問はもっともであります。
レンズをずるずると買い足していく、いわゆるレンズ沼は分からなくもありません。
メーカーサポートがある限り、基本的に性能が劣化することもないですし。
当ブログでも「レンズ買ったどー」エントリの方が気合が入っているように見えます。
が、ボディを買うにもそれなりの理由があったはずです。今回はボディの話です。

カメラを買うときには、私的には心のなかでふたつの段階を踏んでいる、と思っています。

「あ、これいいな、欲しいな」と思う第一段階、これを「動機」段階としましょう。
「よし決めた、これは買う、けてーい」と思う第二段階、これを「決心」段階とします。

今まで購入したボディに対して、これらのステップをどのように踏んでいったか。何が私の背中を押したのか。
それを考えてみることにします。

1:コニカミノルタ「α SWEET Digital」
  動機…「デジイチが欲しい!」
  決心…「EOS KISS Digital N」が売り切れている横でワゴンセールされてたのがあまりに惨めで」
  感想…「買ってよかった!ワゴンセールやめれ!」
   ※初めて買ったデジイチでテンションが上がりまくっていた時期です。

2:ソニー「α100」
  動機…「ソニーの第一弾、買わんでどうする」
  決心…「買うと決めていたので」
  感想…「買ってよかった!αSWEET Digitalと画素数以外の違いがよく分からんが、とにかく良かった」
   ※使い倒した記憶があります。思い出多きソニーの初号機であります。

3:コニカミノルタ「α-7 Digital」
  動機…「中級機の質感が欲しい」
  決心…「ボディが大きい、ボタンがいっぱい、何だかすごそう」
  感想…「ちょっとシャッター音がショボいけど、良いレンズつけても格好がつくから良いなあ」
   ※高級レンズをちらほら買い始めたもので、それに見合ったボディを、と欲張ったのです。

4:ソニー「α700」
  動機…「待ってましたの本格中級機」
  決心…「お披露目イベントで馬場先生にアジられて」
  感想…「とても良い!使いやすい!シャッター音最高!」
   ※これぞカメラ、って感じで大好きなボディです。これを持ってから一気にレンズ沼に沈みましたw

5:ソニー「α900」
  動機…「待ってましたのフルサイズセンサー」
  決心…「ファインダーを覗いた時の身震いするほどの感動」
  感想…「最高!外装直してまだまだピカピカですぜ」
   ※これは一生手放さないだろうなあ。

6:オリンパス「PEN E-P1」
  動機…「小さいカメラが欲しいなあ」
  決心…「宮崎あおいが出演したテレビCM」
  感想…「これはこれでOK!動作はもっさりしてるけど、まあしゃあないか」
   ※正直言って動作が遅いってのはありましたが、初めてのマウント浮気で楽しく使っていました。

7:ソニー「α550」
  動機…「チルト液晶のクイックAFライブビュー」
  決心…「今までのソニー機で最高の高感度性能」
  感想…「買ってよかった!ツートンカラーも慣れればダサくない!」
   ※αのAPS-C機最高傑作じゃないかな?と密かに思っています。

8:オリンパス「PEN E-P3」
  動機…「アートフィルター『クロスプロセス』と『ドラマチックトーン』」
  決心…「カメラの動作も劇的に改善」
  感想…「買ってよかった!高感度は弱いけど、E-P1とは別物みたい!」
   ※E-P1での不満の多くが解消され、アートフィルターも実用度が上がり、何よりシルバー金属ボディがカッコイイ。

9:ソニー「α77」
  動機…「久々のα中級機」
  決心…「EVF、可動液晶などの電気仕掛け」
  感想…「うーん、低感度では良いよね!」
   ※操作感の鈍さと画質の悪さでケチがついた迷機ですが、実は仕事用サブマシンでバリバリ使ってます。

10:ソニー「NEX-7」
  動機…「αレンズを小さなボディで使いたい」
  決心…「トランスルーセントマウントアダプター・LA-EA2」
  感想…「小さい、カッコイイ、だけどボディ内手ぶれ補正が欲しかった」
   ※実は人気があるのです。意外にカスタマイズの自由度が低いので注意。

11:オリンパス「OM-D E-M5」
  動機…「可動液晶」
  決心…「実物を見て一目惚れ」
  感想…「最高!ほんの僅かな弱点を除けば文句なし」
   ※これは文句なしですね。私的にはα900以来のホームラン機種です。

12:ソニー「α99」
  動機…「フルサイズ動画」
  決心…「以外によくできた外見と操作性」
  感想…「うん、良いんじゃないかな。動画機能以外は」
   ※フリーズや暴走に悩まされる以外は、けっこう使いやすいカメラだと思います。

合計12台ですか。αとマイクロフォーサーズの2マウント体制になってからは、ほぼ毎年更新してますね。
この中で、「同じカメラだけどもう1台買っとくか?」と真剣に検討したものが2台あります。
感想で「最高!」と書いた、α900とOM-D E-M5であります。
2台めを買う時期は逃しましたが、それでも愛着がありますし、ブログの記事数ランキングでもこの2台の記事が特に多くなっています。

最後に。この記事で何を言いたかったか、なのですが。
ボディを買おうという時には、それなりのきっかけや理由がある、ということでした。
思えばデジタル時代の技術は日進月歩、1年前のカメラがロートル扱いされてしまうご時世にあって、
もはやボディは消耗品、買い換えてナンボ。…なのかもしれません。ちょっと寂しいですが。

最後の最後に余談ですが、レンズを買うのには、ボディと違って明確な理由はございません。

「あ、欲しい」→「買っちゃった」→「だけど何に使うんだこれ」

の繰り返しでありますw


ーーーーー 以下、告知です。 ーーーーー

アンケートやってます!

カメラに「備わっていて当然」の機能について

広告宣伝やアフィリエイトが目的ではありません。匿名での回答による、お遊び企画です。
回答が多い方が楽しいですので、よろしければぜひお立ち寄りいただき、ご回答いただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
m(_ _)m
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/581-1dfb0085