ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > マイクロフォーサーズ > 丸の内の新スポット「KITTE」に行ってきました その3 OM-D編
2013/04/07 Sun 22:12 マイクロフォーサーズ
前回・前々回に続き、東京中央郵便局あらためJPタワーの複合商業施設「KITTE」編であります。
一回出掛けたところの記事を何度かに分けて書く、当ブログの常套手段ではあるのですが、
よくよく考えたら撮りに出かける機会が減っているかもしれません。
仕事でカメラを使っていますので、そこで欲求が消化されているのかな?とも思いますが、
趣味と仕事はやはり違います。好きなものを好きなように、自分のペースで撮るのがやはり良いですね。

KITTE屋上庭園です。
東京駅丸の内駅舎は、丸ビル・新丸ビルからも眺めることができますが、
KITTEからはまた一味違った風景をとらえることができます。
東京駅に行く機会が少ない方には、ぜひ全部回ってみていただきたいです。
KITTEの特徴といいますと、やはり「丸の内駅舎にいちばん近いパノラマ展望台」だということですね。


パナソニック 35-100mm F2.8で撮りました。
ドーム部分にここまで迫ることができます。もちろんレンズの力もありますが、「近い」ことが何よりの武器であります。


近年、都心のビルの屋上で緑を作り出すことが多いと聞きます。
屋上で米を作ったりミツバチを飼ったりする例もあるようですが詳しくありません。
KITTEの屋上庭園も緑が多く、その流れにあるのでしょう。
少しでも都会を冷やしていこう、ということなのでしょうね。


ちょっと色合いを変えて赤レンガ駅舎を撮ってみます。
ビビッドな色が良いのか、コントラストを抑え目にして撮ればいいのか、主観ながら決めかねていますので、
どちらも押さえているという次第ですw


この屋上庭園で写真を撮っていたとき、観光かな?おばちゃんのグループの会話が耳に入ってきました。
印象に残ったのが
「ここはネオンがないからね。綺麗なのよ」
という言葉で、ああなるほどと納得しました。
繁華街ではいろんなお店や建物の看板やサインが光り、それが猥雑な魅力を演出しますね。
丸の内はちょっと特殊で、その手の要素をほぼ取り除くことができるのです。
確かにそれは他のスポットでは見られない魅力だと思います。
長々引っ張っていますが、KITTE編はあと一回続きます。
よろしければぜひお立ち寄りください。よろしくお願いいたします。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/575-64adacd9