ソニーα・マイクロフォーサーズのデジタル一眼カメラで撮影した動画や写真、初心者向けや撮影現場で使える撮影術や新製品レビューも豊富。クリスマスイルミネーションなど季節ごとの写真も充実しています。読み物としても充実させることを目指しています。
トップ > ソニーα > 丸の内の新スポット「KITTE」に行ってきました その1 NEX-7編
2013/04/04 Thu 23:20 ソニーα
東京駅丸の内口の巨大プロジェクト「JPタワー」下層部分は、往年の名建築「東京中央郵便局」の外壁が行かされています。
その下層部分が複合商業施設「KITTE(キッテ)」として3月にオープンしたのはご存知のとおりです。
ようやく私も行く機会を得て、ちょちょっと寄り道してきました。
これから数回に分けて「KITTE」関連のエントリを掲載してまいります。

「KITTE」は下の写真で言うところの、中央の出入口から左側がまるっと該当します。
右側は郵便局ですね。今回は入れませんでしたが、あの高い天井の郵便局は再現されているのでしょうか。


東京駅から出て行った人の波が吸い込まれていきます。さすがの注目度であります。
いずれは人出も落ち着くというのを見越しているのでしょうか、出入口はちょっと狭いかな?と思いました。


中に入ると中央部分が巨大な吹き抜けになっています。この吹き抜けこそが「KITTE」のアイデンティティなのかもしれません。
商業施設部分は屋上庭園を含めて6階までありまして、そこが全部ずどんと吹き抜けています。
中央には巨大な桜の写真が飾られていました。


ひとまず、エスカレーターに乗ってまっすぐ最上階の「屋上庭園」を目指します。
一応注釈ですが、屋上庭園と言っても上で書いたとおり6階にあるテラスのことでして、
決してJPタワーの高層ビル部分の屋上まで上っていけるわけではありません。
一番上の写真で言う、東京中央郵便局の外壁の上に立つイメージです。


屋上庭園に出てみます。KITTEにはおっしゃれーなお店がいっぱいありますが、私的にはここが目的地です。
ベンチひとつとってもしゃれたデザインですね。ヒューヒューだよヒューヒュー。


東京駅が一望できます。八重洲口方面のグラントウキョウまで見通せるという、見晴らしの良さ。
元大丸東京店のビルがあった部分に高層ビルを建てず、あえて風通しを良くしようという都市計画だそうですが、
たしかに風を感じる空間になっていると思います。


丸の内口側を撮ってみます。
丸の内口の巨大なロータリーと、丸ビル・新丸ビルがばっちり丸づくしの丸見えであります。


この「KITTE屋上庭園」は入場無料、週末などは混雑するかもしれませんが平日はかなり余裕があります。
開園時間は23時までとのことですので、夜景ハイアマチュアにも楽しめるポイントがありますが夜景ビギナーの練習にも最適です。


今回使ったカメラはNEX-7、レンズはキットレンズ18-55mmです。
開放で隅っこがちょっと甘いというか辛いのが写真を見返すとよく分かりますが気にしません。
これしかないんだもーん(^^;
OM-Dも持って行っており、そちらでも撮っておりますので、
あらためて「OM-D編」として似通った写真を掲載しようと思います(笑)
ひとまとめにすべきネタなのですが、カテゴリで「α」と「マイクロフォーサーズ」に分けているものですから、
混在した記事を書くとどっちにカテゴリ分けすればいいか悩むのです。
まあ、多少は切り口を変えて載せますのでその辺はそんな感じでお願いいたします。
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly Subscribe with livedoor Reader
Secret

TrackBackURL
→http://dtr2008.blog32.fc2.com/tb.php/573-3a835e19